2019年02月03日

「第12回 愛知県東部呼吸器科フォーラム」に参加してまいりました。

第12回 東部呼吸器フォーラム.jpg

けやき内科のブログをご覧いただきありがとうございます。院長の加藤景介です。

名古屋で開催されました「第12回 愛知県東部呼吸器科フォーラム」に参加してまいりました。この会は年に2回定期的に開催され、名古屋大学医学部呼吸器内科の医局出身で現在愛知県東部で呼吸器科診療に従事する医師が参加しています。小規模の会のため、いつも参加者は10名未満ではありますが、もともと同じ医局という繋がりもあって遠慮なく活発に話し合えるところが良い点です。

今回は私が半田病院時代に直属の上司でご指導いただいていた半田市の「森クリニック」の森智弘先生から、先生が最近クリニックにおいてどのような患者様にどのような治療をされているかを具体的に提示いただき、私が司会進行をさせていただきながら参加者皆で討議いたしました。参加者は皆普段一人で診療をやっているわけですが、このように複数の医師でそれぞれの経験を共有する事は良い刺激となりお互いの意識の向上につながると思っています。森先生は勤務医時代も非常に真面目で勤勉な先生であられましたが、今も昔と変わらず真摯な姿勢で診療に臨まれている様子が垣間見られ大変懐かしく思うと同時に、自分自身を振り返る良い機会となりました。また今回参加したメンバー皆積極的に皆発言をされ、大変有意義で楽しい時間を過ごせました。

これからも頑張って前向きに日常診療に取り組んで行こうと気持ちを新たにいたしました。今後ともけやき内科をよろしくお願いいたします。


posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

「第5回 総合アレルギー講習会」に参加してまいりました。

第5回 総合アレルギー講習会.jpgけやき内科のブログをごらんいただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

大阪で開催されました「第5回 総合アレルギー講習会」に参加してまいりました。この講習会は「日本アレルギー学会」が開催する全国的規模の講習会で、内科・小児科・耳鼻科・眼科・皮膚科などの従来の診療科の枠をこえて「アレルギー」の診療・研究に携わる多くの医師が日本全国から参加します。診療の都合上日曜1日のみの参加でしたが、さまざまなテーマの講演を聴講することができ大変有意義な1日を過ごすことができました。
今回は私が診療する機会の多い「気管支喘息」に関するご講演や、「好酸球性肺炎」「過敏性肺炎」といった呼吸器系のアレルギー疾患のご講演を中心に拝聴することができ、大変有意義な1日を過ごすことができました。新たな知見を得られたばかりではなく、これまでに理解していたことでも別の視点から考え直す機会ともなり、良い刺激となりました。
今回の講演会で得られたものを早速これからの診療に活かしていきたいと思います。
これからもけやき内科をよろしくお願いいたします。

posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

「気管支喘息」の講演会に参加してまいりました。

2018MeetTheExpert気管支喘息.jpgけやき内科のブログをご覧いただきありがとうございます。院長の加藤景介です。
名古屋で開催されました「気管支喘息」の講演会「Meet The Expert」に参加してまいりました。今回の講演会にはこの地域で気管支喘息の診療に専門的に取り組む総合病院・診療所の医師が参加し、基礎と臨床の分野で第一人者の先生のご講演を拝聴したのちに、名古屋の大学病院の呼吸器内科で診療を行う先生より実際に大学病院に紹介されてきた重症気管支喘息の患者様の病状経過や治療方針について提示いただき参加者全員で討議いたしました。ご講演の内容は大変勉強になったことはもちろんですが、私自身は大学病院でどのように重症喘息患者様の病状評価と治療計画をたてているかが実に興味深く、参加者の討議も大変活発に行われ、非常に有意義な時間を過ごすことができました。
けやき内科にも私が専門ということもあって大変多くの「気管支喘息」の方が通院治療をされてみえますが、患者さまによって病状は様々であり且つ症状だけでその病状を判断するのは困難です。「呼吸機能検査」により気管支の狭窄の程度を判断したり、「FeNO測定」により気管支におけるアレルギー反応の強さを評価したり、「呼吸抵抗測定」により気管支の炎症の状況を把握したりと、各種検査により的確な病状判断を行って、よりその患者様の病状に即した薬剤選択を行わなければいけません。また適切な吸入薬や内服薬での治療をおこなっても病状のコントロールが困難な最重症の患者様については、注射薬である「抗体薬」の適応を検討したり、気管支鏡を用いた「サーモプラスティ(気管支熱形成術)」の考慮等も必要になってきます。
今回の講演会では、参加した医師それぞれが非常に熱心に診療に取り組んでいる姿勢を感じることもでき大変刺激になりました。今回の講演会に参加して得られた知見を早速これからの診療に活かしていきたいと思います。
これからもけやき内科をよろしくお願いいたします。


posted by けやき内科 at 00:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月07日

「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」の講演会に参加してまいりました。

2018COPD講演会.jpg

けやき内科のブログをご覧いただきありがとうございます。院長の加藤景介です。

名古屋で開催されました「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」の講演会に参加してまいりました。今回の講演会では「明日からのCOPD診療を再考する」と題して、愛知医科大学病院呼吸器アレルギー内科の伊藤理准教授からCOPDの治療薬の主体となるLABA(長時間作動性β刺激薬)・LAMA(抗コリン薬)についての最新の知見をご講演いただき、続いて私がプライマリケア医いわゆる開業医としていかにCOPD診療に関わるかをけやき内科の取り組みも含めて講演させていただきました。最後に公立陶生病院呼吸器アレルギー疾患内科の片岡健介部長も交えて会場からの質問も受けつつディスカッションを行いました。

「COPD」は喫煙を主な原因とする慢性呼吸器疾患で生活習慣病とも言えると思います。現在日本では500万人以上の未診断の患者が潜在する事が問題視されており、その早期診断と早期治療導入が勧められています。喫煙が主因である事から「高血圧」や「虚血性心疾患」などの合併症として存在する事も多く、そのような疾患で治療中の方から的確な診断によって潜在的COPDの方をすくい上げていく事も重要です。その一方でCOPDの治療薬は吸入薬が主となりますが、以前に比べて大変多くの種類の吸入薬が使用できるようになり、患者様の病状等から最適な薬剤を選んで処方するのも医師の役割です。しかしながら非専門医の医師にとってはなかなか判断できない場合もあることから、専門医と非専門医がいかにうまく連携して円滑な診療を行うかも重要となります。

今回の講演会では専門医・非専門医それぞれの立場でどのように診療に取り組むかを様々な側面から討議することができ、大変有意義な時間を過ごすことができました。また今回座長の労をお執りいただいたのは公立陶生病院副院長の近藤康博先生でしたが、実は今回の演者は私も含め全員研修医時代に近藤先生からご指導いただいており、まるで同窓会のようで非常に感慨深いものがありました。

今回の講演会で得られたものを早速今後の日常診療に活かしていきたいと思います。
これからもけやき内科をよろしくお願い致します。


posted by けやき内科 at 09:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

「第11回 愛知県東部呼吸器科フォーラム」に参加してまいりました。

第11回愛知県東部呼吸器科フォーラム.jpgけやき内科のブログをご覧いただきありがとうございます。院長の加藤景介です。

名古屋で開催されました「第11回 愛知県東部呼吸器科フォーラム」に参加してまいりました。この会は5年ほど前から年に2回定期的に開催され、名古屋大学医学部呼吸器内科の医局出身で、現在愛知県東部で呼吸器科診療に従事する医師が参加しています。小規模の会のため、いつも参加者は10名未満ではありますが、その分距離感は近く活発に話し合えるところも良い点です。

今回は私がけやき内科での診療で経験した症例を提示させていただき、診断や治療について皆で討議いたしました。参加者は皆普段一人で診療をやっているわけですが、このように複数の医師でそれぞれの経験を共有する事は良い刺激となりお互いの意識の向上につながると思っています。今回も非常に活発に議論が行われ、もともと同じ医局出身で気心の知れたメンバーばかりということもあり、大変有意義で楽しい時間を過ごせました。

これからも頑張って前向きに日常診療に取り組んで行こうと気持ちを新たにいたしました。今後ともけやき内科をよろしくお願いいたします。


posted by けやき内科 at 06:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする