2024年02月20日

今日はアレルギーの日です。

2024花粉ピーク予想.jpg

「けやき内科」のブログをごらんいただき、ありがとうございます。
今日2月20日は「アレルギーの日」です。

アレルギーが体のなかでおこる際に重要な役割をはたす物質の一つに「IgE抗体」というものがあります。この「IgE抗体」を発見したのは日本人の医学者である石坂公成先生で、石坂先生がこの「IgE抗体」を発見・発表されたのが1966年2月20日なのです。日本アレルギー協会は1995年以降、2月20日を「アレルギーの日」、その前後1週間を「アレルギー週間」とさだめ全国の日本アレルギー協会支部で様々なアレルギーの啓発活動を行っています。

「けやき内科」のある名古屋では、まさにこれからアレルギー疾患の代表的なものである「花粉症」のピークを迎えようとしています。症状がひどくなってからの治療ではピーク時の症状をおさえることは困難といわれていますので、花粉の飛散がはじまっている今から「症状がでないよう」治療を開始するのがおすすめです。「スギ花粉症」と診断されている方は早めに受診されることをおすすめいたします。

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします。

posted by けやき内科 at 05:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月12日

花粉症シーズン到来!

スギ花粉2024-2.jpg


「けやき内科」のブログをごらんいただき、ありがとうございます!

日本気象協会によると今週から関東・九州では花粉飛散量が一気に増加し、本格的な花粉症シーズンに入ると予想されていますが、近いうちに名古屋も飛散量が増加してくると予想されています。「スギ花粉症」と診断されている方はそろそろ対策をする時期ですね。
「花粉症」は症状がではじめてから治療を開始したのでは効果がでるのに時間がかかり、特にピーク時の症状のコントロールは困難といわれています。一般に予め「花粉症」と診断されているのであれば「花粉の飛散がはじまったら」「症状の出る前に」治療を開始するのがもっともよいとされています。
すでに「スギ花粉症」と診断されている方は早めの治療開始をおすすめいたします。また「気管支喘息」を合併しているかたは、花粉症症状とともに喘息症状の悪化がみられる場合もあるため、特に治療開始することを強くおすすめいたします。

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします。
posted by けやき内科 at 05:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月21日

今年の花粉情報は?

2024花粉飛びはじめ.jpg2024花粉例年比.jpg
  
「けやき内科」のブログをご覧いただき、ありがとうございます!

早いもので1月も半ばを過ぎました。年始の診療から毎日のように発熱外来の問い合わせをいただいており、また「長引く咳」などの呼吸器症状で来院される方も大変多く、混雑する日が続いておりました。
そんな中、先週くらいから「鼻水」「鼻水」「目の痒み」といった花粉症の症状で来院される方がちらほらとおられます。

日本気象協会によると今年の花粉は2月上旬に九州・四国・中国・東海・関東甲信の一部で飛散開始と予想されています。例年より少し早く飛散が開始する見込みだったのですが、暖冬ということもありどうやらすでに一部の地域で花粉の飛散が始まっているようです。
1月の間はまだ気温の低い日もありますが2月に入ると一気に気温が上昇することが予想されており、「休眠打破」で花粉の飛散は一気に本格化するとも考えられています。

一方で花粉の飛散量についてですが、例年(過去10年の平均)に比べると九州から東北のほとんどの地域で例年並みか例年よりやや多いとされています。北海道は非常に多い見込みです。(北海道はスギ花粉ではなくシラカバ花粉。)
花粉症の治療薬については「症状がでてから」ではなく「花粉飛散がはじまる頃には」開始したほうが望ましいとされています。「症状がでないように抑える」という考え方です。症状がでてから治療を開始した場合、特にピーク時の症状のコントロールができない可能性があります。したがってもともと「スギ花粉症」とわかっている方で名古屋周辺にお住まいの方は遅くとも2月はじめから治療を開始するのがよいですね。

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!


posted by けやき内科 at 05:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月22日

「住宅型有料老人ホーム VITA」の内覧会を開催いたします。

老人ホーム内覧会チラシblog.jpg「けやき内科」のブログをご覧いただき、ありがとうございます!

けやき内科を運営する医療法人CRASによる「住宅型有料老人ホーム VITA」の完成内覧会を開催いたします!

12月22日、23日の二日間にわたり、10時から15時まで、どなたでもご覧いただけます。
この機会にぜひお越しくださいますようお願い申し上げます。

食堂、機能訓練室などの共用スペース、機械浴などの浴室もご覧いただくことが可能です。
また実際に施設オープン後に提供する食事の試食もございます。

お車でお越しの場合は専用駐車場がありますので、そちらに駐車いただきますようお願い申し上げます。

スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。
何卒よろしくお願い申し上げます。


posted by けやき内科 at 05:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月15日

今日は「World COPD Day (世界COPDの日)」です。

23GI001-World-COPD-Day-2023-F2.jpg

「けやき内科」のブログをごらんいただき、ありがとうございます。
今日11月15日は「World COPD Day (世界COPDの日)」です。みなさん、ご存じですか?
「COPD」というのは「Chronic Obstructive Pulmonary Disease : 慢性閉塞性肺疾患」のことで、主にタバコによっておこる肺の機能障害をきたす病気です。以前は「肺気腫」や「慢性気管支炎」ともよばれていました。ながくつづく「せき」「たん」「息切れ」を主な症状とする病気ですが、初期のうちはあまり自覚症状がない場合もあります。
現在日本ではCOPDでありながら診断・治療されていない方が650万人以上いると推測されており、世界的にもWHOにより2030年までにCOPDが世界の死因第三位までになるであろうと予測されています。このような現状のなかCOPDが社会的に認知されていないことが問題視されており、まずは一般のかたがたにCOPDを知ってもらおうという目的で2002年に「Word COPD Day」が提唱されました。
「けやき内科」では診断に不可欠な「呼吸機能検査」はもちろん、また「COPD」の病状判断に有用な「マルチスライスCT」による「肺気腫解析」も実施しています。「COPD」に「気管支喘息」が合併した「ACO(Asthma-COPD Overlap: 喘息COPDオーバーラップ)」の診断に有用な「呼気中NO測定」や、COPDに伴う呼吸不全の判断に役立つ「動脈血液ガス分析」も実施しております。「World COPD Day」を機会に「もしかしたら自分も・・・」と思われる方は受診されることをおすすめいたします。

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします。


posted by けやき内科 at 05:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする