2019年05月12日

「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」の講演会に参加してまいりました。

COPD Forum 2019.jpg

けやき内科のブログをご覧いただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

東京で開催されました「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」の講演会「COPD Forum 2019」に参加してまいりました。
「COPD」というのは「Chronic Obstructive Pulmonary Disease : 慢性閉塞性肺疾患」のことで、主にタバコによっておこる肺の機能障害をきたす病気です。ながくつづく「せき」「たん」「息切れ」を主な症状とする病気ですが、初期のうちはあまり自覚症状がない場合もあります。しかしながら疾患としては慢性かつ進行性であり、たとえ禁煙をしても通常は年余にわたって悪化していく事が特徴で、経年的な悪化により重症化すると「在宅酸素療法」や「在宅人工呼吸器」が必要となる場合もあります。最近は桂歌丸さんや江波杏子さん、ケーシー高峰さん等、COPDでお亡くなりになられた芸能人の方が相次いで報道され、一般の方の認知度も少し上がってきているようです。現在日本ではCOPDでありながら診断・治療されていない方がおよそ650万人いると推測されており、世界的にもWHOにより2030年までにCOPDが世界の死因第三位までになるであろうと予測されています。
今回の講演会では、日本で「COPD」の診療・研究で、いずれも第一人者と言われている先生方3人のご講演を拝聴し、大変勉強になりました。今回の講演会は特に「日本人のCOPD患者」に注目して内容を展開されたことが非常に興味深く、海外と日本のデータやガイドラインの比較や、日本における治療方針の考え方の特徴など、大変勉強になる講演会でした。けやき内科でも現在250人以上のCOPD患者様に通院いただいておりますが、今後の診療に直結して役立てられる内容で非常に有意義な時間が過ごせました。
今回の講演会に参加して得られた見解を早速今後の診療に活かしていきたいと思います。今後ともけやき内科をよろしくお願いいいたします。


posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

「第116回 日本内科学会総会・講演会」に参加してまいりました。

第116回 日本内科学会総会・講演会.jpg

けやき内科のブログをごらんいただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

週末を利用して「第116回 日本内科学会総会・講演会」に参加してまいりました。この学会は「内科」という大きなくくりの学会であるため、全国の「呼吸器」「循環器」「消化器」といった各種専門領域の内科医が参加する大変規模の大きなものです。今年は地元名古屋での開催ですが、4年に一度の「医学会総会」との合同開催ということもあって大変な賑わいで、一方ゴールデンウィーク前半ということもあって各地から学会会場に向かうのが混雑して大変だったようです。
今回は「メタボリックシンドローム」「糖尿病」といった内科医の基本となる生活習慣病領域の講演を拝聴し、また同時に開催された医師会の産業医講習会にも参加し大変有意義な時間を過ごすことができました。

今回の学会参加で得られた新たな知見を早速今後の診療に活かしていきたいと思います。これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします。

posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

「第59回 日本呼吸器学会学術講演会」に参加してまいりました。

第59回 日本呼吸器学会学術講演会.jpg

けやき内科のブログをご覧いただきありがとうございます。院長の加藤景介です。

東京で開催されました「第59回 日本呼吸器学会学術講演会」に参加してまいりました。この学術講演会は日本呼吸器学会が一年に一度開催する大規模な講演会で、日本全国から呼吸器専門医が参加し大変な活気があります。
今回私は診療スケジュールの都合上日曜日のみの参加となりましたが、「気管支喘息」のセミナーや、「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」「ACO(Asrhma-COPD Overlap)」についての口演発表、「肺炎」を中心とした呼吸器感染症の講習会など、呼吸器疾患ではありますが様々な分野の最新の情報に触れる事ができ、知識の整理になるとともに今後の診療に活かせる有意義な時間を過ごす事ができました。特に「肺炎」の講習会は、もともと私自身が勤務医時代に感染対策委委をやっていたこともあり、現在学会が行なっている細菌の抗菌剤耐性化を防ぐ取り組みなど非常に興味深く拝聴いたしました。

今回の学会参加で得られたものを、早速これからの診療にいかしていきたいと思います。これからもけやき内科をよろしくお願い致します。

posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

「第18回 近畿北陸気道疾患研究会(KiHAC)」に参加してまいりました。

KiHAC2019.jpg

けやき内科のブログをご覧いただきありがとうございます。院長の加藤景介です。

週末を利用して大阪で開催された「第18回 近畿北陸気道疾患研究会(KiHAC)」に参加してまいりました。この回は年に一度開催され、「近畿北陸」とうたっていますが年々規模が拡大され現在は日本全国から医師が参加しているとのことです。
「気道疾患」とありますので、参加する医師は内科に限らず小児科・耳鼻科など診療科の枠を超えて多くの医師が参加します。今回も大変多くの医師が参加し活発に議論が行われました。
今回は「気管支喘息」の診療と研究の第一人者の先生のご講演の他、内科・小児科・耳鼻科それぞれの領域から見た「咳」をきたす疾患の鑑別の仕方や検査の組み立て方などを中心に各分野の第一人者の先生のご講演を拝聴いたしました。
一般に「咳」というと風邪を中心とした感染症によるものである可能性をまず疑いますが、2週間、3週間と長い期間続くようになると様々な疾患による「咳」を考える必要が出てきます。例えば感染症であれば「結核」「百日咳」など、アレルギー性疾患の「気管支喘息」「咳喘息」「アトピー咳嗽」、耳鼻科領域の「鼻炎」「副鼻腔炎」「喉頭アレルギー」、消化器領域の「逆流性食道炎」など、非常に多岐に渡ります。
今回の講演会では各分野の一人者の立場から分かりやすく系統立ててお話を伺う事ができ、知識の整理をする事ができました。今回の講演会に参加して得られたものを早速これからの診療に活かしていきたいと思います。

これからもけやき内科をよろしくお願いいたします。


posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

「気管支喘息」の講演会に参加してまいりました。

気管支喘息講演会2019春.jpg

けやき内科のブログをご覧いただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

週末を利用して東京で開催されました「気管支喘息」の講演会に参加してまいりました。
今回の講演会は日本全国から気管支喘息の診療を専門的に行っている医師が多数参加しました。講演をされたのはいずれも大学病院で気管支喘息の診療・研究をやられている全国的にご高名な先生達ばかりで、実臨床におけるデータから基礎実験的な最先端なお話まで詳細にお伺いし大変勉強になりました。
けやき内科にも気管支喘息で通院されている患者様はたくさんおみえになりますが、喘息は残念なことに現在の医学では治せない病気であるのに対し、患者様の中には症状が良くなれば治ったと判断してしまい治療をやめてしまう方が一部存在することは事実です。昨年発行された喘息のガイドラインにも喘息の治療の短期的目標として「症状を改善する」ことに加え「炎症をコントロールする」ことも明記されており、喘息は症状が良くなっても気管支の「炎症」が残っていることはすでにわかっている事から、専門に診療する立場の医師としては「炎症」の状況を正確に把握して治療計画をたてる必要があります。現在その「炎症」の判断に役立つ検査として「FeNO測定」と「気道抵抗測定(モストグラフ)」が挙げられますが、今回の講演会でも実際の臨床でいかに喘息を管理すべきか、「FeNO」の結果をいかに診療に役立てるか、等について詳細にお伺いしました。また重症喘息における最先端医療である抗体製剤についての総括的なお話もお伺いすることができ、大変勉強になりました。どの講演も専門医として役立つお話ばかりであり、今回の講演会で得られたものを、地域において気管支喘息診療を専門的に実践する立場として、早速これからの診療に役立てていきたいと思います。

今後ともけやき内科をよろしくお願いいたします。



posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする