2019年07月09日

Q「主人のいびきがひどくて困っています・・・」

教えてドクター2.jpgQ) 主人のいびきがひどくて困っています。呼吸が止まっているかと思うと、苦しそうないびきで再開します。本人は特に気にしていないようですが、このままでいいのか心配です。

A) いびきがひどいとのことですが、お話からは「睡眠時無呼吸症候群」を疑います。「日中に眠気を感じる」「朝起床時に疲れが残っている」「若い頃より体重が増えている」「肥満・高血圧・糖尿病などメタボリック症候群の兆候がある」、これらに該当するようであれば一層「睡眠時無呼吸症候群」を疑います。この病気はいびきが酷いというのも問題とは思うのですが、「脳梗塞」や「心筋梗塞」などのリスクにつながるというのも大きな問題です。確定診断をするためには睡眠中の無呼吸の頻度や持続時間を調べる必要があります。そのため検査は一晩かけて行うのですが、簡易式の検査機器を貸し出しして行う方法と、一晩入院して詳細に検査する方法があります。検査の結果治療が必要な場合は、CPAP(陽圧持続呼吸療法)といって鼻にマスクをつけて機械で圧力をかけ無呼吸にならないようにする治療を行う場合もあります。ご本人は気にされていないとの事ですが、一度受診を勧めてみてはいかがでしょうか。


(2019年7月9日 中日新聞市民北版「教えて!ドクター Q&A」掲載)
posted by けやき内科 at 05:00| 教えて ドクターQ & A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月07日

こまめに水分を補給しましょう!

水を飲もう2019.jpg

「けやき内科」のブログをご覧いただき、ありがとうございます!
早いもので7月に入ってもう1週間たちました。すでに日中は「夏の日差し」となり蒸し暑く感じるようになりました。この時期は「熱中症」にならないように、こまめな水分補給が必要です。「熱中症」は高温多湿な環境に体が適応しきれずにでてくる症状の総称で、「めまい」「倦怠感」「筋肉のけいれん」などがよくみられますが、重症の場合は「意識障害」がみられる場合もあります。屋外でなる事が多いですが、冷房をきらうお年寄りが屋内でなる事も増えています。また体の水分が不足すると「熱中症」以外にも、脱水から血管がつまりやすくなって「脳梗塞」や「心筋梗塞」などの病気につながる可能性もあります。寝る前、起床時、お出かけ時など、特にこまめに水分を摂取しましょう。

厚生労働省もこの時期に合わせて「健康のため水をのもう」推進運動を実施しています。
また熱中症予防のためにこんなアプリを利用するのもいいかもしれませんね(iPhoneのアプリです)。

日常生活の中でこまめな水分補給をこころがけ、今年の夏をのりきりましょう!

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!

posted by けやき内科 at 05:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月01日

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の講演会に参加してまいりました。

テリルジー記念講演会2019.jpg

けやき内科のブログをご覧いただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

京都で開催されました「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」の講演会に参加してまいりました。今回の講演会は新規薬剤の発売を記念して企画された講演会で、日本全国からCOPDの診療を積極的に行っている病院・診療所の医師が参加しておりました。
COPDは喫煙を主な原因とし、「せき」「たん」「息切れ」といった呼吸器症状を主とする慢性の呼吸器疾患ですが、症状が軽微なままに経過したり患者様自身が気づかないまま過ごしてしまい、結果として病院で診断された時にはすでにかなり進行している場合もあります。現在日本全国でCOPDの治療を受けている方は30万人ほどと言われていますが、一方で実際にはおよそ650万人のCOPDの方が潜在しているとも言われています。
今回の新規薬剤はこれまでに使用できた薬剤を組み合わせて一つにしたものですので、成分としては新しいものではありませんが一つになったことで使いやすさや利便性のメリットが大きく出てくるものです。加えて臨床的効果も上がると言われていますが、その一方で薬剤の特徴をきちんと把握してデメリットもきちんと理解した上で薬剤選択をしないと、結果的にはメリットが発揮されない可能性もあると考えられます。今回の講演会でもCOPDの病態をきちんと把握した上で、この薬剤を使用した時にどのような効果が期待できるか、逆にどのようなリスクがあるかということも含め、日本でCOPD領域の第一人者の先生方の講演を拝聴いたしました。
今回の講演会に参加して、地域における呼吸器専門医の役割を担うべく今後も積極的にCOPDの診療に取り組んでいこうと感じました。
これからもけやき内科をよろしくお願いいたします。
posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月30日

喘息とCOPDの講演会に参加してまいりました。

Respiratory Symposium in Nagoya 2019.jpgけやき内科のブログをご覧いただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

名古屋で開催されました「気管支喘息」と「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」の講演会に参加してまいりました。今回の講演会では、気管支喘息やCOPDの治療の中心となる吸入薬の「吸入指導」についての講演と、喘息とCOPDの合併である「ACO (Astma-COPD Overlap)」についての講演を拝聴いたしました。この地域で呼吸器診療に専門的に取り組む病院・診療所の医師が参加し、講演後の質疑も非常に活発に行われました。
喘息やCOPDの領域で使用される「吸入薬」は、近年診療で使用できる薬剤の種類が増え、治療の選択肢が増えることは非常にいい事ではありますが、反面同系列の薬剤でありながら使用方法が異なること等から混乱を招いている部分もあり、専門医としては治療薬の選択において様々な側面から的確に処方薬を決定する必要があり、一方実際に患者様に薬剤をお渡しする調剤薬局としては「いかに薬剤の使用方法や効果等を的確に説明するか」が重要になってきます。新規の処方や薬剤変更をする際などには特に重要となってくるため、けやき内科でも調剤薬局との連携に「吸入指導依頼書」を利用してより確実な吸入指導の実施に取り組んでおります。
一方で以前から気管支喘息とCOPDの違いや類似点については学会で様々な討議がされてきたものの、「ACO」という概念が提唱されてからは考え方が整理されて実際の診療においても治療方針が立てやすくなったように思われます。けやき内科でも診断の基本である「呼吸機能検査」、肺気腫性変化の評価に有用な「マルチスライスCT」、気道のアレルギー反応の評価に有用である「FeNO測定」等を実施することによって、より的確に診断することに取り組んでいますが、現状全ての医療機関において適正に診断が行われているか疑問視されている部分もあり、まだこれから確立されていく必要のある点が残されている領域だと思われます。
今回の講演会に参加して、日常診療の中で考えていることや疑問に思っていることが整理されました。早速今後の診療に活かしていきたいと思います。
これからもけやき内科をよろしくお願いいたします。


posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月27日

「ショッパー」でご紹介いただきました!

ショッパー2019初夏.jpg

「けやき内科」のブログをご覧いただき、ありがとうございます!

本日発行の「ショッパー」で「けやき内科」をご紹介いただきました!
6月から名古屋市の「特定健診」も開始となりました。「けやき内科」では予約制で実施しております。(通常診療との同日実施不可。)ご希望のかたは受付までお申し出ください!
また春の健康診断や人間ドックで、レントゲンでの「胸部異常陰影」や、コレステロール値や血圧などの異常値を指摘され「要精密検査」と判断された方を対象とした「二次検診」も実施可能です。健康診断や人間ドックの「結果票」を持参いただき、一度ご来院ください。(二次検診は保険診療です。)

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!


posted by けやき内科 at 05:00| マスコミ掲載など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする