2019年11月14日

今日は「World Diabetes Day (世界糖尿病デー)」です!

世界糖尿病デー2019.jpg「けやき内科」のブログをごらんいただき、ありがとうございます!
今日11月14日は「World Diabetes Day (世界糖尿病デー)」です!

IDF(International Diabetes Federation: 国際糖尿病連合)の発表によると、現在の世界の成人における糖尿病患者数は4億1500万人、実に11人に1人が糖尿病患者となったとのこと。また日本における現在の推計患者数もおよそ1000万人、過去最多と言われています。このまま増え続ければ2040年には世界の糖尿病患者数は6億4200万人に達成し、10人に1人が糖尿病ということになるようです。また糖尿病は死にいたる病気とは認識されていない事が多いですが、世界的にみて年間およそ500万人、計算上6秒に1人が糖尿病に伴う合併症等で亡くなられています。

「世界糖尿病デー」は2006年に国連でIDFからの「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」が採択されさだめられました。糖尿病の脅威に対して「糖尿病との闘いのために団結しよう(Unite for Diabetes)」をキャッチフレーズに、「ブルーサークル」をシンボルマークとして全国で糖尿病抑制にむけたキャンペーンが展開されます。今年も各地の名所の「ブルーライトアップ」や一般の方を対象とした講演会など「糖尿病デー」にちなんだイベントが開催される予定です。

糖尿病は初期には症状がないことがほとんどであり、発症にきづかないまま進行している事も珍しくありません。糖尿病を早期発見するためには、健康診断を積極的にうけることが一番です。現在各地方自治体が実施している「特定健康診査」においても糖尿病かどうかを判断する検査項目がふくまれており、積極的にうけられることをおすすめいたします。「けやき内科」も委託医療機関として実施可能(予約制)ですので、ご希望の方は是非お申し出下さい。
また「けやき内科」では糖尿病の病状判断に有用な「HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)」の測定に、採血後すぐに結果がでる「DCAバンテージ」を導入しておりますので、受診当日に結果を確認して治療方針を相談することが可能です。「採血の結果はまた次回、といつも言われてるけど大丈夫かな?」とご不安な方は、ぜひ一度ご来院ください。

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!


posted by けやき内科 at 05:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

今日は「World Pneumonia Day (世界肺炎の日)」です!

World Pneumonia Day 2017.jpg「けやき内科」のブログをごらんいただき、ありがとうございます!
今日11月12日は「World Pneumonia Day (世界肺炎の日)」です。世界的にみて「肺炎」は対策をたてるべき疾患の一つであることは間違いなく、特に途上国においては小児の「肺炎」による死亡が大きな問題となっています。「Stop Pneumonia」 のホームページでは、肺炎は予防でき治療もできる疾患であるにもかかわらず、全世界的にみて5才以下の死因第一位であることを問題提起しています。
日本においても「肺炎」は注目すべき疾患であり、平成30年度の人口動態統計によると日本人の死因の第5位に「肺炎」はランクされています。特に高齢者における「肺炎」の死亡率の高さが問題となっており、いかに「肺炎」を予防するか、いかに早期診断し、いかに治癒につなげるかということが課題になっています。
「肺炎」はウイルスの上気道感染、つまり「風邪」に引き続いて起きることが多く、予防のためには「うがい」「手洗い」が重要です。特に外出から帰宅した際には必ず行う事をおすすめします!また「肺炎」を起こす菌のうち「肺炎球菌」については「予防接種」を受けることが可能です。定期接種である「成人用肺炎球菌予防接種」は名古屋市では65才以上の方はお一人一回に限り自己負担4,000円で接種することができます(接種後5年間有効、再接種については全額自費)。「けやき内科」でも予約制で実施しております(キャンセル不可)ので、ご希望の方は是非お問い合わせください。

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!

posted by けやき内科 at 05:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月06日

Q「健康診断で肺に影がみつかり・・・」

教えてドクター2.jpgQ) 健康診断で肺に影がみつかり、二次検診でCTをとってもらいました。「肺がん」の疑いがあるため大きな病院に行くように言われましたが、とても不安です。今後どういう検査や治療を受けるのでしょうか。

A) まず本当に「肺がん」なのかどうかを確定するのが最も重要です。通常はその影の部分に癌細胞があるのかどうかを確認する事になりますが、「肺がん」の場合は気管支鏡を用いて検査をすることが一般的です。気管支鏡はカメラのついた直径6mmほどの管(ファイバースコープ)で、胃カメラと同じ内視鏡の一つです。口から入れて喉から気管支の方に通し、マジックハンドのついたピンセットのような器具(鉗子)を気管支鏡の中を通して、影の部分から細胞をつまんでとってきます。とってきた細胞を顕微鏡で見て、癌細胞があるのかどうか確認しますが、通常は検査結果が出るのに数日を要します。もし癌細胞が検出されれば診断は「肺がん」で確定となり、次に実施するのがMRIやCT、シンチグラフィーなどの全身精密検査です。全身の検査を行う事で転移がないか等を調べ、肺がんとしての進行状況を判断する事になります。治療は「手術」「放射線」「化学療法(抗がん剤)」が三本柱となりますが、進行度によりどの治療を選択するか、あるいは組み合わせるかが異なります。様々な不安があるとは思いますが担当医としっかり相談して、まずは検査からおすすめください。


(2019年11月6日 中日新聞市民北版「教えて!ドクター Q&A」掲載)

posted by けやき内科 at 05:00| 教えて ドクターQ & A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

肌寒くなってきましたね。

2019もう寒い.jpg「けやき内科」のブログをごらんいただきありがとうございます。

ぐっと気温が下がって肌寒く感じるようになってきました。早いもので今日からもう11月です。
体調を崩される方も徐々に増えてまいりました。インフルエンザもまだ流行期には入っていませんが、少しづつ診断される方がおみえになっています。
インフルエンザ以外の「発熱」「咳」といった、いわゆる風邪症状の方も増えてきており、もともと喘息などの呼吸器疾患がある方で症状がひどくなる方も増えてきました。
「ちょっと調子が悪いなあ」と感じられたら、無理せず早めの受診をお勧めいたします。


インフルエンザの予防接種も現在実施中です。今年は流行入りが早いのでは、と懸念されており11月中の接種がお勧めです。
土曜日には院長以外の予防接種担当医が予約制で実施しておりますので、待ち時間もほとんどなく接種いただくことが可能です。
ご希望の方は一度ご検討ください。


これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします。

posted by けやき内科 at 05:00| クリニックの風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする