2020年12月01日

十一年間ありがとうございました。

12年目の朝.jpg

「けやき内科」を開業して11年の歳月が流れ、12年目の朝を迎えました。

11年間のうちで、ここ一年間は何と言っても新型コロナウイルスの影響で大変でしたが、なんとか皆様のサポートのおかげで無事12年目を迎えることができました。

これからも地域医療において一役を担えるよう、スタッフ一同一層励んでいきたいと思います。

今後とも「けやき内科」をよろしくお願いいたします。


けやき内科 
院長   
加藤景介



posted by けやき内科 at 05:00| ごあいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月27日

「ショッパー」でご紹介いただきました!

2020ショッパー冬.jpg

「けやき内科」のブログをご覧いただき、ありがとうございます!

昨日発行の「ショッパー」で「けやき内科」をご紹介いただきました!
今年は新型コロナウイルス感染症で大変な一年となってしまっていますが、これから寒さが厳しくなってくるとコロナ以外のインフルエンザや風邪・胃腸炎などの感染症に注意が必要となってきます。
また「けやき内科」にはたくさんの気管支喘息の患者様に通院いただいておりますが、こういった冬季の感染症により喘息症状が悪化しないようにするには、普段の治療がいかに適切にできているかが重要なポイントとなります。そのためには、症状のみならず「呼気中NO測定」「呼吸抵抗測定」「呼吸機能検査」等で、きちんと病状がコントロールできているか客観的に判断する事が有用となります。「咳が続いているけど大丈夫かな」「これからの時期、喘息がまたでこないかな」とご不安な方も是非一度「けやき内科」にご来院ください。

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!


posted by けやき内科 at 05:00| マスコミ掲載など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月26日

「新型コロナ感染対策とCOPD診療」について講演させていただきました。

コロナとCOPDオンライン講演会blog.jpgけやき内科のブログをご覧いただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。
昨日「アストラゼネカWebカンファレンス」にて「新型コロナウイルス感染対策とCOPD診療」について講演させていただきました。

私は開業する前に勤務していた半田市立半田病院・公立陶生病院にて、呼吸器内科医師としての仕事のみではなく「感染対策委員」としての活動もおこなっておりました。「感染対策委員」というのは院内で起きた感染症、いわゆる「院内感染(施設内感染)」における問題に対応し、予防や再発防止などの取り組みを行います。当時私は感染対策委員としての業務を担いながら、講習を受け「感染制御医(ICD:インフェクションコントロールドクター)」の資格を取得しましたが、開業後も定期的に講習会に参加し現在も資格を維持しています。
現在はまさに「新型コロナウイルス感染症」という大きな問題に直面しているわけですが、けやき内科においては私のこれまでの「感染対策委員」「ICD」としての経験・知識も活かしながら感染対策に取り組んでおります。
一方で「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」は未だ診断されていない患者様が日本に650万人以上潜在していると言われておりますが、新型コロナウイルス感染症においては「重症化」のリスク因子と考えられ、コロナ禍において一層の的確な診断と適切な治療介入が望まれていると言ってよいでしょう。
今回はけやき内科ではどのように感染対策をおこなっているか、コロナ禍におけるCOPD診療の考え方などを中心に講演させていただきました。Webでの講演に慣れない部分もあり聞き苦しい点もあったかと思いますが、聴講いただいた先生方の業務の一助となりましたら幸いです。

これからもけやき内科をよろしくお願い致します。

posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月18日

今日は「World COPD Day (世界COPDの日)」です!

World-COPD-Day-Logo-2020_Final.jpg

「けやき内科」のブログをごらんいただき、ありがとうございます!
今日11月18日は「World COPD Day (世界COPDの日)」です。みなさん、ご存じですか?
「COPD」というのは「Chronic Obstructive Pulmonary Disease : 慢性閉塞性肺疾患」のことで、主にタバコによっておこる肺の機能障害をきたす病気です。以前は「肺気腫」や「慢性気管支炎」ともよばれていました。ながくつづく「せき」「たん」「息切れ」を主な症状とする病気ですが、初期のうちはあまり自覚症状がない場合もあります。
現在日本ではCOPDでありながら診断・治療されていない方が650万人以上いると推測されており、世界的にもWHOにより2030年までにCOPDが世界の死因第三位までになるであろうと予測されています。このような現状のなかCOPDが社会的に認知されていないことが問題視されており、まずは一般のかたがたにCOPDを知ってもらおうという目的で2002年に「Word COPD Day」が提唱されました。
「けやき内科」では診断に不可欠な「呼吸機能検査」はもちろん、また「COPD」の病状判断に有用な「マルチスライスCT」による「肺気腫解析」も実施しています。「COPD」に「気管支喘息」が合併した「ACO(Asthma-COPD Overlap: 喘息COPDオーバーラップ)」の診断に有用な「呼気中NO測定」や、COPDに伴う呼吸不全の判断に役立つ「動脈血液ガス分析」も実施しております。「World COPD Day」を機会に「もしかしたら自分も・・・」と思われる方は受診されることをおすすめいたします!
これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!


posted by けやき内科 at 05:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月14日

今日は「World Diabetes Day (世界糖尿病デー)」です!

世界糖尿病デー2020blog.jpg「けやき内科」のブログをごらんいただき、ありがとうございます。
今日11月14日は「World Diabetes Day (世界糖尿病デー)」です。

IDF(International Diabetes Federation: 国際糖尿病連合)の発表によると、現在の世界の成人における糖尿病患者数は4億1500万人、実に11人に1人が糖尿病患者となったとのこと。また日本における現在の推計患者数もおよそ1000万人、過去最多と言われています。このまま増え続ければ2040年には世界の糖尿病患者数は6億4200万人に達成し、10人に1人が糖尿病ということになるようです。また糖尿病は死にいたる病気とは認識されていない事が多いですが、世界的にみて年間およそ500万人、計算上6秒に1人が糖尿病に伴う合併症等で亡くなられています。

「世界糖尿病デー」は2006年に国連でIDFからの「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」が採択されさだめられました。糖尿病の脅威に対して「糖尿病との闘いのために団結しよう(Unite for Diabetes)」をキャッチフレーズに、「ブルーサークル」をシンボルマークとして全国で糖尿病抑制にむけたキャンペーンが展開されます。今年も各地の名所の「ブルーライトアップ」を中心に「糖尿病デー」にちなんだイベントが開催される予定です。

糖尿病は初期には症状がないことがほとんどであり、発症にきづかないまま進行している事も珍しくありません。糖尿病を早期発見するためには、健康診断を積極的にうけることが一番です。現在各地方自治体が実施している「特定健康診査」においても糖尿病かどうかを判断する検査項目がふくまれており、積極的にうけられることをおすすめいたします。「けやき内科」も委託医療機関として実施可能(予約制)ですので、ご希望の方は是非お申し出下さい。
また「けやき内科」では糖尿病の病状判断に有用な「HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)」の測定に、採血後すぐに結果がでる「DCAバンテージ」を導入しておりますので、受診当日に結果を確認して治療方針を相談することが可能です。「採血の結果はまた次回、といつも言われてるけど大丈夫かな?」とご不安な方は、ぜひ一度ご来院ください。

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします。


posted by けやき内科 at 05:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする