2019年04月15日

「第59回 日本呼吸器学会学術講演会」に参加してまいりました。

第59回 日本呼吸器学会学術講演会.jpg

けやき内科のブログをご覧いただきありがとうございます。院長の加藤景介です。

東京で開催されました「第59回 日本呼吸器学会学術講演会」に参加してまいりました。この学術講演会は日本呼吸器学会が一年に一度開催する大規模な講演会で、日本全国から呼吸器専門医が参加し大変な活気があります。
今回私は診療スケジュールの都合上日曜日のみの参加となりましたが、「気管支喘息」のセミナーや、「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」「ACO(Asrhma-COPD Overlap)」についての口演発表、「肺炎」を中心とした呼吸器感染症の講習会など、呼吸器疾患ではありますが様々な分野の最新の情報に触れる事ができ、知識の整理になるとともに今後の診療に活かせる有意義な時間を過ごす事ができました。特に「肺炎」の講習会は、もともと私自身が勤務医時代に感染対策委委をやっていたこともあり、現在学会が行なっている細菌の抗菌剤耐性化を防ぐ取り組みなど非常に興味深く拝聴いたしました。

今回の学会参加で得られたものを、早速これからの診療にいかしていきたいと思います。これからもけやき内科をよろしくお願い致します。

posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

「第18回 近畿北陸気道疾患研究会(KiHAC)」に参加してまいりました。

KiHAC2019.jpg

けやき内科のブログをご覧いただきありがとうございます。院長の加藤景介です。

週末を利用して大阪で開催された「第18回 近畿北陸気道疾患研究会(KiHAC)」に参加してまいりました。この回は年に一度開催され、「近畿北陸」とうたっていますが年々規模が拡大され現在は日本全国から医師が参加しているとのことです。
「気道疾患」とありますので、参加する医師は内科に限らず小児科・耳鼻科など診療科の枠を超えて多くの医師が参加します。今回も大変多くの医師が参加し活発に議論が行われました。
今回は「気管支喘息」の診療と研究の第一人者の先生のご講演の他、内科・小児科・耳鼻科それぞれの領域から見た「咳」をきたす疾患の鑑別の仕方や検査の組み立て方などを中心に各分野の第一人者の先生のご講演を拝聴いたしました。
一般に「咳」というと風邪を中心とした感染症によるものである可能性をまず疑いますが、2週間、3週間と長い期間続くようになると様々な疾患による「咳」を考える必要が出てきます。例えば感染症であれば「結核」「百日咳」など、アレルギー性疾患の「気管支喘息」「咳喘息」「アトピー咳嗽」、耳鼻科領域の「鼻炎」「副鼻腔炎」「喉頭アレルギー」、消化器領域の「逆流性食道炎」など、非常に多岐に渡ります。
今回の講演会では各分野の一人者の立場から分かりやすく系統立ててお話を伺う事ができ、知識の整理をする事ができました。今回の講演会に参加して得られたものを早速これからの診療に活かしていきたいと思います。

これからもけやき内科をよろしくお願いいたします。


posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

「気管支喘息」の講演会に参加してまいりました。

気管支喘息講演会2019春.jpg

けやき内科のブログをご覧いただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

週末を利用して東京で開催されました「気管支喘息」の講演会に参加してまいりました。
今回の講演会は日本全国から気管支喘息の診療を専門的に行っている医師が多数参加しました。講演をされたのはいずれも大学病院で気管支喘息の診療・研究をやられている全国的にご高名な先生達ばかりで、実臨床におけるデータから基礎実験的な最先端なお話まで詳細にお伺いし大変勉強になりました。
けやき内科にも気管支喘息で通院されている患者様はたくさんおみえになりますが、喘息は残念なことに現在の医学では治せない病気であるのに対し、患者様の中には症状が良くなれば治ったと判断してしまい治療をやめてしまう方が一部存在することは事実です。昨年発行された喘息のガイドラインにも喘息の治療の短期的目標として「症状を改善する」ことに加え「炎症をコントロールする」ことも明記されており、喘息は症状が良くなっても気管支の「炎症」が残っていることはすでにわかっている事から、専門に診療する立場の医師としては「炎症」の状況を正確に把握して治療計画をたてる必要があります。現在その「炎症」の判断に役立つ検査として「FeNO測定」と「気道抵抗測定(モストグラフ)」が挙げられますが、今回の講演会でも実際の臨床でいかに喘息を管理すべきか、「FeNO」の結果をいかに診療に役立てるか、等について詳細にお伺いしました。また重症喘息における最先端医療である抗体製剤についての総括的なお話もお伺いすることができ、大変勉強になりました。どの講演も専門医として役立つお話ばかりであり、今回の講演会で得られたものを、地域において気管支喘息診療を専門的に実践する立場として、早速これからの診療に役立てていきたいと思います。

今後ともけやき内科をよろしくお願いいたします。



posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

「呼吸器専門医」の講演会に参加してまいりました。

RespiratoryExpertMeeting2019.jpg

けやき内科のブログをご覧いただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

名古屋で開催されました呼吸器専門医の講演会「Respiratory Expert Meeting」に参加してまいりました。今回の講演会では「実地医家が診る呼吸器疾患」と題して、としわ会診療センターレクリニックの清水先生と私が「重症気管支喘息」の症例報告をさせていただき、公立陶生病院の副院長であられる近藤康博先生から特別講演として「実地医家が知っておくべき特発性肺線維症の話題」と題してご講演いただきました。この地域で呼吸器専門のクリニックで働く医師が参加し、非常に活発な討議が行われました。
日常診療において我々開業医は基本的に一人で診療を行っているため、この様な会で複数の医師でそれぞれの視点から症例を検討することは非常に刺激になりお互いの勉強になります。清水先生と私の症例報告においても、参加した他のクリニックの医師からたくさんの意見が出て非常に有意義な時間を過ごすことができました。
特別講演においては、国際ガイドラインの作成や厚生労働省の仕事にも関わってみえる近藤先生の立場からのお話を拝聴でき、大変勉強になり日常診療に活かせる多くの情報を得ることができました。かつて私も陶生病院で近藤先生にはご指導いただいておりましたが、当時からさらに先にすすんだ立場で活躍されていると実感し、近藤先生の様な牽引力のある先生によって医療とは常に進歩し続けるものであると感慨深く感じました。呼吸器専門医として診療を行っていくからには、自分自信のこれからの努力も必要であることを痛感し身の引き締まる思いでした。
これからも地域における一診療所として努力を怠らず精進していきたいと思います。今後ともけやき内科をよろしくお願いいたします。




posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

「愛知県COPDネットワーク(AC.net)」の講演会・総会に参加してまいりました。

AC.net講演会2019.jpg

けやき内科のブログをご覧いただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

名古屋で開催されましたNPO法人「愛知県COPDネットワーク(AC.net)」の講演会および総会に参加してまいりました。「AC.net」は愛知県下COPD病診連携の推進と市民への啓蒙の目的でたちあげられたNPO法人で、私も会員・理事として参加しております。
「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」は主に喫煙によっておきる呼吸器疾患で、長く続く「咳」「痰」や、階段や坂道での「息切れ」といった症状を特徴とする慢性疾患です。ゆっくり進行するため自分では意識していないうちに病状が進行してしまう場合もあり、病院で診断された時には既にかなり悪い病状となっていることもあります。また現在厚生労働省がかかげている「21世紀における国民健康づくり運動:健康日本21」においても主要取組疾患の一つとなっており、認知度の向上と早期診断・早期治療がすすめられています。診断のためには肺機能検査やレントゲン・CTといった検査が不可欠ですが、非専門医の診療所等ではなかなか検査が実施できないという現状があり、専門医のいる診療所や病院と連携をして早期に診断して適切な治療導入を推進しようというのも「AC.net」の取り組みの一つです。
今回の講演会では、一般講演としてAC.netに参加している専門医療機関の地域におけるCOPD診療における取り組みを紹介いただいたのち、特別講演として東北地方でCOPDの病診連携に取り組む全国的にも有名な病院の先生の講演を拝聴いたしました。AC.net参加医療機関の講演の中では、特に清須市における特定健診受診者を対象としたCOPD啓発の取り組みに大変感銘を受けましたが、特別講演では東北の石巻地域での診療システムの充実度に大変驚き、まだまだ名古屋診療圏における課題は山積みであることを痛感させられました。私自身が専門医・専門医療機関としてどこまでの役割を当地域で担えるか、今後取り組んでいかなければいかない事は沢山ありますが、前向きにやっていこうと気持ちを新たにすることができました。
これからもけやき内科をよろしくお願いいいたします。

posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする