2019年10月27日

「気管支喘息」の講演会に参加してまいりました。

2019FTF5ys記念講演会.jpg

けやき内科のブログをご覧いただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

名古屋で開催されました「気管支喘息」の講演会に参加してまいりました。
今回の講演会では、日本における「気管支喘息」の診療’・研究で第一人者の先生方のご講演ののち、この地域で喘息診療の中心を担う先生方も加わってのディスカッションが行われました。
「気管支喘息」の患者様は長期間持続する「咳」を主な症状として病院を受診されることが多いですが、症状のみで安易に診断できることはもちろんありませんが、「気管支喘息」以外の「マイコプラズマ感染症」等の気道症状が遷延しうる他疾患との鑑別が治療方針を決める上で非常に重要です。一方「気管支喘息」と診断された場合でも、現在同じ喘息であっても様々なタイプがあることがわかっており、そのタイプによって適切な薬剤選択を行うべきであると考えられています。特に重症な気管支喘息に対して現在注目されている「抗体製剤」についても、適切な判断のもと使い分ける事により治療効果がより得られると考えられています。
今回の講演会に参加して、これまでの知識が整理されたとともに最新の知見を得ることもできました。今後の診療に早速活かしていきたいと思います。

これからもけやき内科をよろしくお願いいたします。





posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

けやき内科はお休みです。

本日休診.jpg「けやき内科」のブログをごらんいただきありがとうございます。

本日10月22日(火曜日)は天皇陛下の「即位礼正殿の儀」のため、本年に限り国民の祝日となりましたため休診とさせていただきます。

「けやき内科」に通院中のかたで発熱・喘息増悪などの急な症状がありました場合は、各地域の医師会休日急病診療所か救命救急センターを受診いただきますようお願い申しあげます。またその際は「お薬手帳」「血圧手帳」「喘息日誌」など、普段の診療内容がわかるものを持参いただきますようお願いいたします。

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします。

posted by けやき内科 at 05:00| 休診日のおしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月15日

みんなでTDRに行ってきました!

けやき内科10周年TDR.jpg

「けやき内科」のブログをご覧いただき、ありがとうございます!

もうすぐ迎える「けやき内科10周年」を記念して、スタッフ皆でTDR(東京ディズニーリゾート)に行ってきました!
台風の影響が懸念されましたが、若干の雨にみまわれたものの特に大きなトラブルもなく楽しい休日を過ごす事ができました。

リフレッシュしてまた今日からの診療に臨みます!
これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!

posted by けやき内科 at 05:00| クリニックの風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月11日

台風が接近しています。

台風前夜.jpg「けやき内科」のブログをご覧いただき、ありがとございます!

明日から連休という方も多いと思いますが、大型の台風の接近に伴い悪天候となる事が予想されています。
本日の診療でも、「明日台風で来られないかも」という事で、明日の予約をキャンセルして来院された方がたくさんお見えになりました。
またお電話でも「明日の診療は通常通りですか?」という問い合わせをたくさんいただきました。

明日10月12日の土曜日は現時点では通常通り診療を行う予定です。
ただ来院に特に問題のない方はお越しいただければ診察を行うことはもちろんですが、遠方から来院される方は十分に注意してお越しいただければと思います。
来院に支障がある方は「予約がしてあるから」という理由で無理にお越しいただく必要はありません。
安全を第一に考えご都合の良い日に改めてお越しいただければと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします。

posted by けやき内科 at 23:00| クリニックの風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月04日

けやき内科が参加した気管支喘息の臨床研究の結果が発表されました。

2019ERS.jpg

けやき内科のブログをごらんいただきありがとうございます。院長の加藤景介です。

9月28日から10月2日までスペインのマドリッドでEuropean Respiratory Society (ヨーロッパ呼吸器学会)が開催されました。この学会において日本でおこなわれた臨床研究「気管支喘息患者のコントロール状態評価に関する臨床研究:MARGIN Survey」の結果が発表されました。

この臨床研究は気管支喘息患者様を対象におこなわれたもので、気管支喘息の増悪の頻度と通常の病状コントロールレベルの関連性等を検査値やアンケート調査によって長期間にわたり調査したもので、日本全国の喘息専門医がいる病院・診療所で実施されました。けやき内科におきましてもご同意いただけた患者様を対象に、今回の臨床研究に参加させていただきました。今回の臨床研究の結果は慢性疾患である喘息の長期的な治療方針をたてる上で非常に有用な結果が得られたと考えております。

このような臨床研究は医学・医療の進歩にはかかせないものですが、なによりも参加にご同意いただける患者様あってのものだと思います。ご参加いただいた患者様にはこの場をかりて御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

こういった臨床研究への参加経験から得られた知見を日常の診療にいかし、今後も医療レベルの維持・向上につとめていきたいと思います。
今後ともけやき内科をよろしくお願い申し上げます。
posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする