2019年02月20日

今日は「アレルギーの日」です!

2019花粉のピーク予測.jpg

「けやき内科」のブログをごらんいただき、ありがとうございます!
今日2月20日は「アレルギーの日」です!

アレルギーが体のなかでおこる際に重要な役割をはたす物質の一つに「IgE抗体」というものがあります。この「IgE抗体」を発見したのは日本人の医学者である石坂公成先生で、石坂先生がこの「IgE抗体」を発見・発表されたのが1966年2月20日なのです。日本アレルギー協会は1995年以降、2月20日を「アレルギーの日」、その前後1週間を「アレルギー週間」とさだめ全国の日本アレルギー協会支部で様々なアレルギーの啓発活動を行っています。

「けやき内科」のある名古屋では、まさにこれからアレルギー疾患の代表的なものである「花粉症」のピークを迎えようとしています!症状がひどくなってからの治療ではピーク時の症状をおさえることは困難といわれていますので、花粉の飛散がはじまっている今から「症状がでないよう」治療を開始するのがおすすめです。「スギ花粉症」と診断されている方は早めに受診されることをおすすめいたします!

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!

posted by けやき内科 at 05:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

花粉症シーズン到来!

花粉症シーズン到来2019.jpg

「けやき内科」のブログをごらんいただき、ありがとうございます!

そろそろ「けやき内科」のある愛知県でも「スギ花粉」の飛散がはじまったようです。「鼻水」「鼻づまり」「目のかゆみ」といった特徴的な症状の方が先週後半から受診されるようになってきました。日本気象協会によると、けやき内科のある愛知県は今年のスギ花粉の飛散量は昨年と同等と予想されていますが、昨年が例年より多い飛散量でしたので今シーズンは例年より多い飛散量となりそうです。
「花粉症」は症状がではじめてから治療を開始したのでは効果がでるのに時間がかかり、特にピーク時の症状のコントロールは困難といわれています。一般に予め「花粉症」と診断されているのであれば「花粉の飛散がはじまったら」「症状の出る前に」治療を開始するのがもっともよいとされています。
すでに「スギ花粉症」と診断されている方は早めの治療開始をおすすめいたします!また「気管支喘息」を合併しているかたは、花粉症症状とともに喘息症状の悪化がみられる場合もあるため、特に治療開始することを強くおすすめいたします!

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!

posted by けやき内科 at 05:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月02日

インフルエンザ患者数、過去最多に!

インフルエンザ報告数2019.jpg

「けやき内科」のブログをご覧いただき、ありがとうございます!
昨日厚生労働省からの発表によると「インフルエンザ」の一週間の患者報告数が昨年2月の報告数を上回り過去最多となり、全国推計でおよそ222万人がインフルエンザに罹患しているとのこと!上のグラフは過去10年間の一週間あたりの患者報告数をグラフにしたものですが、今シーズンが最多となっているのがよくわかります。都道府県別の1医療機関当たりの患者数は、埼玉県(84.09)、新潟県(77.70)、千葉県(73.00)、宮城県(69.81)、神奈川県(67.94)、栃木県(67.00)、大分県(65.45)、長野県(64.72)、東京都(64.18)、石川県(63.96)、福島県(63.19)、福岡県 (62.70)、茨城県(61.88)、愛知県(61.82)、群馬県(58.02)の順となっていて、すべての都道府県で警報レベルを超えています。
検出されているウイルスは主に2種類で、10年前に「新型インフルエンザ」として世界的に流行したH1N1型と呼ばれるタイプと、A香港型と呼ばれるタイプがそれぞれおよそ半数を占めているということです。
予防のためには手洗いやマスクの着用が大事ですが、発症が疑われたらきちんと診断・治療をする事が感染拡大を防ぐ最良の方法です。「けやき内科」では従来よりも早期にインフルエンザの診断を可能とする「インフルエンザ迅速診断検査器 IMMUNO AG1」を2台備えています。「インフルエンザかな」と思われたら早めの受診をお勧めいたします。
これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!


posted by けやき内科 at 05:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月21日

2019年の花粉情報は?

2019年花粉情報.jpg

「けやき内科」のブログをご覧いただき、ありがとうございます!
インフルエンザがまだ猛威をふるっていますが、もうすぐ「花粉症」のシーズンがやってきます!患者様から「今年の花粉情報はどうですか」と聞かれるようにもなってきました。
いわゆる「花粉症」の主なアレルゲンは「スギ」と「ヒノキ」ですが、毎年気温の変化などから花粉の飛散量・飛散時期を予測して「日本気象協会」から「花粉情報」が発表されます。
2019年の花粉飛散量予測は、前シーズンと比べると、北海道から関東甲信、東海は少ない傾向ですが、北陸ではやや多い見込みです。「けやき内科」のある愛知県は前年の飛散量と同程度と予測されています。前シーズンの花粉の飛散量は全国的に例年よりも多かったので、愛知県は昨年同様に例年より多い飛散量となる見込みですね。
2019年の飛散開始は、関東から近畿、中国、四国地方、九州で、例年より5日ほど遅くなると予想されています。2月中旬には九州や四国、東海、関東地方の一部から花粉シーズンがスタートする見込みです。1月から2月にかけての気温が平年より高いとスギ花粉の飛散開始は早まる傾向となりますが、2019年の1月から2月は、気温が北日本ではほぼ平年並み、東日本は平年並みか高く、西日本は平年より高くなる予想です。冬に気温が高めで経過する見込みのため、スギの雄花の休眠打破が遅れ2019年春のスギ花粉の飛散開始は、東日本と西日本で例年より遅くなると考えられます。ただし、スギ花粉は飛散開始と認められる前から、わずかな量が飛び始めます。
一般に花粉症の治療薬については「症状がでてから」ではなく「花粉飛散がはじまる頃には」開始したほうが望ましいとされています。「症状がでないように抑える」という考え方です。症状がでてから治療を開始した場合、特にピーク時の症状のコントロールができない可能性があります。したがってもともと「スギ花粉症」とわかっている方は、遅くとも2月上旬には治療を開始するのがよいですね。

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!


posted by けやき内科 at 05:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月19日

インフルエンザが全国的に猛威をふるっています。

平成30年度インフルエンザピーク.jpg

「けやき内科」のブログをご覧いただき、ありがとうございます。
全国的にインフルエンザが猛威をふるっています。上の図は厚生労働省の発表をもとに都道府県別の流行状況を地図上にしめしたものです。
1月13日の時点で全国の定点あたりのインフルエンザ報告数は38.54(患者報告数190,527)となり、全国的に警報レベルに到達しました。都道府県別では愛知県(75.38)、熊本県(58.79)、岐阜県(53.94)、鹿児島県(52.34)、静岡県(52.22)、福岡県(51.87)、高知県(50.19)、長崎県(48.66)、佐賀県(46.18)、宮崎県(44.43)、福井県(43.89)、長野県(43.87)、沖縄県(41.76)、埼玉県(41.33)、千葉県(41.33)、三重県(40.15)、滋賀県(39.79)、茨城県(39.41)の順となっています。
愛知県がトップになっていますが、今週一週間「けやき内科」にも「発熱」の症状でおみえになって「インフルエンザ」と診断される方がたくさんおみえになり大変な混雑でした。年明けから「けやき内科」でインフルエンザと診断された方は現在のところ全て「A型」ですが、例年に比べて「嘔吐」「下痢」などの胃腸症状をともなっている方が多い印象です。胃腸症状でも「胃腸かぜ」ではなく「インフルエンザ」の可能性があります。「けやき内科」では従来よりも早期にインフルエンザの診断を可能とする「インフルエンザ迅速診断検査器 IMMUNO AG1」を2台備えています。「インフルエンザかな」と思われたら早めの受診をお勧めいたします。
これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします。


posted by けやき内科 at 20:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする