2022年09月21日

Q「70代の父は10年前まで喫煙していました・・・」

教えてドクター2.jpgQ) 70代の父は10年前まで喫煙していました。基礎疾患はないのですが、やはり喫煙経験者だと肺の病気や新型コロナウイルスなどかかりやすいのでしょうか。高齢者なので心配です。

A) 60才代まで喫煙されていたということですと、30年以上喫煙歴があるということでしょうか。特に基礎疾患はないとのことですが、COPD(慢性閉塞性肺疾患)が潜在している可能性はあるかと思います。COPDは自覚症状が乏しいまま進行することも少なくなく、胸部レントゲンでの健康診断では指摘されにくく、胸部CTによる肺気腫の確認や呼吸機能検査による機能障害の有無を確認しないと確実には診断できません。一方で呼吸機能検査は強制呼気を検査手技に必要とするため、コロナ禍となってからは感染リスクの観点から人間ドックでも実施されない事が多くなり、結果としてCOPDの見落としにつながっている可能性もあります。また高齢であることやCOPDの存在は新型コロナ感染におけるリスクと言われていますが、「かかりやすい」というわけではなく「重症化しやすい」とご理解ください。
 いずれにしても感染しないように配慮する事が重要であり、喫煙歴や年齢を考えるとワクチン接種や手洗い・マスク・密の回避などの感染対策を継続することが必要です。万が一発熱などの感染を疑う症状がみられた場合には、早めに指定医療機関にて検査を受けることをお勧めいたします。



(2022年9月21日 中日新聞市民版「教えて!ドクター Q&A」掲載)

posted by けやき内科 at 05:00| 教えて ドクターQ & A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月10日

Q「夜、ベッドに入って寝始めに咳が止まらなくなり・・・」

教えてドクター2.jpgQ) 夜、ベッドに入って寝始めに咳が止まらなくなり、なかなか寝られません。喘息なのでしょうか。

A) 確かにご心配されているとおり、喘息の可能性は十分あります。喘息の症状は夜間から明け方に悪化しやすいことが知られており、「夜間の咳」で受診されて精密検査の結果「気管支喘息」と診断されることは珍しくありません。
 しかしながら咳以外の症状を伴っている場合には、疑われる疾患の幅が広がってきます。例えば「胸焼け」を日頃から感じているような方であれば、「逆流性食道炎」の可能性があります。胃液が食道に逆流することに伴って、それが刺激となって咳が出るため、寝た姿勢になることにより逆流しやすい状況になり咳がでるのです。また鼻水が喉の奥にたれこんでくる「後鼻漏」の自覚がある方ですと「副鼻腔炎」の可能性があります。寝た姿勢になることで「後鼻漏」が多くなり咳が出やすくなります。また横になってしばらくしてから咳とともに「息苦しさ」を自覚されるような状況ですと「心不全」の可能性があります。その場合上半身を起こすことで咳が軽くなったり息苦しさが軽減されたりするのも特徴です。もともと高血圧の治療をされている方や、心筋梗塞などの心疾患の既往がある方ですと、より可能性は高くなります。一度内科を受診して精密検査を受けることをお勧めいたします。



(2022年8月10日 中日新聞市民版「教えて!ドクター Q&A」掲載)


posted by けやき内科 at 05:00| 教えて ドクターQ & A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月19日

Q「先月新型コロナウイルス感染症になり・・・」

教えてドクター2.jpgQ) 先月新型コロナウイルス感染症になりました。熱は2日で下がり入院もせず自宅療養で隔離解除にもなったのですが、咳だけが残ってもう一ヶ月くらい続いています。これがコロナの後遺症でしょうか、だとすればいつ良くなるのでしょうか。

A) 新型コロナ感染症後の長引く咳が、本当に後遺症なのかどうかをまず判断する必要があります。コロナに感染して入院対象とならなかった方でも、咳が続くということでレントゲンを撮ると肺炎の痕が残っている場合があります。この場合は後遺症の可能性があり、いつまで症状が残るかについては人によって差がありますので一概には言えません。
 一方でもともと診断されていなかった呼吸器疾患があり、コロナ感染を引き金として症状が顕在化し咳が持続している可能性もあります。例えば、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー素因があり風邪をひくと咳が長引くような経験があった方ですと「気管支喘息」の症状として咳が出ている可能性がありますし、長期間喫煙歴があり運動時の息切れを以前から感じていたような方の場合は「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」の症状として咳が持続している可能性もあります。したがって喘息の方には喘息の治療を、COPDの方にはCOPDの治療をすることが、咳の改善につながります。これらの疾患があるかどうかを判断するためには、胸部レントゲン・CTほか、呼吸機能検査やFeNO測定などの検査が有用です。まずは呼吸器専門医を受診することをお勧めいたします。



(2022年7月19日 中日新聞市民版「教えて!ドクター Q&A」掲載)


posted by けやき内科 at 05:00| 教えて ドクターQ & A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月18日

Q「70代の父が誤嚥性肺炎を繰り返し・・・」

教えてドクター2.jpgQ) 70代の父が誤嚥性肺炎を繰り返し発症するようになりました。早めに発見してあげる方法や、予防法などあれば教えていただきたいです。

A) 人は食事をする際に、まず目で見たり匂いを嗅いだりして確認して、手を使って口に運び顎を動かして咀嚼し、唾液と混ぜながら食物を舌で喉の奥に運んで、「嚥下反射」という機能によって食道に運ばれます。この「嚥下反射」によって食物は気管に入らないように制御されているわけですが、このように食べ物を摂取する際には様々な機能が協調して成立してもいます。「誤嚥性肺炎」は食べ物が気管に誤って入ってしまうことにより起こる肺炎ですが、加齢とともに人は視覚・嗅覚は衰え、手の力や咬む力も衰えてきます。人によっては歯がなくなってきたりすることで咀嚼がうまくできなくなっている場合もあります。加えて「嚥下反射」も衰えてきますので、高齢者は「誤嚥性肺炎」のリスクはどんどん高くなってくるわけです。
 加齢によって起きてくる変化ですので、完全に防ぐことは困難ではありますが、予防には「口腔ケア」が重要と考えられています。「口腔ケア」とは歯ブラシなどで口腔内を清潔にして有害な細菌の活動を抑えることで、また口腔内を刺激することによる唾液分泌を活性化する効果もあります。「口腔ケア」以外にも顎・首・肩の体操やマッサージも有用と考えられています。早期発見はなかなか難しいですが、一緒に食事をして正しい姿勢で食事ができているか動作に何か問題はないか等、観察をするのも一つの方法かと思います。



(2022年5月18日 中日新聞なごや東版「教えて!ドクター Q&A」掲載)
posted by けやき内科 at 05:00| 教えて ドクターQ & A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月23日

Q「 毎年春のこのくらいの時期になると・・・」

教えてドクター2.jpgQ) 毎年春のこのくらいの時期になると、目のかゆみや、透明な鼻水がでたり、咳が止まらず困っていますが、花粉や黄砂などへのアレルギー症状なのでしょうか?

A) 「毎年同じ季節に症状がでる」というのは、アレルギー疾患を疑う第一の根拠になります。春のこのくらいの時期ですと「ヒノキ花粉」が最も疑わしいでしょうか。「目のかゆみ」「透明な鼻水」というのはいわゆる「花粉症」の代表的な症状ですので、おっしゃる症状からは「ヒノキ花粉」による「花粉症」が最も考えられます。ただご注意いただきたいのは「咳」の症状についてです。確かに「花粉症」でも咳が出ないとは言い切れませんが、「花粉症」の方のおよそ3割は「気管支喘息」が合併するとも言われており、咳の症状は「気管支喘息」によるものの可能性があります。「花粉症」の症状を契機に「気管支喘息」が悪化することは珍しいことではありません。
「花粉症」の治療が抗アレルギー剤の内服が中心になるのに対して、「気管支喘息」は吸入ステロイド薬・気管支拡張薬等の吸入が中心になり、治療方針が異なります。また「花粉症」と「気管支喘息」を合併している場合には、片方の治療のみしていては病状のコントロールができないことも多々あり、両方の治療を適切に並行して行うことでともに治療効果が発揮されます。確定診断および治療のため一度アレルギー専門医を受診することをお勧めいたします。



(2022年4月23日 中日新聞市民版「教えて!ドクター Q&A」掲載)

posted by けやき内科 at 05:00| 教えて ドクターQ & A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする