2021年07月11日

臨床化学分析装置「富士ドライケムNX700」を導入いたしました。

ドライケムNX700blog.jpg「けやき内科」のブログをご覧いただき、ありがとうございます。
FUJIFILM社製臨床化学分析装置「富士ドライケムNX700」を導入いたしました。

「けやき内科」では、血液検査により「肝臓」「腎臓」の機能を検査したり、「生活習慣病」が疑われる際には血液中の「コレステロール」や「中性脂肪」「尿酸」などを測定したり、「肺炎」などの感染症が疑われる場合には「炎症反応」が起きていないかを測定したりと、様々な項目を検査しています。
血液検査の分析を「検査センター」などに委託して結果を報告書でもらうようにしている診療所も多くありますが、その場合結果が出るのに数日を要してしまうのが通常です。「けやき内科」では迅速な診断と適切な治療を実施するために、このような検査項目のうちの多くを院内で分析できるようにしています。(「腫瘍マーカー」などの一部の検査項目は「けやき内科」でも検査センターに委託しています。)
こういった院内での検査を可能にするのが、この「富士ドライケムNX700」です。最大30項目の分析を迅速に行い、血液採取からおよそ20分で検査結果を出すことが可能です。
今回開業時から使用していた「ドライケム7000」から更新しての導入となりました。「ドライケム」は「けやき内科」の診療を充実させる機器の一つであることは間違いありません。

今後も地域における充実した医療サービスが提供できますよう、積極的に取り組んでいきたいと思います。
これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします。


posted by けやき内科 at 15:00| けやき内科設備紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月02日

マルチスライスCTを更新いたしました。

CT室のコピー.jpg

「けやき内科」のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

マルチスライスCTを更新いたしました。
今回導入したCT撮影装置は「HTACHI社製 Supria Advance FR」です。これまでの機種に比べ、より低被曝でかつ高速な撮影が可能となりました。
またこれまでと同様、読影に関しては「セントメディカル・アソシエイツ」と連携して放射線科医が担当いたします。

「けやき内科」では地域におけるより医療サービスの提供を目指し積極的に取り組んでいます。
これからも「けやき内科」をよろしくお願い申し上げます。


posted by けやき内科 at 05:00| けやき内科設備紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

フリーWi-Fi サービスを開始いたしました!

けやき内科のフリーWifi.jpg


「けやき内科」のブログをご覧いただきありがとうございます!
NTTの提供するフリーWi-Fiサービス「Do Spot」のアクセスポイントを設置いたしました!
「けやき内科」でお待ちいただく間、お一人様1時間まで無料でWi-Fiをご利用いただくことができます。(利用にあたりメールアドレスの登録が必要です。)
利用方法はこちらをご覧ください。

またアプリをご利用いただくことにより、一度の登録で各地にある「Do Spot」のWi-Fi に簡単に接続できる様になります。もしよろしければ下記からダウンロードいただき、ご利用ください!
これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!


App Store からダウンロードのコピー.png

Google Play で手に入れようのコピー.png

posted by けやき内科 at 05:00| けやき内科設備紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

AED(自動体外式除細動器)を更新いたしました。

AED-3100.jpg「けやき内科」のブログをご覧いただき、ありがとうございます!

耐用年数の経過に伴いAED(自動体外式除細動器)を新型に更新いたしました!写真の「AED-3100」を、けやき内科入口のAED専用設置BOXに配置しております。(院内のみならず周辺の路上で必要となる可能性も想定して入口に設置しております。)
AED(自動体外式除細動器)とは、心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。
2004年7月より医療従事者ではない一般市民でも使用できるようになり、病院や診療所、救急車はもちろんのこと、空港、駅、スポーツクラブ、学校、公共施設、企業等人が多く集まるところを中心に設置されています。
AEDは、操作方法を音声でガイドしてくれるため、簡単に使用することができます。また、心臓の動き(心電図)を自動解析し、電気ショックが必要な方にのみ電気ショックを流す仕組みになっています。
けやき内科が開院してから幸い一度も使用することなく今回の更新を迎えましたが、「けやき内科には設置してある」と皆様に周知いただければいざという時に利用いただけるのではと思います。
これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!

posted by けやき内科 at 05:00| けやき内科設備紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

吸入薬の効果はしっかりでていますか?

インチェックダイヤル.jpg「けやき内科」のブログをご覧いただき、ありがとうございます!

「けやき内科」は院長が専門ということもあり、「気管支喘息」「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」といった呼吸器疾患の患者様がたくさん通院されておみえです。そのような呼吸器疾患でよく使用される薬剤が「吸入薬」です。「のむ薬」ではなくて「吸う薬」を主に用いるというのが呼吸器系の病気の特徴でもあるんですね。
とはいっても現在使用できる「吸入薬」は非常にたくさんの種類があり、また例えば同じ「気管支喘息」の患者様であっても性別や年齢も違えば病状もさまざまです。人によって「吸う力」も違うわけで、「吸う力」が弱いと吸入薬によってはうまく吸えず十分に効果が出ない場合もあるのです。よって様々な側面から「どの吸入薬を使用するのがベストか」ということを十分に検討する事が必要なわけですが、その患者様に吸入薬が適切かどうかの判断に「吸う力」の評価も重要となってくるわけですね。
そこで役に立つのが写真の吸気流速測定器「インチェックダイアル」です!
この「インチェックダイアル」は吸う「流速(スピード)」を測定する事ができます。ダイアルを回して抵抗値を変更することができ「ハンディヘラー」「タービュヘラー」「ブリーズヘラー」「エリプタ」「ジェヌエア」「ディスカス」など様々なデバイスの吸入時の抵抗を再現して十分に吸えるのかを判断する事が可能です。「はじめて使用する吸入薬はどれがよいか」、「今使っている吸入薬が十分に吸えているかどうか」がわかるわけですね。
「けやき内科」ではより専門的な医療サービスが提供できるよう、さまざまなことに取り組んでいます!
これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!


posted by けやき内科 at 05:00| けやき内科設備紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする