2021年09月21日

Q「新型コロナウイルスのワクチンを接種すると熱が・・・」

教えてドクター2.jpgQ) 新型コロナウイルスのワクチンを接種すると熱が出ることがあると聞きました。この場合は市販薬を服用し、療養すればよいですか?それとも医療機関に相談をした方が良いでしょうか?

A) 確かにコロナウイルスワクチン接種後に発熱の症状がみられる可能性はあります。一般的に1回目の接種よりも2回目の接種の方がその確率は高くなると言われています。ただワクチンによる発熱は接種後1〜2日以内に起きることが多いですが、熱があっても比較的お元気な状況であれば熱を下げなければいけないということはありません。水分を多めにとるようにしてお身体を休めていただければ良いと思います。
 もし発熱にともなって全身倦怠感が強いなど日常生活に支障がでるような状況であれば、もちろん市販の鎮痛解熱剤を使用していただいてもかまいません。またワクチンの副反応として比較的起きやすい症状としては発熱以外にも頭痛や関節痛などもありますが、市販薬で改善が得られない場合など、医療機関に相談しても何ら問題はありません。
 2日以上発熱が続いたり、ワクチン接種では起きないような咽頭痛や味覚障害・嗅覚障害などの症状がみられたりする場合には、新型コロナウイルス感染症を含む何らかの感染症が合併していたりする可能性もありますので、医療機関にご相談いただくことをお勧めいたします。


(2021年9月21日 中日新聞なごや東版「教えて!ドクター Q&A」掲載)

posted by けやき内科 at 05:00| 教えて ドクターQ & A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月19日

呼吸器専門医のWeb講演会に参加いたしました。

2021RespiratoryExpertMeetinginAichiblog.jpgけやき内科のブログをご覧いただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。
昨日9月18日に開催されました呼吸器専門医のWeb講演会「Respiratory Expert Meeting in Aichi」に参加いたしました。
今回の講演会では呼吸器内科医が日常診療でもっともよく担当する疾患である「気管支喘息」と「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」がテーマでした。一つ目の講演ではアスペルギルスやアルテルナリアなどの人の生活空間に存在するカビが「気管支喘息」の病態にどのように関わっているかを、藤田医科大学の桑原先生よりご講演いただきました。非常にわかりやすいご講演でかつ日常診療に有用な情報が多く、大変勉強になりました。
二つ目の講演では京都大学の佐藤先生より「COPD」の病態から診断・治療に到るまで、特に末梢気道における炎症や狭窄にフォーカスをあててお話いただきました。京都大学での先生の臨床研究や、最新のデータや考え方をご講演いただき大変勉強になりました。
「気管支喘息」と「COPD」はけやき内科でもあわせて2,000人以上の患者様が通院されており、今回の講演会に参加して得られた知見を早速これからの診療に活かしていきたいと思います。
これからもけやき内科をよろしくお願いいたします。


posted by けやき内科 at 16:20| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月08日

けやき内科での「新型コロナウイルスワクチン」の接種について(第十二報)

コロナウイルスワクチンblog.jpg「けやき内科」のブログをご覧いただき、ありがとうございます。
予定しておりました9月末までの予約枠が全てうまりましたので、10月以降の予約を本日より開始いたします。対象は名古屋市内在住の接種券をすでに受け取っている方で、「けやき内科」に通院されていない方でもご予約いただくことが可能です。
また予約をご希望の方が最近増加していることに伴い、診療時間内に予約手続きをすることが困難となってまいりましたため、本日より予約受付は12時から12時半の間に行うこととさせていただきます。お仕事をされてみえます方もお昼休みを利用してご来院いただければと思います。ただし10歳台の学生のかたにつきましては来院が困難と思われますので、土曜日の13時から13時半の時間帯に受付させていただきます。(予約受付時間内に来られた方に整理券を配布しますのでよろしくお願いします。)
またお電話での問い合わせが大変多く、現状診療の妨げとなっており、お電話での予約もできませんのでワクチン接種についてのお電話は控えていただくようお願いいたします。


1) 予約対象

名古屋市在住の方ですでに接種券を受け取っている方

2) 予約方法

来院いただき受付にて予約(電話での予約不可)

3) 予約受付可能時間

一般の方:平日12時から12時30分の間に来院いただいて予約
10歳台の学生の方:土曜の13時から13時30分の間に来院いただいて予約(保護者同伴要)


4) 予約に必要なもの

・予診票・シール接種券(名古屋市から配布されたもの)
・「けやき内科」の診察券(受診歴のない方は新規発行します)
・身分証(健康保険証や免許証など)学生の方は学生証
・くすり手帳



予約にあたり、必ず下記の注意点にご理解いただきますようお願いします。

・当日の書類不備を予防するため、ご予約の時点で書類の一部(シール接種券等)は「けやき内科」でお預かりし予防接種当日まで保管いたします。
・何らかの疾患で他院に通院中の方は事前に担当医に相談の上、来院いただきますようお願い致します。「くすり手帳」も確認しますが、担当医の確認ができていないと予約をお断りする場合があります。
・「けやき内科」に受診歴のない方は、ID(診察券)の発行が必要です(無料)。したがってかかりつけの方に比べて手続きに時間がかかることが予想されますので、あらかじめご了承ください。
接種日は指定できません。ワクチンの納入状況や「けやき内科」での接種可能人数により、こちらの指定した日に接種していただくことになります。また1回目のおよそ3週間後に2回目の接種になります。(1回目と2回目の同時予約です。)
・接種日は万が一副反応でアナフィラキシー等が起きた場合の対応可能状況を考え、13:30〜15:30に接種することになります。診察と同時に接種することはできません。
予約いただいた場合はキャンセルできません。体調不良等の場合には予約変更となります。集団接種や他医療機関とかけもちで予約しないようご注意ください。
・やむを得ない理由でご本人以外の方が予約に来られる場合は、本人記入の委任状および代理人(ご家族など)の方の身分証の提示が必要です。
「予診票」については、接種当日に記録が必要な部分(当日の体温や当日の体調等)以外についてはできる限り記入した状況で持参してください。予診票に不備があった場合(例えば住所の記載がない、現在の治療についてなどの部分に記載がない等)は、予約をお断りする場合があります。

以上、よろしくお願い致します。
また今後国の定める予防接種対象者の変更やワクチンの納入状況、「けやき内科」の診療状況により、予約方法・接種日などは随時変更いたします。適宜ホームページ、ブログ、院内掲示などでお知らせいたしますので、ご確認いただきますようお願い致します。

今後とも「けやき内科」をよろしくお願い致します。
posted by けやき内科 at 06:00| 新型コロナウイルス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月06日

けやき内科での「新型コロナウイルスワクチン」の接種について(第十一報)

コロナウイルスワクチンblog.jpg「けやき内科」のブログをご覧いただき、ありがとうございます。
新型コロナワクチンの予約枠もほぼ埋まってきましたが、名古屋市より「若い方のワクチン接種推進のため、10歳台の方を対象としたワクチンを追加配給する」と通知をいただきました。

この通知に基づき、しばらくは10歳台の方を優先してワクチン予約を行います。予約枠の調整の都合もありますため、ご希望の方はまずはお電話にて問い合わせいただきますようお願いいたします。また日程につきましてはご希望にそえない可能性もありますため、あらかじめご了承ください。

今後とも「けやき内科」をよろしくお願いいたします。


posted by けやき内科 at 07:00| 新型コロナウイルス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月02日

「気管支喘息」のWebセミナーで講演させていただきました。

重症喘息Webセミナー2021blog.jpgけやき内科のブログをご覧いただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

昨日開催されました「重症喘息Webセミナー」に参加いたしました。
今回は私自身が「コロナ禍における重症喘息治療戦略」というタイトルで講演させていただきました。

気管支喘息は慢性の気道炎症により引き起こされる「咳」「息苦しさ」「喘鳴」などの症状が起きうる呼吸器疾患ですが、症状のみを基準に受診・治療を行っていくと経年的な呼吸機能の低下や重症化につながるリスクがあります。一般に患者様は症状を目安にして病状を判断しがちですが、喘息の病状評価のため呼吸機能検査・FeNO測定・気道抵抗測定などを実施すると予想以上に強いアレルギー反応が起きていたり顕著な気道狭窄所見が見られたりする場合もあります。結果として症状を基準に治療をすすめた場合、十分な治療効果が得られない場合があるのです。
一方コロナ禍においては喘息の病状評価に必要な検査も十分な感染対策をとって行う必要があるとともに、重症喘息についてはできる限り感染リスクを下げられるように治療管理を行っていく必要があります。喘息増悪時には全身ステロイド投与を要する場合もあるのですが、感染リスクの上昇につながる場合もあることから、増悪を起こさないようにいかに治療管理するかというのが重要となってきます。現在も年間1,000人以上の方が「喘息死」されており、命に関わる状況を回避することが重要なのです。

今回の講演会では私自身が喘息専門医として診療をおこなう中で、どのような観点で治療計画・薬剤選択を行っているかということを中心に講演させていただきました。複数の質問もいただきましたが、Web上ではありますが他医療機関の先生方と情報交換する貴重な機会ともなりました。

今後ともけやき内科をよろしくお願いいたします。

posted by けやき内科 at 06:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする