2018年12月08日

日本経済新聞「日経プラスワン」に優木まおみさんとの対談を掲載いただきました。

日経プラスワン優木まおみ加藤景介.jpg

「けやき内科」のブログをご覧いただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

本年9月にタレントの優木まおみさんと「気管支喘息」について対談させていただきました内容が、本日の日本経済新聞「日経プラスワン」に掲載されました。優木さんご自身の喘息患者としての体験談や、気管支喘息の専門医としての私のコメントなどを掲載いただいています。是非一度ご覧いただけますと幸いです。

これからもけやき内科をよろしくお願い申し上げます。


posted by けやき内科 at 05:00| マスコミ掲載など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

「ショッパー」でご紹介いただきました!

ショッパー2018冬.jpg

「けやき内科」のブログをご覧いただき、ありがとうございます!

本日発行の「ショッパー」で「けやき内科」をご紹介いただきました!
かなり寒い日が続くようになってきました。冬の訪れを感じますが、インフルエンザシーズンももうすぐやってきます。予防接種はもうお済みでしょうか?お済みでなければ早めの接種をお勧めいたします。けやき内科では現在予約制で予防接種を行なっておりますので、ご希望の方は是非お早めにお申し込みください。また「インフルエンザかな?」というような症状が出た場合は、無理せずに病院を受診することをお勧めいたします。けやき内科では発症後数時間でも迅速診断が可能な「ドライケム IMMUNO AG1」を2台備え、インフルエンザの早期診断治療に取り組んでいます。
またインフルエンザ等の感染症により喘息症状が悪化しないようにするには、普段の治療がいかに適切にできているかが重要なポイントとなります。そのためには、症状のみならず「呼気中NO測定」「呼吸抵抗測定」「呼吸機能検査」等で、きちんと病状がコントロールできているか客観的に判断する事が有用となります。ご不安な方は是非一度「けやき内科」にご来院ください!

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!


posted by けやき内科 at 05:00| マスコミ掲載など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

長引く「せき」にご注意ください。

2018秋中日新聞.jpg

「けやき内科」のブログをごらんいただき、ありがとうございます!

本日発行の中日新聞で「長引くせき」について名古屋市立大学の新実教授が解説されてみえます。気候のかわりやすいこの時期、風邪や気管支炎などの感染症が流行しやすいのはもちろんですが、喘息症状もでやすくなります。
この時期に「咳喘息」と診断される方もたくさんおみえになり、近年喘息患者数は増加しているとのこと。
「けやき内科」では「ぜんそく」については「呼吸機能検査」「呼気NO測定」「総合呼吸抵抗測定装置Mostgraph」を使用し、より的確な診断や詳細な病状判断を実施しております。またマルチスライスCTを用いた専用ソフトウェアでの「肺気腫解析」により、呼吸機能検査と合わせて「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」の早期診断・治療にもつとめています。
咳が長引いたら一度専門医への受診をお勧めいたします!

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!


posted by けやき内科 at 05:00| マスコミ掲載など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

「ショッパー」でご紹介いただきました!

ショッパー2018秋.jpg

「けやき内科」のブログをご覧いただき、ありがとうございます!

昨日発行の「ショッパー」で「けやき内科」をご紹介いただきました!
夏も終わり、気温が下がってくるこれからの季節は「ぜんそく」の病状が悪化しがちです。
症状が悪化しないようにするには、普段の治療がいかに適切にできているかが重要なポイントとなります。そのためには、症状のみならず「呼気中NO測定」「呼吸抵抗測定」「呼吸機能検査」等で、きちんと病状がコントロールできているか客観的に判断する事が有用となります。ご不安な方は是非一度「けやき内科」にご来院ください。

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!


posted by けやき内科 at 05:00| マスコミ掲載など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

ポトス秋の増刊号で「けやき内科」を紹介いただきました!

ポトス2018秋.jpg「けやき内科」のブログをごらんいただき、ありがとうございます!
ポトス秋の増刊号で「けやき内科」をご紹介いただきました!

記事でもご紹介をいただきましたが、院長が専門医ということもあってか「けやき内科」には大変多くの「気管支喘息」の患者様にご来院いただき、現在も約1,700名の方にご通院いただいています。「けやき内科」では「呼吸機能検査」「呼気NO測定」「総合呼吸抵抗測定装置Mostgraph」を使用し、より的確な診断や詳細な病状判断を実施しております。また治療導入後も定期的な検査実施はもちろんですが「ピークフローメーター」の推移による病状経過判断もふくめ適切な治療選択に取り組んでいます。「気管支喘息」の治療の中心となる「吸入薬」の選択には「インチェック」による個々の患者様の吸気力に応じた薬剤選択をおこなったり、正しい使用法をご理解いただくために「吸入指導依頼書」を利用した調剤薬局との連携もおこなっています。マルチスライスCTを用いた専用ソフトウェアでの「肺気腫解析」により、呼吸機能検査と合わせて「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」の早期診断・治療にもつとめています。
また定期通院患者様のおよそ半分は「高血圧」「糖尿病」「高コレステロール血症」などの「生活習慣病」です。「けやき内科」では血圧測定値や血液検査結果のみをみて薬の処方をするようなことはせず、「動脈硬化(血管年齢)測定」などの検査も行いながら、患者様それぞれに応じた食事・運動などの生活習慣指導をふくめ治療薬の選択をおこなっております。ご希望のかたには保険適用外ですが被曝の心配の少ないマルチスライスCTによる「内臓脂肪測定」も行います。「薬をのんでいるだけで大丈夫かな」と思われている方は、ぜひ一度「けやき内科」におこしください。

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!


posted by けやき内科 at 05:00| マスコミ掲載など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする