2017年09月04日

「気管支喘息」の講演会に参加してまいりました。

2017MeetTheExpert名古屋喘息.jpgけやき内科のブログをご覧いただきありがとうございます。院長の加藤景介です。

土曜に引き続き日曜も「気管支喘息」の講演会に参加してまいりました。土日と続くことはなかなかないのですが、せっかくの機会ですので参加させていただきました。今回の講演会では気管支喘息の診療においては日本で第一人者で喘息の治療ガイドラインの作成にも携わられる総合病院の呼吸器専門医の先生方の講演を拝聴いたしました。この地域で積極的に気管支喘息の診療をおこなっている病院や診療所の呼吸器内科医が参加し、ディスカッションパートでは大変活発な議論がおこなわれ非常に勉強になりました。
今回の講演会のテーマは、数ある喘息の治療薬の中でどのような判断をしてどの薬剤を選択するか、ということだったかと思います。私自身も日常診療で多くの患者様の診療にあたる中で、様々な側面から考慮して適切な治療薬を選択しているつもりではありますが、他の医師の考え方や意見をおうかがいすることは非常に勉強になりますし視野を広げていくことにつながります。
今回の講演会に参加して得られた知見を早速これからの診療にいかしていきたいと思います。
今後ともけやき内科をよろしくお願い致します。


posted by けやき内科 at 06:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

「喘息治療セミナー」に参加してまいりました。

2017喘息治療セミナー.jpgけやき内科のブログをごらんいただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

名古屋で開催されました「喘息治療セミナー」に参加してまいりました。今回の会は、この地域で気管支喘息の診療を積極的におこなっている診療所の医師が参加し、清須市の「はなさきクリニック」の加藤栄志先生に喘息診療の最近のトピックスである「呼気NO測定」と「強制オシレーション法による呼吸抵抗測定」をふくめた診断と治療に関する講演をいただいたのち、私自身もパネルディスカッションという形で症例提示を含む講演をさせていただきました。
「喘息」は風邪をひいたり季節のかわりめなどに「咳」「痰」「息苦しさ」などの症状が出現することが多く、実際に症状を契機に病院を受診されるかたがほとんどです。一般に的確な病状判断のもと適切な治療をおこなえば80%以上のかたが症状のない状態にコントロールできるといわれていますが、症状がなくなったあとも「症状がでないように」治療をきちんと継続していくことが重要です。症状がなくなったのみでは、喘息の本態である気道の炎症がまだ十分にコントロールできていない状況である場合がままあるのです。「呼気NO測定」「強制オシレーション法による呼吸抵抗測定」は喘息の診断に有用であることは間違いないですが、治療開始された後の「症状がなくなったあとの病状評価」や「症状以外に客観的におこなえる病状評価」として有用と考えられています。このような検査結果も参考にしながら治療計画をたてることによって、いったんおさまった症状がまたでてこないように適切な治療薬の選択や治療期間の設定が可能となるといっても過言ではありません。
今回は喘息診療を積極的におこなっている医師ばかりが参加していたこともあり、ディスカッションではそれぞれがどう考えて治療計画をたてているか等の議論が活発におこなわれ大変有意義な時間がすごせました。今回のセミナーで得られた知見を早速これからの日常診療に活かしていきたいと思います。
これからもけやき内科をよろしくお願い致します。

posted by けやき内科 at 06:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

9月は「がん征圧月間」です!

2017名古屋市がん検診ガイド.jpg「けやき内科」のブログをごらんいただき、ありがとうございます!

9月は「がん制圧月間」です!みなさんご存じでしたか?
この「がん制圧月間」は「がん予防」に対する意識啓発のために1960年に定められました。さまざまな「がん」の早期発見・早期治療の普及を目的としています。
現在名古屋市では「胃がん」「大腸がん」「肺がん」「子宮がん」「乳がん」「前立腺がん」の6つの「がん」についての検診事業をおこなっており、「けやき内科」でも「肺がん検診」「大腸がん検診」「前立腺がん検診」の3つがうけられます。この「がん制圧月間」を機会に「がん検診」をうけることをおすすめいたします!
「肺がん検診」では胸部レントゲン撮影をおこない、ヘビースモーカーなど肺がんの危険度が高い一部の方は痰の検査もおこないます。「大腸がん検診」では便の検査(便潜血反応検査)をおこないますが、採取日のことなる二回分の便をもちいて検査いたします。「前立腺がん検診」では血液検査(PSA測定)により「前立腺がん」の可能性があるかどうか検査します。(いずれも結果説明は後日となります。)
検診結果で異常があった場合、「肺がん検診」については「けやき内科」にてCTや血液検査などによる精密検査をうけていただく事が可能です。(結果により高次医療機関に紹介させていただく場合もあります。)「大腸がん検診」「前立腺がん検診」については二次検診を実施している所定の医療機関に受診していただく手続きをすすめます。
料金はがん検診ひとつにつき「500円」ですが、名古屋市から配布された「無料クーポン券」をお持ちのかたは無料でうけていただくことも可能です。(無料クーポンの対象かどうかは名古屋市のホームページでご確認ください。)

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!

posted by けやき内科 at 06:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする