2014年08月30日

風疹予防接種の助成制度の終了のおしらせ

風疹注意報厚労省.jpg「けやき内科」のブログをごらんいただき、ありがとうございます!

一年半ほど前からはじまった風疹の流行にともない、昨年度から各地方自治体により予防接種の助成がおこなわれてまいりました。名古屋市においては平成25年6月から平成26年3月末までの予定でしたが、風疹の流行状況が続いていることをうけ、平成26年4月以降も助成制度が延長され実施されておりました。
しかしながら名古屋市では来月9月末で助成制度の終了が通知されています。現在この助成制度利用をご検討中のかたは早めの接種をおすすめいたします。

対象となるのは下記の方です。

 1. 名古屋市に住民登録があること
 2. 女性は「妊娠を希望していること」
   男性は「パートナーが妊娠を希望、あるいは妊娠中であること」
 3. 事前の風疹に対しての抗体検査で下記の基準をみたしていること
   男性:HI法で16倍未満 EIA(IgG)法で6.0未満
   女性:HI法で32倍未満 EIA(IgG)法で8.0未満

上記に該当する方は、「けやき内科」に直接ご来院いただくかお電話でご予約ください。
ワクチンのストックはありませんので、ご予約された時点で発注し納入後の接種となります。
また予約された場合、キャンセルできませんので予めご了承ください。

下記の点を特にご注意いただきますようお願いします。
 1. 「健康保険証」「免許証」など名古屋市住民である事をしめすものが必要です。
 2. 「けやき内科」以外で風疹抗体の検査をうけた方でも予防接種は可能です。
  (その場合、検査結果票を持参いただく必要があります。)
 3. 「風疹抗体症候群」のリスクがあるため、妊娠中のかたは接種できません。
   また女性の場合、予防接種後は最低2カ月の避妊が必要です。
 4. 「風疹ワクチン」の供給がないため「麻疹・風疹混合ワクチン」を使用します。
 5. 男性で「HI法16倍」「EIA法6.0」のかたは、今回の助成制度は利用できません。
   医学的には予防接種が望ましいと考えられますが自費での接種となります。
 6. 名古屋市外に在住の方は「けやき内科」で接種される場合全額自費となります。
  (各市町村で助成制度が異なるため、お住まいの地域での接種をおすすめします。)

まだ風疹抗体の検査をうけていないかたは、「けやき内科」で検査をすることが可能です。
保険適用外のため自費(2,500円)となります。また検査結果がでるまで約一週間必要です。

接種日が10月以降となった場合には助成制度はうけられません。(予防接種自体を実施することは可能ですが全額自己負担となります。)上記をよくお読みになった上で、ご希望の方はお早めにお問い合わせの程お願いいたします。

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!


posted by けやき内科 at 06:00| 予防接種情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする