2018年04月26日

Q「ここ数年、風邪を引くと咳だけ1ヶ月ほど続くように・・・」

ショッパー版教えて!ドクター.jpgQ) ここ数年、風邪を引くと喉の痛みや鼻の症状はすぐ治るのですが、咳だけ1ヶ月ほど続くようになりました。そのうち治りますが、咳だけ長引くのはなぜでしょうか。この咳に対しても通院すべきですか。

A) 一般に風邪などの気道感染の場合、咽頭痛や鼻水に比べると咳の症状は最後まで残ることが多いです。しかしながら「1ヶ月」というのは若干長い印象がありますので、風邪以外の問題がある可能性は否定できません。アレルギー疾患である「気管支喘息」や「咳喘息」の場合、季節のかわりめや風邪をひいたときにのみ咳が続くといった症状は珍しくありません。また喫煙習慣があるのでしたら「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」の可能性もあります。「COPD」は慢性進行性の疾患であり、ご自身では発症に気づいていない場合も多く、初期の場合日常的に症状はなく、風邪をひいた時のみ咳が続くという場合もあります。「肺癌」でも「咳がおさまらない」という症状で発見される場合もあります。他にも「気管支拡張症」「間質性肺炎」など、さまざまな呼吸器疾患が存在している可能性は否定できないと思います。症状がおさまるから大丈夫だとはいいきれないため、呼吸器専門医を受診しレントゲンや必要に応じてCTや肺機能検査・呼気NO測定等の精査をお勧めいたします。


(2018年4月26日 中日新聞市民南版「教えて!ドクター Q&A」掲載)


posted by けやき内科 at 06:00| 教えて ドクターQ & A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

ゴールデンウィーク中の診療について

2018春けやき内科.jpgもうすぐゴールデンウィークですね!
今年は「昭和の日」4月29日が日曜日なので翌30日月曜日が振替休日となり、5月1日・2日をお休みにしてきれいに一週間連休とされるかたもあるようです。

「けやき内科」では日曜・祝日をお休みとさせていただいておりますので、ゴールデンウイーク中もカレンダー通りに診療をおこないます。4月30日は振り替え休日による休診で5月1日・2日は通常通りの診療をおこない、5月3日木曜から5日土曜までは休診となります。

連休の前後は大変混雑することが予想されます。特にご予約以外の方は待ち時間が大変ながくなることが予想されますので、申し訳ありませんが予めご了承ください。どうぞ時間に余裕をもってお越しいただきますようお願い申しあげます。


これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!


posted by けやき内科 at 06:00| 休診日のおしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

「第115回 日本内科学会総会・講演会」に参加してまいりました。

第115回内科学会総会.jpgけやき内科のブログをごらんいただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

週末を利用して京都で開催されました「第115回 日本内科学会総会・講演会」に参加してまいりました。この学会は「内科」という大きなくくりの学会であるため、全国の「呼吸器」「循環器」「消化器」といった各種専門領域の内科医が参加する大変規模の大きなものです。私は診療スケジュールの都合上日曜日のみの参加でしたが、春の京都ということもあって街中も賑わっていましたが、学会会場も日本全国から集まった多くの医師で大変な混雑でした。
今回は「気管支喘息」「睡眠時無呼吸」「肺炎」「メタボリックシンドローム」「糖尿病」といった、内科学会ならではの幅広い分野の講演・発表を拝見することができ、大変勉強になりました。

今回の学会参加で得られた新たな知見を早速今後の診療に活かしていきたいと思います。これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします。


posted by けやき内科 at 06:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

今月から窓口での一部負担金が変更となります。

診療報酬改定2018.jpg「けやき内科」のブログをごらんいただきありがとうございます!

早いものでもう4月、新年度になりました!
2年ごとにおこなわれている「診療報酬改定」により、4月から全ての医療機関において医療費が変更されます。患者様により自己負担額がことなりますので一概に何円変更とは言えませんが、診療の内容により自己負担額が増える方もみえれば減る方もおられます。したがって「気管支喘息」「高血圧」「糖尿病」といった定期的に通院されている慢性疾患の患者様で、検査や処方薬などを含め診療内容が先月と全く同じであったとしても自己負担額は変更されますので、予めご了承いただきますようお願い申しあげます。(薬価改定により同じ薬であっても薬代が変更されている場合もあります。したがって薬局で処方薬をもらわれる際の自己負担額もかわる場合があります。)

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!


posted by けやき内科 at 06:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

講演会「Respiratory Forum 2018」に参加してまいりました。

Respiratory Forum 2018.jpgけやき内科のブログをごらんいただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。
東京で開催されました講演会「Respiratory Forum 2018」に参加してまいりました。今回の講演会には日本全国から呼吸器内科診療を専門とする医師が参加し、呼吸器疾患の中でも「気管支喘息」と「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」にフォーカスをあて、この分野の診療・研究でご高名な先生方5名のご講演を拝聴しました。
「気管支喘息」は日常診療の中でもっとも多く遭遇する呼吸器疾患ともいえ、けやき内科にもたくさんの患者様が通院されておみえです。適切な治療により症状はほとんどの方が治まりますが、その一方で病気としては完治することができないため、症状の出現・悪化を繰り返しながら重症化していく場合もあります。重症化を防ぐためには症状がいったんおさまっても、それまでの病状経過にくわえて日誌でのピークフロー値の推移や呼吸機能検査・呼気NO・気道抵抗などの検査値から「重症度」を的確に見極めて妥当な治療を継続することが重要です。
いっぽう「COPD」は主に喫煙によって引き起こされる肺の機能障害をきたす慢性疾患で、現在日本国内だけでもまだ診断されていない潜在患者は500万人以上いるとされており、疾患の認知度向上に厚生労働省も力をいれ早期診断・早期治療を呼びかけています。最近の話題としては「COPD」と「気管支喘息」の合併である「ACO(Asthma-COPD Overlap)」の存在も注目をあびており、「ACO」は通常の「COPD」に比べ呼吸機能障害の進行が早いとされていることから、適切な診断と治療薬の選択が重要となります。また今年は最新のエビデンスをもとに「COPD」のガイドラインの改定が予定されており、専門医の立場としては最新の情報に遅れることなく患者様に還元すべく診療に取り組んでいかねばなりません。
今回の講演会では、基礎研究の話題から改定予定のガイドラインの話題まで幅広く新たな知見を得ることができ大変有意義な時間を過ごせました。早速これからの診療に活かしていきたいと思います。
これからもけやき内科をよろしくお願いいいたします。


posted by けやき内科 at 11:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする