2018年06月07日

「東名古屋吸入指導セミナー」に参加してまいりました。

東名古屋吸入指導セミナー2018.jpgけやき内科のブログをご覧いただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

昨日愛知医科大学病院にて開催されました「瀬戸旭長久手日進薬薬連携ネットワーク 東名古屋吸入指導セミナー」に参加してまいりました。
今回のセミナーでは、愛知医科大学病院の呼吸器内科医の先生から気管支喘息の病態や高齢者における吸入薬使用における注意点等のご講演ののち、参加者全員での吸入薬デモ器を使用してのハンズオンが催され、最後に特別講演として私自身が「気管支喘息における吸入薬の使い分け」について講演させていただきました。
愛知医大に勤務されている医師・看護師・薬剤師の皆さんの他、近隣の調剤薬局の薬剤師の方々も参加され、ハンズオンでも皆さん大変熱心に取り組んでみえたのが印象的でした。
私はけやき内科での診療経験をもとに、現在の気管支喘息のガイドラインをふまえつつ吸入薬の中で最もよく使用される「ICS/LABA配合薬」の使い分けの考え方などを中心に講演させていただきました。正直、大病院で勤務されている方々に対して一診療所の医師の講演がお役に立てたかどうか不安ではありましたが、この地域における医療連携において愛知医科大学病院は重要な位置付けでありお互いの実情を知るよい機会になったように思いました。「気管支喘息」は呼吸器疾患の日常診療において最もよく遭遇する疾患といえますが、その一方で日本全国で毎年1,500名ほどの「喘息死」が報告されていることからもわかるように時に重篤な病状となる場合もあり、当院のような入院設備のない診療所にとって愛知医科大学病院のような重症患者さんもふくめて入院対応していただける高次医療機関との連携は非常に重要であります。今回セミナーに参加させていただいたことは当院にとっては非常に有意義であったと思われ、このような機会を与えていただいた愛知医科大学呼吸器・アレルギー内科の伊藤理先生には大変感謝しております。今後とも病診連携をとりつつ地域における医療レベルの向上につなげられるよう努力していこうと思いました。

今後ともけやき内科を宜しくお願いいたします。


posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

けやき内科が参加した臨床研究の結果が「Allergology International」に論文掲載されました。

JACS論文.jpg

けやき内科のブログをご覧いただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

けやき内科が参加いたしました臨床研究の結果が、「Allergology International」に論文掲載されました。著者は近畿大学医学部の東田有智教授です。今回の研究では「気管支喘息」の患者様の病状判断に、海外で作成されたアンケート調査と日本で新規に作成されたアンケート調査を同時に行い、その有用性を検討したものです。日本全国で気管支喘息の診療を専門的に行っている複数の医療機関で実施され、けやき内科も一専門施設として参加し多くの患者様にご協力いただきました。
日本と海外では住環境や文化・生活習慣もことなり、以前から海外のアンケート調査をそのまま使用していいかどうか議論されてきました。今回日本で独自に作成されたアンケート調査はまだ研究段階であり、論文にもありますようにさらなる検討を要する結果ではありましたが、今後も議論していかねばならない課題の一つであります。
また医学の発展にはこのような臨床研究が欠かせないものでありますが、なによりも研究への参加にご同意いただいた患者様あってのものであることは間違いありません。今回の研究にご参加いただいた患者様にこの場をかりて厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

今後も医療レベルの向上をめざし、何事にも積極的にとりくんでいきたいと思います。
これからもけやき内科をよろしくお願い申しあげます。


posted by けやき内科 at 06:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

「第58回 日本呼吸器学会学術講演会」に参加してまいりました。

第58回 日本呼吸器学会学術講演会.jpgけやき内科のブログをご覧いただきありがとうございます。院長の加藤景介です。

大阪で開催されました「第58回 日本呼吸器学会学術講演会」に参加してまいりました。この学術講演会は日本呼吸器学会が一年に一度開催する大規模な講演会で、日本全国から呼吸器専門医が参加し大変な活気があります。
今回私は診療スケジュールの都合上日曜日のみの参加となりましたが、つい先日ガイドラインが改定された「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」の講演や、「呼気一酸化窒素(FeNO)測定」のセミナー他、昨年ガイドラインが改定された「肺炎」の講習会に参加するなど、大変有意義な時間を過ごすことができました。呼吸器専門医として日常診療をおこなっているからには常に最新の情報をキャッチしているつもりではありますが、このような講演会に参加するとこれまでの知識が整理されたり、一つの事象をちがった視点から考えたりすることもでき大変勉強になります。また日本全国でよりよい診療にむけて頑張っている同じ専門医の先生方に接することは大変刺激になり自分への励みにもなります。

今回の学会参加で得られたものを、早速これからの診療にいかしていきたいと思います。これからもけやき内科をよろしくお願い致します。


posted by けやき内科 at 06:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

「第115回 日本内科学会総会・講演会」に参加してまいりました。

第115回内科学会総会.jpgけやき内科のブログをごらんいただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

週末を利用して京都で開催されました「第115回 日本内科学会総会・講演会」に参加してまいりました。この学会は「内科」という大きなくくりの学会であるため、全国の「呼吸器」「循環器」「消化器」といった各種専門領域の内科医が参加する大変規模の大きなものです。私は診療スケジュールの都合上日曜日のみの参加でしたが、春の京都ということもあって街中も賑わっていましたが、学会会場も日本全国から集まった多くの医師で大変な混雑でした。
今回は「気管支喘息」「睡眠時無呼吸」「肺炎」「メタボリックシンドローム」「糖尿病」といった、内科学会ならではの幅広い分野の講演・発表を拝見することができ、大変勉強になりました。

今回の学会参加で得られた新たな知見を早速今後の診療に活かしていきたいと思います。これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします。


posted by けやき内科 at 06:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

講演会「Respiratory Forum 2018」に参加してまいりました。

Respiratory Forum 2018.jpgけやき内科のブログをごらんいただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。
東京で開催されました講演会「Respiratory Forum 2018」に参加してまいりました。今回の講演会には日本全国から呼吸器内科診療を専門とする医師が参加し、呼吸器疾患の中でも「気管支喘息」と「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」にフォーカスをあて、この分野の診療・研究でご高名な先生方5名のご講演を拝聴しました。
「気管支喘息」は日常診療の中でもっとも多く遭遇する呼吸器疾患ともいえ、けやき内科にもたくさんの患者様が通院されておみえです。適切な治療により症状はほとんどの方が治まりますが、その一方で病気としては完治することができないため、症状の出現・悪化を繰り返しながら重症化していく場合もあります。重症化を防ぐためには症状がいったんおさまっても、それまでの病状経過にくわえて日誌でのピークフロー値の推移や呼吸機能検査・呼気NO・気道抵抗などの検査値から「重症度」を的確に見極めて妥当な治療を継続することが重要です。
いっぽう「COPD」は主に喫煙によって引き起こされる肺の機能障害をきたす慢性疾患で、現在日本国内だけでもまだ診断されていない潜在患者は500万人以上いるとされており、疾患の認知度向上に厚生労働省も力をいれ早期診断・早期治療を呼びかけています。最近の話題としては「COPD」と「気管支喘息」の合併である「ACO(Asthma-COPD Overlap)」の存在も注目をあびており、「ACO」は通常の「COPD」に比べ呼吸機能障害の進行が早いとされていることから、適切な診断と治療薬の選択が重要となります。また今年は最新のエビデンスをもとに「COPD」のガイドラインの改定が予定されており、専門医の立場としては最新の情報に遅れることなく患者様に還元すべく診療に取り組んでいかねばなりません。
今回の講演会では、基礎研究の話題から改定予定のガイドラインの話題まで幅広く新たな知見を得ることができ大変有意義な時間を過ごせました。早速これからの診療に活かしていきたいと思います。
これからもけやき内科をよろしくお願いいいたします。


posted by けやき内科 at 11:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする