2020年02月02日

講演会「吸入治療フォーラム」に参加してまいりました。

2020吸入治療フォーラム.jpg

けやき内科のブログをご覧いただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

神戸で開催されました講演会「吸入治療フォーラム」に参加してまいりました。
「吸入治療」は呼吸器疾患領域において重要な役割を担う治療であり、特にアレルギー性疾患である「気管支喘息」、慢性進行性疾患である「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」、そしてその二つの合併である「ACO (Asthma-COPD Overlap)」、これらには欠かすことのできない治療です。
現在吸入治療においては「吸入ステロイド薬」「β刺激薬」「抗コリン薬」の3剤がその主軸であり、これらを単剤あるいは組み合わせた合剤を使用して治療を行いますが、様々な企画や組み合わせの薬剤が存在し「選択肢が増えている」というのがメリットとも言える一方で、かえって現場ではなかなか煩雑になっているのが現状でもあります。
今回の講演会では、吸入治療の第一人者である大学病院の先生方のご講演を拝聴し、過去の論文データや最新の知見に至るまで詳細な情報をお伺いすることができ大変勉強になりました。しかしながらその一方で、この領域はまだまだ未解決な部分もありさらなる研究や情報集積が必要であることも痛感いたしました。私自身は研究ではなく主に診療に携わる立場のものではありますが、研究論文などの最新情報に注意を払いつつ自分自身の考え方もしっかり持って取り組んでいかないといけないということを実感した講演会でした。
講演会後の懇親会では、呼吸器専門医として診療に取り組んでみえる他の先生方とお話しする時間を持つこともでき、大変有意義な時間を過ごすことができました。今回の講演会に参加して得られた知見を今後の診療に早速活かしていきたいと思います。

今後ともけやき内科をよろしくお願い申し上げます。


posted by けやき内科 at 17:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

「第88回 東海呼吸器感染症研究会」に参加してまいりました。

第88回 東海呼吸器感染症研究会.jpgけやき内科のブログをごらんいただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

名古屋で開催されました「第88回 東海呼吸器感染症研究会」に参加してまいりました。この会は年に2回定期的に開催されるもので、東海地域で「肺炎」などの呼吸器感染症の研究・診療に積極的な医療機関の医師が参加し、毎回活発な議論が行われ非常に活気があります。今回も症例報告と特別講演という二部形式でしたが、これまで病院からの症例報告は「症例発表」といういわゆる学会形式であったのに対し、今回から趣を変えて治療に難渋した症例の治療方針等を参加者で検討しながらすすめる、いわゆるディスカッション形式に変更となりました。また特別講演も大学病院の先生から臨床研究の意義やあり方についてご講演いただき、若手医師の教育にシフトした形での開催となりました。
各地域(診療圏)にいわゆる中核となる基幹病院がそれぞれ存在しますが、呼吸器内科を含め各科の医師の数や経験は当然異なり、また地域における患者層の年齢や対象疾患も地域差があるため、全ての病院で全く同じ治療が受けられるとは正直言えない部分があります。今回の東海呼吸器感染症研究会のような会の存在は、病院同士における診療の差の解消につながる部分と病院同士の連携や病診連携において一役担えるものと考えられます。私自身も診療所の医師の立場として参加して役立つ見識を得ることができました。
今回の研究会に参加して得られた見識をこれからの診療にも役立てていきたいと思います。

これからもけやき内科をよろしくお願いいたします。

posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月16日

「第6回 総合アレルギー講習会」に参加してまいりました。

第6回 総合アレルギー講習会.jpg

けやき内科のブログをごらんいただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

横浜で開催されました「第6回 総合アレルギー講習会」に参加してまいりました。この講習会は「日本アレルギー学会」が開催する全国的規模の講習会で、内科・小児科・耳鼻科・眼科・皮膚科などの従来の診療科の枠をこえて「アレルギー」の診療・研究に携わる多くの医師が日本全国から参加します。診療の都合上日曜1日のみの参加でしたが、寒い日ではありましたが天気も良く気持ちのいい1日でした。
今回は私が診療する機会の多い「気管支喘息」に関するご講演を中心に拝聴することができ、大変有意義な1日を過ごすことができました。新たな知見を得られたばかりではなく、これまでに理解していたことでも別の視点から考え直す機会ともなり、良い刺激となりました。
今回の講演会で得られたものを早速これからの診療に活かしていきたいと思います。
これからもけやき内科をよろしくお願いいたします。

posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月12日

「呼吸器疾患 地域連携講演会」に参加してまいりました。

呼吸器疾患地域連携講演会2019.jpgけやき内科のブログをご覧いただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

名古屋で開催されました「呼吸器疾患 地域連携講演会」に参加してまいりました。今回の講演会は名古屋大学医学部附属病院の呼吸器内科学講座の先生方に、現在名古屋大学医学部附属病院ではどのような診療を行ってみえるかをご講演いただき、名古屋市内で内科・呼吸器内科として診療を行っている診療所の医師が参加して今後の医療連携をより円滑に行っていく事を目的として開催されました。
名古屋大学医学部附属病院の呼吸器内科では、喘息を主とする「アレルギー疾患」、肺炎などの「感染症」、悪性疾患である「肺癌」、難治性疾患である「間質性肺炎」など、呼吸器内科疾患の中でも様々な領域が存在する中で、それぞれの分野の診療・研究を専門的に実践される先生がおみえになり全ての領域で高度な医療が実践できるようなシステムを構築されているとのこと。今回の講演会では病院助教の岡地祥太郎先生に「気管支鏡検査」について、助教の進藤有一郎先生に「肺炎・気管支炎」についてのご講演をいただき、岡地先生のご講演では私が座長を務めさせていただきました。
「気管支鏡検査」を行っている診療所は滅多になく、けやき内科でも行っていない検査ですが、呼吸器疾患の中でも特に「肺癌」の診断においては非常に重要な検査であり、どのような患者様が検査の対象となるかを見極め名古屋大学のような高次医療機関に紹介を必要とするかの判断は診療所の医師にも必要とされます。そのためには現在実際に気管支鏡をどのように行っているかを知ることは非常に重要であり、患者様に説明をする上でもより役立てられます。一方で「肺炎・気管支炎」については重症例は入院が必要となるため入院施設のある病院に紹介することになりますが、外来通院可能な場合は診療所でも治療を行うことが多い疾患であり、その上で現在のガイドラインの考え方を含め最新の情報を得ることは日常診療において非常に有用であることは間違いありません。
今回の講演会ではまさに第一線で活躍されてみえる先生方のご講演をお伺いして、大変役立つ情報が得られ有意義な時間を過ごすことができました。早速今後の診療に活かしていきたいと思います。

これからもけやき内科をよろしくお願いいたします。


posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

「気管支喘息」と「COPD」の講演会に参加してまいりました。

2019GSK福岡講演会.jpg

けやき内科のブログをご覧いただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

福岡で開催された「気管支喘息」と「COPD」の講演会に参加してまいりました。
私は呼吸器内科を専門としていますため多くの「気管支喘息」と「COPD」の患者様の診療をさせていただいております。したがって「他の病院に通院していても良くならない」「今の治療でいいのか心配だ」という方も時にお見えになります。そのような場合、専門的な立場で判断させていただくと治療が不十分であったり、場合によっては診断が異なっていたりする場合もゼロではありません。非専門の医療機関では検査の実施が困難な場合もあり、なかなか限界があるであろうことを常日頃から感じております。(これは逆も真であり、私にとっての呼吸器内科以外の分野においての診療における戒めともなっています。)現在様々な分野で過去のデータを基にした「ガイドライン」が存在することも事実であり、専門医の立場としてはそういったガイドラインを遵守しつつも自身の経験も礎として診療を実践しています。自身としてはこのスタイルは間違っていないと考えており、まただからこそ地域医療において「呼吸器専門医」としての役割をになっていけるのではないかと思う次第です。
今回の講演会に参加して、日常診療においてどのような姿勢で臨むかということを色々考える機会となりました。

これからもけやき内科をよろしくお願いいたします。


posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする