2020年07月23日

「連休」で「GO TO トラベル」

2020オリンピック開会だったはずの連休.jpg「けやき内科」のブログをご覧いただきありがとうございます!

本日から4連休ですね。(けやき内科は25日の土曜日は通常診療ですので4連休ではありませんが。)
この連休に合わせて昨日から「国内旅行の旅行代金の半分を行政が支援する」という「GO TO トラベル」事業が始まりました。
しかしながら東京での新型コロナ感染者数の増加を受けて、「東京発着を除く」という条件がつくことになりました。
一方東京以外の大阪や、けやき内科のある愛知県でも感染者数が増加しています。この様な状況で「GO TO トラベル」なんて言っていて大丈夫なのかな?と思われる方も多いと思います。

そこでご旅行される場合の注意点を何点かあげさせていただきたく思います。

1. 「3蜜」とならない様に注意しましょう。
「旅行」=「コロナ感染リスク」というわけでは決してありません。基本的に「人から人への感染」なのですから、人と接する機会が増えるほどリスクが高まるとは言えますが、「人との接触機会をできる限り減らす」様にすれば感染リスクが高くなるのを防げることになります。
例えば移動手段を多くの人と共に利用する公共交通機関ではなく、普段から接する家族だけで車を利用する様にする、旅行先で人の多い屋内のイベントに参加するのではなく、人との距離がとれる屋外で過ごす様にする、食事は外食をするのではなくホテルや旅館の泊まる部屋で食べる様にする、などが考えられます。

2. 少しでも体調を崩したら旅行をとりやめましょう。
 旅行に出かけたけれども、少し熱っぽい、風邪をひいたかな、と思う様なことがあれば一刻も早く旅行を中止しましょう。
他の人と接することなくすぐに帰宅できればベストですが、すぐに帰宅できない場合は体調が早く回復できるよう宿泊地で他の人と接しない様にして安静に過ごす様に心がけてください。体調が回復したら旅行を再開することなく帰宅して休みましょう。

3. 旅行から帰宅後に発熱などの症状がでた場合は・・・
 もともと持病もなく高齢者でもない場合は疲れからの一時的な症状かもしれないので、まずは自宅で休んで疲れをとりましょう。
ただ症状が軽くなかったり何日も続いたりする場合は病院を受診するべきですが、必ず旅行に出かけたことを伝える様にしてください。どこに旅行したか、旅行先でどういう行動をしたかも伝える様にしてください。そういった情報もコロナウイルス感染症を疑うかどうかの重要な根拠となります。

以上、注意してよい連休、よい旅行を過ごせるといいですね。

最後に、ご旅行に行かれる方は厚生労働省の「接触確認アプリ」を必ずインストールすることをお願いいたします!
ダウンロードは下のリンクからも可能です。何卒よろしくお願い申し上げます。


App Store からダウンロードのコピー.png

Google Play で手に入れようのコピー.png


posted by けやき内科 at 05:00| 新型コロナウイルス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月27日

「接触確認アプリ」インストールしていますか?

接触確認アプリ.jpg

「けやき内科」のブログをご覧いただき、ありがとうございます!

1週間前の6月19日に厚生労働省からリリースされた「接触確認アプリ」、みなさんインストールされましたでしょうか?
このアプリはプライバシーを確保しながらも、コロナウイルス陽性の人との接触があったかどうかの通知を受けることができます。
アプリの利用者は、感染症の陽性者と接触した可能性が分かることで、症状などに応じて、検査の受診など保健所のサポートを早く受けることができるとのこと。その一方で「どこで、いつ、誰と接したか」まではお互いわからないようになっており、個人情報が漏洩しないよう確保されているとのことです。

このアプリはうまく利用すれば感染拡大を防ぐのに役に立ちますが、より多くの方がインストールしていないと意味がありません。
みなで協力してなんとかこの「コロナの時代」を乗り切れるよう頑張っていきましょう。

厚生労働省ではこのアプリに関するQ&Aも公開していますのでご参照ください。
インストールは下記のリンクから可能です!


App Store からダウンロードのコピー.png

Google Play で手に入れようのコピー.png


posted by けやき内科 at 05:00| 新型コロナウイルス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月30日

「N95マスク」と「スキンケア用品セット」を寄贈いただきました!

N95 from 十六銀行.jpgスキンケア製品 from オルビス.jpg「けやき内科」のブログをご覧いただきありがとうございます!
「N95マスク」を「十六銀行」様、「スキンケア用品セット」を「株式会社オルビス」様より寄贈いただきました!

「N95マスク」は通常市販されているマスクより密閉性に優れており、我々医療従事者が細菌やウイルスから身を守るために使用するものです。これまでは空気感染が起きる結核を疑う方の診察の際に使用されてきましたが、今回拡大している新型コロナウイルスの感染を防ぐ際にも使用されることが多くなり、需要が増加したため大変入手しにくい状況となっていました。

一方現在のコロナウイルスの感染拡大の中、アルコールを使用した手指消毒を頻回に行うことで医療従事者の「手あれ」も実は問題となっています。手あれが起きてしまうと痛みから手指消毒をきちんと実施できなくなったり、傷口などから細菌感染を起こしてしまう可能性もゼロではありません。「スキンケア」は医療従事者にとって大切なことであり、今回「株式会社オルビス」様からは「ハンドクリーム」や「化粧水」などの大量のスキンケア用品をいただきましたが、我々にとっては大変重宝するものであることは間違いありません。

このように医療業界以外の方からお心遣いいただけることに、大変感謝しております。
今後も地域医療に貢献できるよう、一医療機関として積極的に取り組んでいきたいと思います。

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします。



posted by けやき内科 at 05:00| 新型コロナウイルス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

「ジャパンハート」のご紹介

japan_heart_01w.jpg

「けやき内科」のブログをご覧いただきありがとうございます。本日は「ジャパンハート」をご紹介いたします。

「ジャパンハート」は国内や海外を問わず「医療の届かないところに医療を届ける」ことをミッションとする、日本の特定非営利活動法人です。ミャンマーやカンボジアなどにおける医療活動や、日本国内では僻地や離島における医療者不足地域における人材支援など、幅広い医療支援活動をおこなっています。

今回新型コロナウイルスの感染拡大に伴って4月に「#マスクを医療従事者に」というクラウドファンディングが行われましたが、このプロジェクトは「ジャパンハート」の運営によるものでした。
Webページを見ていただければわかると思いますが、このプロジェクトの物資配布先は第一種感染症指定医療機関などのコロナウイルス感染症の診療をおこなっている医療機関が対象となっております。

しかしながら感染症指定医療機関以外の病院や診療所を含め、全ての医療機関においてマスク不足は深刻な状況だったと言ってよかったと思います。「けやき内科」も一時期「マスクの在庫があと1週間分ほどしかない」という深刻なマスク不足の状況に陥ったことがありました。
八方手を尽くしてマスクを集めておりましたが、そんな中このプロジェクトの存在を知り「感染症指定医療機関ではない一診療所であってもマスク不足の窮状に陥っている」現状をお伝えし支援をお願いしていたのです。
結果「ジャパンハート」より無事マスク支援をいただくことができ、徐々にマスク不足が解消されてきたこともあって窮状を乗り越えることができました。

今回の「ジャパンハート」のご支援には大変感謝しております。「ジャパンハート」のこれからの活動のご発展を祈念いたします。


さて「緊急事態宣言」が解除されたこともあって、街は少し活気を取り戻したように思われます。「けやき内科」のある名古屋市内でも明らかに交通量が増加し、出歩いている人の数も増えているようです。
しかしながら「自粛の緩み」が感染拡大の「再燃」「第二波」に繋がることは間違いないと考えられています。現在政府からも様々な感染対策を取り入れた「新しい生活様式」の提言がされていますが、診療所における診療の方法も「新しい様式」を考えていくべきかと思います。現状は「けやき内科」では現在おこなっている感染対策を継続する予定ですが、状況をみつつ様式は変更していこうと思います。引き続きご協力のほどよろしくお願いいたします。

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします。



posted by けやき内科 at 05:00| 新型コロナウイルス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月26日

「けやき内科」を受診される方へ

待合室2020.jpg

「けやき内科」のブログをご覧いただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。
新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、「けやき内科」では感染対策の一環として受診される患者様に現在様々なことをお願いしております。
あくまで一時的な措置ではありますが、当面の間は継続する予定ですのでご理解のほどお願い申し上げます。

1. 受付開始前に来院される方は、入り口前に行列を作ることなく車内やベンチなどでお待ちください。

受付開始前には、入り口に来院された方のお名前を記入いただく版を置いております。そちらにご記名いただいた後は、以前のように行列を作られると「密集」となってしまいますので、それぞれ車内でお待ちください。徒歩や公共交通機関でおみえになった方は、入り口横かけやきの木の下にありますベンチでお待ちください。受付が開始されましたら一度受付で手続き後、クリニック内で待機いただく方と車内でお待ちいただく方、それぞれ案内いたしますので指示にしたがって頂きますようお願いいたします。

2. 受付カウンターではビニールカーテン越しに対応させていただきます。(写真左)

全てのスタッフはマスク・ゴーグルなどの防護具を装着して対応していますが、受付では直接飛沫を防止する目的で透明なビニールカーテンを設置しています。下の部分には5cm程度の隙間がありますので、保険証や診察券などの書類はこちらの隙間からやり取りをさせていただきます。

3. 咳や発熱の有無にかかわらず全ての患者様にマスクの装着をお願いしています。

現在コロナウイルスの感染リスクは「発症2日前から」と定義されています。したがって無症状の方でも感染リスクはあると考えられますため、来院される全ての方にマスクを装着いただいています。

4. 付き添いの方は院外(駐車場車内)でお待ちください。

18歳未満の患者様の付き添いなどをのぞき、原則付き添いの方は院外でお待ちいただきます。院内での「密集」を防ぐための対策ですのでご理解ください。また受診しない小さなお子さんを連れての受診もお控えください。

5. 「中待合室」では指定された番号の書かれた席でお待ちください。(写真右)

診察やレントゲン・CTなどの検査をお待ちいただくのは中待合となりますが、ソーシャルディスタンスを保てるように一部のシートは利用不可として、利用いただけるシートに番号がふられています。スタッフが「何番のお席でお待ちください。」と指定いたしますので、指定されたシート以外の場所への移動はしないでください。

6. 雑誌やコミック、新聞は現在ご利用できなくなっています。

不特定多数の方が触れる可能性のある雑誌やコミック、新聞のご利用は間接的接触による感染を防ぐため中止しています。フリーWi-Fiはこれまで通りご利用いただけますので、ご自身のスマホやタブレットを使用される場合はご利用ください。
またウォーターサーバーもご利用いただけますが、紙コップのホルダーは撤去しています。必要な場合はスタッフまでお声かけください。

7. 窓を解放して常に院内を換気しています。

待合室、予診室、処置室、第二診察室、検査室にある窓は基本常時解放して換気しています。「密閉」となるのを避けるためですので、寒く感じる場合もあると思いますがご理解ください。気温の低い日はあらかじめ上に羽織るものをご準備して来院いただきますようお願いします。
なおレントゲン室・CT室に窓はありませんが、換気システムにより24時間強制換気をおこなっています。

8. 「診察することなく処方箋のみの発行」はおこなっていません。

「人と接したくないから」「テレビで言っていたから」と診察を受けることなく処方箋の発行のみを希望される方がみえますが、現在厚生労働省は「電話などの通信機器を用いて医師が診察をおこない、病状の判断が可能とされた場合にのみ処方箋を調剤薬局にFAX等で送付する」という行為は認めていますが、それでも対面でないにしても診察は必要とされています。したがって現時点でも「無診療投薬」が認可されたわけではないのです。また「けやき内科」では現在「オンライン診療」はおこなっておりません。

9. 「不安だから」という理由だけで検査・処置・処方はいたしません。

これまでに下記のような問い合わせ、ご要望がありましたが、全てお断りしています
「新型肺炎だと困るのでレントゲン(あるいはCT)を撮ってほしい。」
 → 医学的に必要だと判断した場合にしか実施いたしません。そもそもレントゲンやCTで異常がなかったとしても、コロナウイルスの感染は否定できません。
「新型肺炎の予防のためにBCGを接種してほしい。」
 → 確かにBCG接種の有効性を確認するための研究が実施されていますが、現時点で医学的に立証されていません。そもそも適用外使用ですので実施いたしません。
「新型肺炎になると怖いのでオルベスコを処方してほしい。」
 → 現在オルベスコの臨床試験が実施されており、有効性を示すデータが報告されているのももちろん知っていますが、保険適用上は気管支喘息の治療薬ですので、気管支喘息と診断され同薬剤の有効性が期待される患者様にしか処方いたしません。
「新型肺炎になった時にイブプロフェンはよくないと聞いたので、アセトアミノフェンを処方してほしい。」
 → 一時、「イブプロフェンをはじめとするNSAIDsに分類される鎮痛解熱剤の使用が新型コロナウイルス感染時に悪化のリスクとなるため、解熱剤にはアセトアミノフェンを使用した方が良い」という報告がされましたが、現在医学的根拠がないとしてWHOはその意見を撤回する立場をとっています。そもそも「なった時に備えて」の処方は保険診療上禁止されています。

また多くの方が上記のような要望をされて病院を受診されてしまうと、その行為そのものが「医療崩壊」につながるとお考えください。
今回我々は未曾有の緊急事態に陥っていることは間違いありませんが、「正しく理解」して「冷静に対処」するべきです。
日々の報道を見ていると不安な気持ちにかられるのも理解できなくはないですが、不用意な行動がかえって感染拡大につながる場合もあるのです。


以上、ご理解いただき来院いただければと思いますので、よろしくお願いいたします。
これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします。



posted by けやき内科 at 15:00| 新型コロナウイルス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする