2020年03月19日

ポトス春の増刊号で「けやき内科」を紹介いただきました!

ポトス春2020.jpg「けやき内科」のブログをごらんいただき、ありがとうございます!
ポトス春の増刊号で「けやき内科」をご紹介いただきました!

記事でもご紹介をいただきましたが、院長が専門医ということもあってか「けやき内科」には「気管支喘息」や「慢性閉塞性肺疾患」といった呼吸器疾患の患者様にたくさんご来院いただき、現在も約2,000名以上の方にご通院いただいています。「けやき内科」では「気管支喘息」については「呼吸機能検査」「呼気NO測定」「総合呼吸抵抗測定装置Mostgraph」を使用し、より的確な診断や詳細な病状判断を実施しております。また治療導入後も定期的な検査実施はもちろんですが「ピークフローメーター」の推移による病状経過判断もふくめ適切な治療選択に取り組んでいます。マルチスライスCTを用いた専用ソフトウェアでの「肺気腫解析」により、呼吸機能検査と合わせて「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」の早期診断・治療にもつとめています。マルチスライスCTの読影にあたっては放射線科専門医によるインターネットを介しての遠隔読影を依頼し、より的確な画像診断が実施できるように配慮しています。
また「高血圧」「糖尿病」「高コレステロール血症」などの「生活習慣病」の患者様にもたくさんご来院いただいています。「けやき内科」では血圧測定値や血液検査結果のみをみて薬の処方をするようなことはせず、「動脈硬化(血管年齢)測定」などの検査も行いながら、患者様それぞれに応じた食事・運動などの生活習慣指導をふくめ治療薬の選択をおこなっております。ご希望のかたには保険適用外ですが被曝の心配の少ないマルチスライスCTによる「内臓脂肪測定」も行います。「薬をのんでいるだけで大丈夫かな」と思われている方は、ぜひ一度「けやき内科」におこしください。

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!


posted by けやき内科 at 05:00| マスコミ掲載など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月17日

Q「この頃痰に血が混ざります・・・」

教えてドクター2.jpgQ) この頃痰に血が混ざります。のどが痛くつらいです。風邪かと思っていたのですが、血が混ざっているのが心配です。病院へ行くべきでしょうか。

A) 「のどが痛く血痰がでる」とのことですので、のどに問題が起きている可能性が高いと考えます。通常「風邪」と考えるのはウイルスによる上気道感染ですが、単なるウイルス感染で血痰がでるのは稀です。感染症であれば「化膿性扁桃腺炎」等の細菌感染症を起こしている可能性もあり、細菌感染であれば抗生物質の投与が必要ですので病院の受診は必須です。ただ何を根拠に「風邪」と考えてみえたのかがわかりませんので、全身倦怠感や鼻水などの感染症に特徴的な他の症状がなく「のどが痛い」=「風邪」と考えてみえたのであれば、そもそも感染症ではない可能性も考えられます。「のど」と表現されるのは「扁桃腺」のみではなく「咽頭」、場合によっては「喉頭」まで該当することがありますが、同部に腫瘍などができる場合もあり注意が必要です。特に喫煙習慣のある方は「がん」の危険因子であると考えられ、統計学的にみて「下咽頭がん」や「喉頭がん」の90%以上が喫煙者であったことが報告されています。他にも「過度の飲酒」も危険因子になることが知られています。いずれにしても病院を早めに受診することをお勧めいたします。


(2020年3月17日 中日新聞市民版「教えて!ドクター Q&A」掲載)


posted by けやき内科 at 05:00| 教えて ドクターQ & A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月15日

「気管支喘息」と「新型コロナウイルス」

WHO新型コロナ.jpg

けやき内科のブログをご覧いただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

毎日のように「新型コロナウイルス」による新型肺炎のニュースが流れていますが、とうとうWHOからも「パンデミック(世界的流行)」であると判断されました。日本国内においても感染者の数は増加し続けています。けやき内科のある名古屋市でも感染者数の増加が報道されており不安に感じておられる方も多いと思います。
また死亡につながる重症化の危険性が高いのは「高齢者」や「基礎疾患がある人」ということから、けやき内科に定期的に通院されている患者様から「自分は大丈夫だろうか」という質問を大変多くいただいています。
中でもけやき内科に通院する患者様のなかで最も多い「気管支喘息」について、日本アレルギー学会からの勧告や、これまでに報告されている論文などから私なりにまとめてみました。

1. 「気管支喘息」は「新型コロナウイルス」で死亡率の高い「重症肺炎」につながるのか?
この質問が当院に通院される患者様から最も多く受ける質問です。
「気管支喘息」の患者様は小児から高齢者まで幅広い年代に渡っていることから一概には言えませんが、私の調べた範囲では「気管支喘息」のある方は「新型コロナウイルスで肺炎が重症化とする」というより「新型コロナウイルスの感染により気管支喘息が悪化しやすい」と考えた方が良いようです。
日本アレルギー学会の勧告でも同様に述べられており、「喘息増悪に伴って呼吸不全が重症化する危険性」があるとされています。

2. 「新型コロナウイルス」による「気管支喘息の悪化」を防ぐためにはどうしたらいいのか?
現在「新型コロナウイルス」に対しての「ワクチン」もなければ「治療薬」もありません。なので感染しないようにするためには「手洗い」が最も有効です。加えて「感染リスクの高い場所に行かないようにする」のも大事ですが、社会生活を営むためには最低限の外出はしないといけませんし、元々慢性疾患のある方は病院への受診も最低限必要ですので、閉じこもりの生活をするわけにもいきません。また感染しても80%以上の方が軽症で済むとも言われているのですから、生活面においては風邪をひかないようにするのと同様に、「規則正しい生活」をして「ゆっくり休養すること」に尽きると思います。
「気管支喘息の悪化」についてはそもそも「新型コロナウイルス」に限らず、様々なウイルス感染によって引き起こされるわけですが、最も重要なのは「悪化しないよう、あらかじめしっかりと喘息治療を継続すること」だと思います。気管支喘息の方の中で「症状がでた時にのみ病院を受診する」というやり方をされている方がみえますが、「気管支喘息は症状がなくなっても気道における炎症はおさまっていない」つまり「無症状でも治療が必要である」ということも少なくなく、けやき内科に通院されている方にはいつもお話ししていることですが「症状がなくなった後は、症状が出ないように治療を継続する」ということが大事なのです。したがって「症状が出た時のみ治療」というやり方をされている場合には「新型コロナウイルス」の感染により悪化する確率は高いといえるでしょう。
また、これは喘息の有無に関わりませんが、どうやら「喫煙者は新型肺炎の死亡率が高い」ということのようです。これまでの報告では「新型コロナウイルスによる肺炎」の死亡率は、喫煙者の方が倍以上リスクが高いとされています。そもそも「喫煙」は喘息の悪化因子でもありますから、「気管支喘息と診断されているがタバコがなかなかやめられない」という方は、新型コロナウイルスに感染すると「喘息の悪化による呼吸不全をきたす確率が高く、肺炎による死亡率も高い」ということになりそうです。きちんと治療を継続されていない方は一層リスクが高いということになりますので、これを機に「禁煙」と「治療継続」をお勧めいたします。

また最近「喘息の治療薬(吸入ステロイド)が新型肺炎に有効かもしれない」という報道がされたことに伴って「受診すれば喘息の薬を出してもらえるのか」という問い合わせがきておりますが、これはあくまで研究段階での報告であり、喘息と診断もされていない、新型肺炎とも診断されていない、単に「不安だから」という理由だけで処方を希望されても絶対に処方することはありません。ご了承ください。

これからもけやき内科をよろしくお願いいたします。





posted by けやき内科 at 05:00| 新型コロナウイルス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月13日

今日は「World Sleep Day (世界睡眠の日)」です!

WorldSleepDay2020.jpg

「けやき内科」のブログをごらんいただき、ありがとうございます!
今日は「World Sleep Day (世界睡眠の日)」です。みなさんご存知でしたか?

この「World Sleep Day」は「World Association of Sleep Medicine(世界睡眠医学協会)」がさだめたもので、世界規模で睡眠における問題をとりあげ、睡眠に関するさまざまな社会的問題にはたらきかけようというものです。
今年のスローガンは「Better Sleep, Better Life, Better Planet (より良い睡眠がより良い人生を、そしてより良い星に)」です。「健康な睡眠」を障害する代表的な疾患に「睡眠時無呼吸症候群」があります。もし家族から「いびきをかいている」あるいは「呼吸がとまっている」と言われたことがあるかたは要注意です。「健康な睡眠」つまり「安眠」とは「睡眠時間」「睡眠の継続性」「睡眠の深さ」によるといわれています。安眠できていないと日中の活動性に影響がおよぶ可能性があり、「睡眠時無呼吸」は「交通事故」の確率をあげることで有名です。また「睡眠時無呼吸症候群」の存在は「脳梗塞や「心筋梗塞」などの発症リスクになるとも言われています。「健康な体」を維持するためには「健康な睡眠」が重要な要素であり、食事や運動といった生活習慣同様に不可欠なものといってよいでしょう。

「けやき内科」では「睡眠時無呼吸症候群」の診断のために必要な検査器である「アプノモニター」をそなえております。また治療適応のある方には「在宅持続陽圧呼吸(CPAP)療法」を導入・管理おこなっております。「睡眠中のいびき」「日中のねむたさ」など「睡眠時無呼吸」と考えられる症状のあるかたは一度検査をうけることをおすすめいたします。お気軽に「けやき内科」までお問い合わせください!

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!


posted by けやき内科 at 05:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月08日

「保健所、相談センターから『近くの病院を受診するように』と言われた」という方へ

コロナウイルス疑い.jpg

「けやき内科」のブログをご覧いただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。
3月に入って学校の一斉休校が始まり、各種のイベントが中止・延期され、いつにない重い空気の毎日が続いています。
毎日のように「新型肺炎」のニュースが流れ、名古屋市でも新型コロナウイルス感染者の高齢者の方がお亡くなりになられたとのこと。
「けやき内科」に来院される患者様みなさんからも不安の声をきき、現在まさに世界中が非常事態に陥っていることを痛感しております。

先週1週間で大変多かったのが「症状が何日か続いて病院に行ったら「保健所の相談センター」に電話するように言われた。でも電話したら病院に行くように言われた。一体どうすればいいのか。」という問い合わせです。
現在、厚生労働省からの通達で医療機関は「新型コロナウイルスの感染の疑いがある場合は、診察する前に「相談センター」に電話するように伝える」ように指導されています。一方で「相談センター」側は、「新型コロナウイルスによる肺炎の可能性が高い場合」に限り「新型コロナウイルス」の診療をする「指定医療機関」を紹介し、そうでない場合は「通常の病院あるいは診療所」を受診するように指示しているとのこと。この微妙なズレが相談される方の不安を生み「病院と保健所のどちらからも断られた。」と思わせてしまっているようです。

結論ですが「保健所、相談センターから『近くの病院を受診するように』と言われた」場合には、かかりつけの病院・診療所を受診していただいてかまいません。
実際、先週1週間の間にそういった経緯の方が10数人「けやき内科」を受診されました。さいわい「新型コロナウイルスによる肺炎」を疑うような方は一人もみえませんでしたが、もし病院を受診して「新型肺炎」を疑われるような場合は、その病院から「相談センター」に連絡をすることになっています。
ただしご注意いただきたいのは「相談センターから受診するように言われたという経緯を必ず申告していただきたい」という事です。できれば来院される前にお電話いただけると大変助かります。相談されるような経緯があるという事は「新型コロナウイルス」に感染している可能性が必ずしもゼロではないという事にはなり、新型肺炎が重症化するリスクの高い高齢者等の他の患者様と、できる限り接触しないような形で診察を行いたいと考えるためです。
その時の状況によっても異なりますが、「けやき内科」の場合は他の患者様と接触しないようすぐに「処置室」や「第二診察室」に案内したり、駐車場の車内で待機していただいたりと、可能な限りの対応を行なっています。

また「コロナウイルス」に感染しているかどうかを判断する検査が保険適用になったことが話題になっていますが、現在検査が実施できるのは保健所と指定医療機関のみです。「けやき内科」でも実施はできませんので、あらかじめご了承ください。

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!


posted by けやき内科 at 05:00| 新型コロナウイルス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする