2010年03月22日

血液のなかの酸素と二酸化炭素をはかります。

GASTAT.jpg「けやき内科」のブログをごらんいただきありがとうございます!

今日は「けやき内科」の機器をひとつご紹介いたします!それは「血液ガス分析装置GASTAT600」。血液中の「酸素」と「二酸化炭素」の割合や「pH」をはかる機械です!

人間は「呼吸」をしていますよね。「呼吸」の役割は空気中の「酸素」をとりこんで、体内の「二酸化炭素」をはきだすことです。「呼吸」しているおかげで体内には必要な「酸素」がとりこまれて、不要な「二酸化炭素」がはきだされるわけですね。この機器は体内、つまり血液中の「酸素」がちゃんと足りているか、「二酸化炭素」がきちんとはきだされているかをみる機器なんです!

たばこが一因といわれる「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」や、難病の「肺線維症」など、おもい肺の病気にかかってしまうと、残念なことに「呼吸」がうまくできなくなり「酸素不足」の状況におちいってしまいます。また、ゆっくり進行することも多いため、患者さんご自身は慣れてしまって「自分が酸素不足になっていることに気づいていない」こともあります。この機器を使えば、患者さまの呼吸の状態がよりしっかりと把握できるわけですね!

「けやき内科」では、よりよい医療サービスが提供できますよう、さまざまなことに取り組んでいきます!これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!


posted by けやき内科 at 06:40| けやき内科設備紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

あっという間に結果がでます!

CELLTAC.jpg「けやき内科」のブログをごらんいただき、ありがとうございます!

今日は「けやき内科」の検査機器をひとつご紹介いたします。全自動血球計数器「セルタックα」です!
写真にうつっている青色の部分に血液をいれると、あっというまに血液中の「白血球」や「赤血球」「ヘモグロビン」、「血小板」などの数を計算してくれるんです!なんと3分もかかりません。

この検査器は、たとえば「発熱」で来院された患者さまに検査をおこなった場合、「白血球」の数値から「細菌性」なのか「ウイルス性」なのかの目安をつけることができます。また検診で「貧血」といわれ治療をご希望でこられた患者さまの、現在の「ヘモグロビン」を測定して治療計画をたてる参考にすることができます。なにより時間がかからないのが魅力ですね!

「けやき内科」では、地域の皆様によりよい医療サービスが提供できるよう、がんばっていきたいと思っています!これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!

(2016年6月に「セルタックα」は使用終了、後継として上位機種の「セルタックEs」を導入いたしました。)

posted by けやき内科 at 05:47| けやき内科設備紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

縁の下の力持ち?

Dri-Chem.jpg「けやき内科」のブログをごらんいただきありがとうございます!

今日は「けやき内科」の「縁の下の力持ち」といっていい、毎日毎日フル稼働でがんばっている機器を一つご紹介します。それは「臨床化学分析装置ドライケム7000」。

「臨床化学分析」なんていうと、難しくてわかりにくいですよね。この機会はいわゆる「血液検査」のうち、「腎機能」「肝機能」などの内臓のはたらきを測定したり、コレステロールや中性脂肪の測定など「脂質検査」をおこなうものなんです。

この「ドライケム」のおかげで、「けやき内科」では検査結果をその日のうちに確認することができます!治療方針をよりはやく決めることができるわけですね。

「けやき内科」は皆様の健康維持のため、できるかぎり貢献したいと考えております。これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!


posted by けやき内科 at 06:43| けやき内科設備紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

糖尿病の病状判断には、とても大事な検査です!

Vantage.jpg「けやき内科」のブログをごらんいただき、ありがとうございます!

「けやき内科」が特に力をいれて治療をおこなっております「生活習慣病」。今日はそのなかでも「糖尿病」の病状判断にかかせない機器をひとつご紹介いたします!

この機器は「HbA1c (ヘモグロビンエーワンシー) 測定器・DCAバンテージ」です。糖尿病の治療経過がよいかどうかを判断するのに「血糖値」とならんで重要な検査です。

HbA1cは測定日からさかのぼって1〜2ヶ月の血糖値を反映していると言われ、一般に血糖値がたかい状態がつづくとHbA1cも高い値となります。
「けやき内科」ではこの「DCAバンテージ」のおかげで、診察日にすぐに「血糖値」「HbA1c」の結果をみて治療方針の決定ができます!

「糖尿病」でこわいのは将来おきうる「合併症」です。「けやき内科」ではできるかぎり合併症がおきることのないよう、しっかりとした治療計画をたてるようにしています。気になる方は是非お気軽にご相談ください!
これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!


posted by けやき内科 at 18:40| けやき内科設備紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

最近いろいろなところでみかけますよね。

AED.jpg「けやき内科」のブログをごらんいただきありがとうございます!

今日は「けやき内科」の機器をひとつご紹介します。これは知っているかたもたくさんおみえになるのではないでしょうか?「自動体外式除細動器 AED」です。

医療関係者だけではなく、一般のかたでも救命救急講習をうけたかたなら使用法は知ってみえると思います。(2004年から一般のかたの使用が認められています。)2005年に開催された「愛・地球博」の会場で、意識をなくした方がこの「AED」で一命をとりとめたことは有名なはなしですよね。いまや「心肺蘇生」においては欠かせない機器といえると思います。最近は広く知られてきたせいか学校やホテル、空港や駅などさまざまな施設においてあるのをみかけます。

「けやき内科」は、地域に貢献できる病院づくりをめざしています!これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!


posted by けやき内科 at 07:09| けやき内科設備紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする