2023年07月14日

Q「夏型過敏性肺炎とは何ですか?」

教えてドクター2.jpgQ) 夏型過敏性肺炎とは何ですか?

A) 通常「肺炎」というと「細菌」や「ウイルス」などの病原体の感染によっておきる感染症をさしますが、「過敏性肺炎」は感染症ではなく「アレルギー」によって引き起こされる肺炎です。主な症状としては「咳」「発熱」「息切れ」などであり、症状のみでは感染症である肺炎と区別するのは困難です。有機物の粉塵や化学物質などの「抗原」を繰り返し吸い込んだことによるアレルギー反応が原因となりますが、通常は抗原を避けることで症状の改善が得られます。抗原の中で頻度の高いものに「カビ」が挙げられ、中でも「夏型過敏性肺炎」は「トリコスポロン」というカビに対してのアレルギー反応によるものです。
 トリコスポロンは住居内で繁殖するカビの一つで、高温多湿の環境を好み、エアコンの内部や浴室・布団などでよく繁殖することから、エアコンを使用する夏場に特に住居内を飛散して吸い込むことが多くなります。感染症である「肺炎」と診断され入院し、抗菌剤を投与されて改善し退院したものの、自宅に戻って症状が再燃してようやく「過敏性肺炎」と診断される場合もあります。この場合「抗菌剤」の投与で改善したのではなく、入院したことでカビのいる家庭から離れたことで一旦治ったと考えられます。予防のためには生活環境におけるカビの繁殖を防ぎ、エアコンのクリーニングや定期的な屋内の清掃や換気を行うことが有用と考えられています。ただし重症化や慢性化する場合もありますので、疑わしい症状がある場合は医師に相談することをお勧めいたします。


(2023年7月14日 近郊通し版「教えて!ドクター Q&A」掲載)



posted by けやき内科 at 05:00| 教えて ドクターQ & A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年07月12日

「みんなの呼吸器 Respica」にてケーススタディを担当いたしました。

レスピカblog.jpgけやき内科のブログをご覧いただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

呼吸療法の専門誌「みんなの呼吸器 Respica」の「気管支喘息」の特集号にて執筆分担させていただきました。この雑誌は一般の方・患者様を対象としたものではありませんが、気管支喘息の診療に携わる医師・看護師・薬剤師などの医療従事者の方々に専門的医療機関がどのような診療を行なっているかをお伝えする内容となっており、外来診療から増悪時の入院治療に至るまで喘息治療の内容が非常にわかりやすくまとめられています。今回は瀬戸市の公立陶生病院の横山俊樹先生がプランニングされたこともあり私にもお声がけいただいたわけですが、私が担当したのは「外来で初めて気管支喘息と診断された患者様の治療をいかに行うか」という内容で、ケーススタディとして執筆させていただきました。私以外には愛知医科大学の伊藤理教授、藤田医科大学の堀口高彦名誉教授、横山先生をはじめとする陶生病院の諸先生方や、第二日赤の村田先生やしらき内科クリニックの白木先生など、この地域で今喘息診療に熱心に取り組んでみえる先生ばかりが執筆分担されております。呼吸器専門医ではない一般内科診療所の先生方にもご覧いただきたい内容となっておりますので、ご興味のあられる先生は是非一度ご一読いただけますと幸いです。

これからもけやき内科をよろしくお願いいたします。


posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年07月09日

健康のため水を飲もう。

健康のため水を飲もう2023.jpg

「けやき内科」のブログをご覧いただき、ありがとうございます。
今年かなり早く梅雨入りしたせいか、寒暖の差が大きかったり急に蒸し暑くなったりと気候の変動が大きく、その影響か体調を崩される方が多い印象です。また予想ではこれから一週間以内に梅雨明けを迎えるようで、これからは暑さ対策が大切になってきます。この時期は「熱中症」にならないように、こまめな水分補給が必要なのです。「熱中症」は高温多湿な環境に体が適応しきれずにでてくる症状の総称で、「めまい」「倦怠感」「筋肉のけいれん」などがよくみられますが、重症の場合は「意識障害」がみられる場合もあります。屋外でなる事が多いですが、冷房をきらうお年寄りが屋内でなる事も増えています。また体の水分が不足すると「熱中症」以外にも、脱水から血管がつまりやすくなって「脳梗塞」や「心筋梗塞」などの病気につながる可能性もあります。寝る前、起床時、お出かけ時など、特にこまめに水分を摂取しましょう。

厚生労働省もこの時期に合わせて「健康のため水をのもう」推進運動を実施しています。

日常生活の中でこまめな水分補給をこころがけ、今年の夏をのりきりましょう。

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします。

posted by けやき内科 at 05:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月22日

「ショッパー」でご紹介いただきました。

202306ショッパー.jpg

「けやき内科」のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

6月22日発行の「ショッパー」で「けやき内科」をご紹介いただきました。
新型コロナウイルス感染症が5類になり、日常生活が元に戻ってきています。ただコロナウイルスが消えてなくなったわけではなく、重症化率が低下したといっても感染者数は増えています。また例年と違ってこの時期のインフルエンザ感染者数も多く、「発熱」の症状で診察を希望される方も少なくありません。「けやき内科」では現在、5類移行前と同様に通常診療と分けて「発熱外来」を実施しております。「発熱」の症状で診察を希望される方は必ず予めお電話いただきますようお願い申し上げます。診察及びインフルエンザ・新型コロナウイルスの抗原検査は駐車場で実施いたしますのでご了承ください。

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします。



posted by けやき内科 at 05:00| マスコミ掲載など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月16日

Q「最近、食事中にむせてしまうことが多くなりました・・・」

教えてドクター2.jpgQ) 60代男性です。最近、食事中にむせてしまうことが多くなりました。病院に行った方がいいでしょうか?

A) 通常、人は口か鼻で呼吸していますが、ものを食べる時も口から食べています。息も食べ物も入口は同じ「口」なわけですが、喉の奥の部分で息の通り道である「気管」と食べ物の通り道である「食道」に別れており、特に意識しなくても食べ物は「気管」に入らずに「食道」に入るような構造になっています。「むせる」というのはこの構造が何らかの理由で破綻したために起きる現象で、本来何も固形物が入らない「気管」に食べ物が入ってしまうため咳き込んでしまうのです。また飲食物が「気管」に入る現象を医学用語では「誤嚥」と言います。誤嚥をきっかけに肺炎になること(誤嚥性肺炎)もありますので注意が必要です。
 「むせる」原因はさまざまで、脳梗塞などの脳血管障害に伴って嚥下機能が低下して起きる場合もあれば、「気管」と「食道」の分かれ道の部分にある「喉頭」にできた腫瘍などが原因で起きたり、声を出す役割の「声帯」を動かす「反回神経」が何らかの原因で麻痺することが原因となる等が挙げられます。また反回神経麻痺の原因も肺癌・大動脈瘤・神経疾患などさまざまです。このように「むせる」場合はさまざまな病気の可能性が考えられますので、病院に行かれたほうがいいですね。


(2023年6月16日 市民版「教えて!ドクター Q&A」掲載)



posted by けやき内科 at 05:00| 教えて ドクターQ & A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする