2021年12月02日

「重症喘息」のWeb セミナーに参加いたしました。

重症喘息治療セミナーin名古屋blog.jpgけやき内科のブログをご覧いただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

昨日開催されました「重症喘息治療セミナー」に参加いたしました。今回のWeb セミナーでは、まず私が「喘息治療のUP to DATE」と題しまして本年の10月に改定されました日本アレルギー学会の「喘息予防・管理ガイドライン2021」のポイントを中心にお話をさせていただき、引き続いて名古屋医療センターの山田有里紗先生に「難治性喘息の病態に応じた治療戦略」とのタイトルでご講演いただきました。
山田先生の講演では新型コロナウイルスCOVID-19のワクチン接種の重症喘息への影響や、重症喘息の患者様の治療計画の立て方、重症喘息に対して使用する抗体製剤の大規模試験の結果及び名古屋医療センターでの使用経験など、非常に多岐にわたり詳細に講演いただき大変勉強になりました。喘息においては吸入ステロイド薬・気管支拡張剤を中心とした「吸入薬」の治療が主体となりますが、それに加えて抗アレルギー剤やテオフィリン製剤などの複数の薬剤を使用してもなかなか病状が安定しない方が5%は存在すると言われています。このような難治性喘息・重症喘息の方の場合、入院治療が必要な状況になることもしばしばあり、一般診療所と入院設備のある高次医療機関との連携が重要とも言えます。
今回の講演を拝聴し勉強になったことはもちろんですが、名古屋医療センターの第一線で診療に取り組んでみえる様子が大変刺激になり、今後の日常診療への励みともなりました。

これからもけやき内科をよろしくお願いいたします。

posted by けやき内科 at 23:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月01日

十二年間ありがとうございました。

13年目の朝.jpg

「けやき内科」を開業して12年の歳月が流れ、13年目の朝を迎えました。
長いようですが過ぎてしまえばあっという間でした。

今年はさらに飛躍できますよう、スタッフ一同一層励んでいきたいと思います。

今後とも「けやき内科」をよろしくお願いいたします。


けやき内科 
院長   
加藤景介



posted by けやき内科 at 05:00| ごあいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月25日

「TVシンポジウム」で講演させていただきました。

ビレーズトリTVシンポジウムlog.jpgけやき内科のブログをご覧いただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

昨日開催されました「ビレーズトリTVシンポジウム」にて「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」と「喘息COPD合併症(ACO)」について、講演させていただきました。「COPD」は喫煙を主因とする慢性進行性疾患で、現在日本では650万人以上の方が未だ診断されずに潜在していると言われています。自覚症状が出てきたときにはすでにある程度進行している場合もあり、症状が無いか軽いうちに早期診断・早期治療に取り組むことが重要視されています。また「COPD」の方のおよそ3割が「喘息」を合併しているとも考えられており、その診断と治療薬の選択には病気の予後も関連してくることから重要視されています。
その一方で、開業医では呼吸機能検査の実施率も低いことから、呼吸器専門医のいる高次医療機関との病診連携が重要と言われていますが、現在コロナ禍で感染対策をとる上で十分な検査が実施できない場合もあります。今回の講演では、けやき内科での「マルチスライスCT」や「呼吸機能検査」「FeNO測定」などを用いた診断のとりくみと、薬剤選択の考え方などを中心に講演させていただきました。今回の講演が聴講いただいた先生方の多少なりとも参考になりましたら幸いです。

今後ともけやき内科をよろしくお願いいたします。


posted by けやき内科 at 23:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月18日

「平針呼吸器セミナー」に参加いたしました。

平針呼吸器セミナー2021blog.jpgけやき内科のブログをご覧いただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

昨日名古屋記念病院にて開催されました「平針呼吸器セミナー」に参加いたしました。このセミナーは名古屋記念病院の呼吸器内科が主催され、病診連携(病院と診療所の医療連携)のために定期的に開催されているとのこと。今回も名古屋記念病院の先生方や、近隣の診療所や調剤薬局の医師・薬剤師の方々が参加されてみえました。
今回のセミナーでは私が呼吸器専門医である一診療所の医師の立場として、「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」「ACO(喘息COPD合併症)」の診断と治療について、呼吸器学会のガイドラインの内容をふまえつつけやき内科にてどのような診療を行なっているかを中心に講演させていただきました。
「COPD」は喫煙を主因として引き起こされる慢性進行性の呼吸器疾患で「咳」「痰」「息切れ」といった気道症状を特徴としますが、無症状のまま病状が進行していく場合も少なくなく、症状が出てきたときにはすでに重症な状態になっている事もあります。現在日本においては、未診断のCOPD患者は650万人以上潜在していると言われており、適切なスクリーニングにより早期診断および早期治療介入の重要視されています。当地域では四大学医学部の呼吸器内科を中心に発足されたNPO法人「愛知県COPDネットワーク(AC.net)」が「COPDの啓蒙と診断の促進」を目的に活動をしていますが、私もこの法人には理事として発足当時から参加させていただいております。
私のような立場で大病院が主催するセミナーで講演させていただくのは大変恐縮でしたが、多少なりともご参加いただいた先生方の今後の診療の参考としていただければ幸いです。今回お招きいただきました名古屋記念病院呼吸器内科部長の宮崎先生に、この場を借りて御礼申し上げます。
今後ともけやき内科をよろしくお願いいたします。

posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月17日

今日は「World COPD Day (世界COPDの日)」です。

WorldCOPDDay2021.jpeg

「けやき内科」のブログをごらんいただき、ありがとうございます。
今日11月17日は「World COPD Day (世界COPDの日)」です。みなさん、ご存じですか?
「COPD」というのは「Chronic Obstructive Pulmonary Disease : 慢性閉塞性肺疾患」のことで、主にタバコによっておこる肺の機能障害をきたす病気です。以前は「肺気腫」や「慢性気管支炎」ともよばれていました。ながくつづく「せき」「たん」「息切れ」を主な症状とする病気ですが、初期のうちはあまり自覚症状がない場合もあります。
現在日本ではCOPDでありながら診断・治療されていない方が650万人以上いると推測されており、世界的にもWHOにより2030年までにCOPDが世界の死因第三位までになるであろうと予測されています。このような現状のなかCOPDが社会的に認知されていないことが問題視されており、まずは一般のかたがたにCOPDを知ってもらおうという目的で2002年に「Word COPD Day」が提唱されました。
「けやき内科」では診断に不可欠な「呼吸機能検査」はもちろん、また「COPD」の病状判断に有用な「マルチスライスCT」による「肺気腫解析」も実施しています。「COPD」に「気管支喘息」が合併した「ACO(Asthma-COPD Overlap: 喘息COPDオーバーラップ)」の診断に有用な「呼気中NO測定」や、COPDに伴う呼吸不全の判断に役立つ「動脈血液ガス分析」も実施しております。「World COPD Day」を機会に「もしかしたら自分も・・・」と思われる方は受診されることをおすすめいたします。

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします。


posted by けやき内科 at 05:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする