2019年07月01日

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の講演会に参加してまいりました。

テリルジー記念講演会2019.jpg

けやき内科のブログをご覧いただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

京都で開催されました「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」の講演会に参加してまいりました。今回の講演会は新規薬剤の発売を記念して企画された講演会で、日本全国からCOPDの診療を積極的に行っている病院・診療所の医師が参加しておりました。
COPDは喫煙を主な原因とし、「せき」「たん」「息切れ」といった呼吸器症状を主とする慢性の呼吸器疾患ですが、症状が軽微なままに経過したり患者様自身が気づかないまま過ごしてしまい、結果として病院で診断された時にはすでにかなり進行している場合もあります。現在日本全国でCOPDの治療を受けている方は30万人ほどと言われていますが、一方で実際にはおよそ650万人のCOPDの方が潜在しているとも言われています。
今回の新規薬剤はこれまでに使用できた薬剤を組み合わせて一つにしたものですので、成分としては新しいものではありませんが一つになったことで使いやすさや利便性のメリットが大きく出てくるものです。加えて臨床的効果も上がると言われていますが、その一方で薬剤の特徴をきちんと把握してデメリットもきちんと理解した上で薬剤選択をしないと、結果的にはメリットが発揮されない可能性もあると考えられます。今回の講演会でもCOPDの病態をきちんと把握した上で、この薬剤を使用した時にどのような効果が期待できるか、逆にどのようなリスクがあるかということも含め、日本でCOPD領域の第一人者の先生方の講演を拝聴いたしました。
今回の講演会に参加して、地域における呼吸器専門医の役割を担うべく今後も積極的にCOPDの診療に取り組んでいこうと感じました。
これからもけやき内科をよろしくお願いいたします。
posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月30日

喘息とCOPDの講演会に参加してまいりました。

Respiratory Symposium in Nagoya 2019.jpgけやき内科のブログをご覧いただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

名古屋で開催されました「気管支喘息」と「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」の講演会に参加してまいりました。今回の講演会では、気管支喘息やCOPDの治療の中心となる吸入薬の「吸入指導」についての講演と、喘息とCOPDの合併である「ACO (Astma-COPD Overlap)」についての講演を拝聴いたしました。この地域で呼吸器診療に専門的に取り組む病院・診療所の医師が参加し、講演後の質疑も非常に活発に行われました。
喘息やCOPDの領域で使用される「吸入薬」は、近年診療で使用できる薬剤の種類が増え、治療の選択肢が増えることは非常にいい事ではありますが、反面同系列の薬剤でありながら使用方法が異なること等から混乱を招いている部分もあり、専門医としては治療薬の選択において様々な側面から的確に処方薬を決定する必要があり、一方実際に患者様に薬剤をお渡しする調剤薬局としては「いかに薬剤の使用方法や効果等を的確に説明するか」が重要になってきます。新規の処方や薬剤変更をする際などには特に重要となってくるため、けやき内科でも調剤薬局との連携に「吸入指導依頼書」を利用してより確実な吸入指導の実施に取り組んでおります。
一方で以前から気管支喘息とCOPDの違いや類似点については学会で様々な討議がされてきたものの、「ACO」という概念が提唱されてからは考え方が整理されて実際の診療においても治療方針が立てやすくなったように思われます。けやき内科でも診断の基本である「呼吸機能検査」、肺気腫性変化の評価に有用な「マルチスライスCT」、気道のアレルギー反応の評価に有用である「FeNO測定」等を実施することによって、より的確に診断することに取り組んでいますが、現状全ての医療機関において適正に診断が行われているか疑問視されている部分もあり、まだこれから確立されていく必要のある点が残されている領域だと思われます。
今回の講演会に参加して、日常診療の中で考えていることや疑問に思っていることが整理されました。早速今後の診療に活かしていきたいと思います。
これからもけやき内科をよろしくお願いいたします。


posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

「第68回 日本アレルギー学会学術大会」に参加してまいりました。

第68回 日本アレルギー学会学術講演会.jpg

けやき内科のブログをごらんいただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

東京で開催されました「第68回 日本アレルギー学会学術大会」に参加してまいりました。
この学会は「アレルギー」という枠組みのため、内科・小児科・耳鼻科・皮膚科などさまざまな診療科の医師が参加します。今回私自身は診療スケジュール上日曜日一日のみの参加となりましたが、非常に多くの人でにぎわい大変活気がありました。
今回は「気管支喘息」の講演や「喘息とアレルギー性鼻炎」のセミナーに参加したり、「喘息」と「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」の合併である「ACO」に関する海外からの招請講演なども聴講することができ、多くの最新の知識に触れる事ができ大変有意義な時間を過ごすことができました。
私が呼吸器・アレルギーを専門としていることもあり、けやき内科には大変たくさんの気管支喘息の患者様が通院しておみえです。気管支喘息の診療は、診断における検査法の発展や、治療薬の選択肢の拡大など、ここ10年ほどでも大きな変化・進歩を遂げています。最近「ACO」の考え方が出てきてから「COPD」の治療の組み立て方も変化したと感じますし、また「喘息」の方の6割は合併がみられるという「鼻炎」についても多くの新たな薬剤が市場に出回るようになりました。「アレルギー」の領域の進歩は目覚ましいものであり、今後もこの状況は続いていくと思われ専門医としては常に最新の情報を捉えていくようにしなければなりません。
今回の学会参加で得られたものを早速今後の診療にいかし、よりよい医療サービスが提供できますよう、これからも積極的にとりくんでいきたいと思います。


posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」の講演会に参加してまいりました。

COPD Forum 2019.jpg

けやき内科のブログをご覧いただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

東京で開催されました「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」の講演会「COPD Forum 2019」に参加してまいりました。
「COPD」というのは「Chronic Obstructive Pulmonary Disease : 慢性閉塞性肺疾患」のことで、主にタバコによっておこる肺の機能障害をきたす病気です。ながくつづく「せき」「たん」「息切れ」を主な症状とする病気ですが、初期のうちはあまり自覚症状がない場合もあります。しかしながら疾患としては慢性かつ進行性であり、たとえ禁煙をしても通常は年余にわたって悪化していく事が特徴で、経年的な悪化により重症化すると「在宅酸素療法」や「在宅人工呼吸器」が必要となる場合もあります。最近は桂歌丸さんや江波杏子さん、ケーシー高峰さん等、COPDでお亡くなりになられた芸能人の方が相次いで報道され、一般の方の認知度も少し上がってきているようです。現在日本ではCOPDでありながら診断・治療されていない方がおよそ650万人いると推測されており、世界的にもWHOにより2030年までにCOPDが世界の死因第三位までになるであろうと予測されています。
今回の講演会では、日本で「COPD」の診療・研究で、いずれも第一人者と言われている先生方3人のご講演を拝聴し、大変勉強になりました。今回の講演会は特に「日本人のCOPD患者」に注目して内容を展開されたことが非常に興味深く、海外と日本のデータやガイドラインの比較や、日本における治療方針の考え方の特徴など、大変勉強になる講演会でした。けやき内科でも現在250人以上のCOPD患者様に通院いただいておりますが、今後の診療に直結して役立てられる内容で非常に有意義な時間が過ごせました。
今回の講演会に参加して得られた見解を早速今後の診療に活かしていきたいと思います。今後ともけやき内科をよろしくお願いいいたします。


posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

「第116回 日本内科学会総会・講演会」に参加してまいりました。

第116回 日本内科学会総会・講演会.jpg

けやき内科のブログをごらんいただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

週末を利用して「第116回 日本内科学会総会・講演会」に参加してまいりました。この学会は「内科」という大きなくくりの学会であるため、全国の「呼吸器」「循環器」「消化器」といった各種専門領域の内科医が参加する大変規模の大きなものです。今年は地元名古屋での開催ですが、4年に一度の「医学会総会」との合同開催ということもあって大変な賑わいで、一方ゴールデンウィーク前半ということもあって各地から学会会場に向かうのが混雑して大変だったようです。
今回は「メタボリックシンドローム」「糖尿病」といった内科医の基本となる生活習慣病領域の講演を拝聴し、また同時に開催された医師会の産業医講習会にも参加し大変有意義な時間を過ごすことができました。

今回の学会参加で得られた新たな知見を早速今後の診療に活かしていきたいと思います。これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします。

posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする