2019年09月08日

「第87回 東海呼吸器感染症研究会」に参加してまいりました。

第87回東海呼吸器感染症研究会.jpgけやき内科のブログをごらんいただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

名古屋で開催されました「第87回 東海呼吸器感染症研究会」に参加してまいりました。この会は年に2回定期的に開催されるもので、東海地域で「肺炎」などの呼吸器感染症の研究・診療に積極的な医療機関の医師が参加し、毎回活発な議論が行われ非常に活気があります。今回は「肺炎」や「菌血症」などの感染症の中でも特に「耐性菌」の出現等によって治療に難渋した各施設からの症例報告ののち、「新規抗菌薬の開発の現場と課題」というテーマで大学病院の先生の特別講演を拝聴いたしました。
けやき内科でも日常診療の中で多くの感染症の患者様の診断と治療を行なっておりますが、診療所レベルでは対応できない重症の方となると総合病院に紹介という形で治療をお願いすることとなります。今回各施設から提示されていた症例報告はいずれも診療所レベルでは治療することができない重症の方に該当し、私自身が現実にそのような方の治療に当たることないとはいえ、実際各施設がどのように治療に取り組んでいるかというのを知るのには大変よい機会となります。また特別講演では現在まだ日本では使用できない新規の抗菌剤も含めて、様々な抗菌剤の情報をお伺いすることができましたが、そのような知見を得られることも今後の診療に役立てられる一情報であることは間違いありません。
今回の研究会で各施設の取り組みを垣間見て大変励みになったことも間違いなく、得られた見識をこれからの診療にも役立てていきたいと思います。

これからもけやき内科をよろしくお願いいたします。


posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月01日

「気管支喘息」と「COPD」の講演会に参加してまいりました。

2019久米先生講演会.jpgけやき内科のブログをご覧いただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

名古屋で開催されました「気管支喘息」と「COPD」の講演会に参加してまいりました。ご講演いただいたのはこの領域の診療・研究において第一人者であられる久米裕昭先生です。久米先生は以前名古屋大学医学部付属病院の呼吸器内科で教官として勤務しておられたことがあり、私も医局員時代には先生から多くのご指導をいただき大変お世話になりました。現在は大阪の病院で診療されているということでしたが、今回の講演では「気管支喘息」と「COPD」における最新の知見から、ご自身の研究や実際に診療で経験された症例をご提示いただくなど、大変内容の濃いご講演で非常に勉強になりました。またご講演されながらも先生の診療や研究に対してのスタンスを語られる場面があり、中でも「色々な論文や研究の結果としてそれが統計的な数字として意味があるものだとしても、実際の診療においてどういう意味を持つのかは臨床医として考えなければならない。」というお言葉は非常に感銘を受けました。このお言葉は20年近く前に名古屋大学でご指導いただいていた時にもおっしゃられていた記憶があります。先生の研究者・臨床医としての変わらぬ姿勢は、自分も見習わなければいけないとあらためて感じました。

これからも地域における一専門医として担うべき役割を果たせますよう努力していきたいと思います。
これからもけやき内科をよろしくお願いいたします。


posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

「かかりつけ医研修会」に参加してまいりました。

2019かかりつけ医講習会.jpgけやき内科のブログをご覧いただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。
週末を利用して「かかりつけ医研修会」に参加してまいりました。
この研修会は日本医師会により開催されるもので、各地域で「かかりつけ医」としての役割をになう全国の診療所の医師が参加します。「かかりつけ医」として重要視される3大生活習慣病である「糖尿病」「脂質異常症(高コレステロール血症)」「高血圧症」、多くの疾患治療や健康管理の上で重要な「禁煙指導」「健康相談」「服薬管理」、高齢化社会において必要な知識である「認知症」「在宅医療」「介護保険」、計9つをテーマとした講演を拝聴いたしました。講演は東京の日本医師会館で各領域の第一人者の先生がされましたが、今回も全国各地の医師会でライブ中継され日本全国の多くの医師が参加されたとのことでした。
私自身は呼吸器専門医として呼吸器疾患の専門的診療にあたりながら、すでに地域の「かかりつけ医」としての役割も当然担っておりますため、各講演の内容としては日常診療において重要なテーマばかりでしたが、これまでの情報が整理され新たな考え方に気づかされる部分もあり勉強になりました。今回の研修会で得られた見解を早速今後の診療に活かしていきたいと思います。
これからもけやき内科をよろしくお願いいたします。

posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月25日

けやき内科が参加した臨床研究の結果が「Allergology International」に論文掲載されました。

OSQAR論文.jpg

けやき内科のブログをご覧いただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

けやき内科が参加いたしました臨床研究の結果が、「Allergology International」に論文掲載されました。(現時点ではArticle in Pressの状況ですが、Web上で全文を閲覧いただくことが可能です。)著者は東京の複十字病院院長の大田健先生です。今回の研究は「気管支喘息」に「アレルギー性鼻炎」を合併した患者様を対象にし、一年間の追跡調査を行なって気管支喘息の増悪の要因となる因子をQOLの評価を含めて解析したものです。日本全国で気管支喘息の診療を専門的に行っている複数の医療機関で実施され、けやき内科も一専門施設として参加し多くの患者様にご協力いただきました。
アレルギー性鼻炎は気管支喘息の患者様に合併することが多く、けやき内科でも喘息治療と合わせて治療を受けてみえる患者様はたくさんおみえです。鼻炎症状のコントロールが不十分だと喘息のコントロールが十分できないという事は日常診療でよく経験する事ですが、今回の臨床研究からもひどい鼻炎症状は気管支喘息の増悪の一因となることが確認できました。適切な鼻炎治療は喘息の治療管理において重要と考えられ、このような医学的な根拠に基づいた診療が重要であるとあらためて実感いたしました。
また医学の発展にはこのような臨床研究が欠かせないものでありますが、なによりも研究への参加にご同意いただいた患者様あってのものであることは間違いありません。今回の研究にご参加いただいた患者様にこの場をかりて厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

今後も医療レベルの向上をめざし、何事にも積極的にとりくんでいきたいと思います。
これからもけやき内科をよろしくお願い申しあげます。


posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月01日

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の講演会に参加してまいりました。

テリルジー記念講演会2019.jpg

けやき内科のブログをご覧いただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

京都で開催されました「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」の講演会に参加してまいりました。今回の講演会は新規薬剤の発売を記念して企画された講演会で、日本全国からCOPDの診療を積極的に行っている病院・診療所の医師が参加しておりました。
COPDは喫煙を主な原因とし、「せき」「たん」「息切れ」といった呼吸器症状を主とする慢性の呼吸器疾患ですが、症状が軽微なままに経過したり患者様自身が気づかないまま過ごしてしまい、結果として病院で診断された時にはすでにかなり進行している場合もあります。現在日本全国でCOPDの治療を受けている方は30万人ほどと言われていますが、一方で実際にはおよそ650万人のCOPDの方が潜在しているとも言われています。
今回の新規薬剤はこれまでに使用できた薬剤を組み合わせて一つにしたものですので、成分としては新しいものではありませんが一つになったことで使いやすさや利便性のメリットが大きく出てくるものです。加えて臨床的効果も上がると言われていますが、その一方で薬剤の特徴をきちんと把握してデメリットもきちんと理解した上で薬剤選択をしないと、結果的にはメリットが発揮されない可能性もあると考えられます。今回の講演会でもCOPDの病態をきちんと把握した上で、この薬剤を使用した時にどのような効果が期待できるか、逆にどのようなリスクがあるかということも含め、日本でCOPD領域の第一人者の先生方の講演を拝聴いたしました。
今回の講演会に参加して、地域における呼吸器専門医の役割を担うべく今後も積極的にCOPDの診療に取り組んでいこうと感じました。
これからもけやき内科をよろしくお願いいたします。
posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする