2012年12月04日

感染性胃腸炎にご注意を!

「けやき内科」のブログをごらんいただきありがとうございます!

寒い日が続きますが、みなさん体調はいかがでしょうか?
先日もお伝えしましたが、いま「嘔吐」「下痢」をともなう「胃腸風邪(感染性胃腸炎)」が大流行しているようです。厚生労働省からも注意喚起が発表されましたが、統計によると過去10年間のあいだで現時点で二番目に多い症例報告数とのことです!特に冬季は「ノロウイルス」による「感染性胃腸炎」が多いとされており、感染力がつよく家族や学校などでうつることが多いため注意が必要です。

「ノロウイルス」は食品や手指を介して感染するとされ、発症すると「嘔吐」「下痢」「腹痛」といった「胃腸炎」の症状が特徴的です。また感染力は強いものの症状が重症となることは通常すくなく1〜2日でおさまることも多いのですが、免疫力の低下している高齢者の場合に誤嚥性肺炎など重篤な合併症の誘因となる可能性もあり、また学校や施設などでは集団感染の危険性もあることから注意が必要とされています。
「ノロウイルス」に対する「抗ウイルス剤」はないため、発症した場合は「吐き気止め」「整腸剤」「脱水に対しての補液(点滴)」といった対症療法になります。また「ノロウイルス」かどうかの検査は一部の状況をのぞき保険適用外になりますし、治療法がかわるわけでもないので一部の医療機関をのぞいて実施していないのが現状です。(「けやき内科」でも実施しておりません。)

予防にはなんといっても「うがい」「手洗い」が第一です!特に外出されたあとはかならずおこなうよう心がけましょう!また食品を介して感染するのを防ぐためには、食品をしっかり加熱するのが一番といわれています!
近いうちにインフルエンザの流行もはじまるといわれていますし、みなさん予防をこころがけてなんとかこの冬をのりきりましょう。

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!

posted by けやき内科 at 06:21| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

三年間ありがとうございました。

1.jpg


はやいもので平成21年12月1日に開院してから3年たちました。
この三年間一生懸命にやってきたつもりですが、スタッフ一同初心を忘れることなく、これからもがんばってやっていきたいと思います。

これからも「けやき内科」を、何卒よろしくお願い申し上げます。

けやき内科
院長
加藤 景介

posted by けやき内科 at 00:11| ごあいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする