2020年04月16日

Q「たばこをやめたいと思っていますが・・・」

教えてドクター2.jpgQ) たばこをやめたいと思っていますが、やめられません。禁煙外来を受診すれば簡単にやめられるでしょうか。また禁煙外来ではどのようなことをするのでしょうか。

A) まず「禁煙外来」ですが、「禁煙外来を受診さえすれば誰でも簡単に禁煙できる」というものではありません。「禁煙外来」では「ニコチン依存症」と診断された方を対象に「禁煙補助薬」を使用しながら定期的に通院して禁煙をすすめていきますが、「禁煙補助薬」の作用は「たばこをやめた際に起きるイライラ感」を抑えるのが主であり、「禁煙しようとした時に起きる問題を和らげる」という性質のものなのです。したがって患者さんご自身の「禁煙したい」という気持ちが最も重要であり、「薬を飲めば自然にやめられる」というものではなく「薬の力を借りて自分の意思で禁煙する」とお考えください。
 喫煙は「肺がん」などの悪性疾患、「心筋梗塞」「脳梗塞」等の動脈硬化に伴う心血管疾患の危険因子であり、間接喫煙による家族や同居者の健康被害も明らかとなっています。最近では喫煙者の新型コロナウイルス肺炎の死亡率は、非喫煙者に比べて10倍以上高いという報告もあります。
 喫煙によるデメリットを十分に理解した上で、禁煙したいという十分な意志のもとでも禁煙できない状況であれば、一度禁煙外来受診をお勧めいたします。


(2020年4月16日 中日新聞なごや東版「教えて!ドクター Q&A」掲載)
posted by けやき内科 at 05:00| 教えて ドクターQ & A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月12日

Q「持病に気管支喘息があるのですが・・・」

教えてドクター2.jpgQ) 持病に気管支喘息があるのですが、新型コロナウイルスにかかると重症化するのでしょうか。とても不安ですが何か対策はありますか。

A) 「呼吸器疾患があると新型肺炎は重症化する」という報道もされていますのでご不安になられるのはよくわかります。確かにこれまでの報告を見ると「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」や「間質性肺炎」のような慢性呼吸器疾患がある方は重症化のリスクが高いとされています。その一方で「気管支喘息」については、年齢層が小児から高齢者まで非常に幅が広いのと、喫煙されている方は「COPD」の合併もありうるため一概に言えない部分はありますが、明らかな「重症肺炎」のリスクとなるかどうかは現時点ではわからないようです。ただ「気管支喘息」そのものが悪化する可能性は高いと考えられています。そもそも喘息は風邪やインフルエンザなどのウイルス感染で悪化することはよくあり、新型コロナウイルスも同様なのです。したがって新型コロナウイルスによる喘息の増悪を予防するために重要なのは「吸入ステロイド薬を中心とした長期管理薬をきちんと継続する」ということです。「調子が悪い時のみ喘息治療をしている」という場合は、新型コロナウルス感染時の喘息悪化のリスクは高いと言えますので、症状が落ち着いていてもきちんと通院治療を継続する事が一番の対策だと思います。


(2020年4月12日 中日新聞市民版「教えて!ドクター Q&A」掲載)

posted by けやき内科 at 05:00| 教えて ドクターQ & A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月10日

今年も桜はきれいです。

香流川桜2020.jpg


「けやき内科」のブログをご覧いただきありがとうございます。
「けやき内科」に近い香流川の桜並木の写真を撮ってきました。今年も桜はきれいに咲いています。

いつもと違うのは人影がまばらというところでしょうか。さすがに今の状況でゆっくり花見をしている方はお見かけしません。ウォーキングをしている方も、他の人と距離をとっているようです。

毎日の報道を見ていると新型肺炎の話ばかりで気が滅入ります。「けやき内科」に来院される患者様からも、新型肺炎に関連した質問をたくさんいただき、みなさん不安に思っているのを痛切に感じております。
そんな中、逆に我々に「頑張ってくださいね」「お体に気をつけてくださいね」と声をかけてくださる患者様もおみえです。本当に、嬉しく思いますし励みになります。本当にありがとうございます。

今の状況がいつまで続くかわかりませんが、季節が必ず変わるようにいつか新型肺炎は収束すると思います。
そのためにはとるべき行動をしっかりとって冷静に日々の生活を送っていくしかありません。
つらいですが皆さん頑張っていきましょう。

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします。


posted by けやき内科 at 05:00| クリニックの風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月02日

マルチスライスCTを更新いたしました。

CT室のコピー.jpg

「けやき内科」のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

マルチスライスCTを更新いたしました。
今回導入したCT撮影装置は「HTACHI社製 Supria Advance FR」です。これまでの機種に比べ、より低被曝でかつ高速な撮影が可能となりました。
またこれまでと同様、読影に関しては「セントメディカル・アソシエイツ」と連携して放射線科医が担当いたします。

「けやき内科」では地域におけるより医療サービスの提供を目指し積極的に取り組んでいます。
これからも「けやき内科」をよろしくお願い申し上げます。


posted by けやき内科 at 05:00| けやき内科設備紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月01日

今月から窓口での一部負担金が変更となります。

診療報酬改定2020blog.jpg「けやき内科」のブログをごらんいただきありがとうございます。

早いものでもう4月、新年度になりました。
2年ごとにおこなわれている「診療報酬改定」により、4月から全ての医療機関において医療費が変更されます。患者様により自己負担額がことなりますので一概に何円変更とは言えませんが、診療の内容により自己負担額が増える方もみえれば減る方もおられます。したがって「気管支喘息」「高血圧」「糖尿病」といった定期的に通院されている慢性疾患の患者様で、検査や処方薬などを含め診療内容が先月と全く同じであったとしても自己負担額は変更されますので、予めご了承いただきますようお願い申しあげます。(薬価改定により同じ薬であっても薬代が変更されている場合もあります。したがって薬局で処方薬をもらわれる際の自己負担額もかわる場合があります。)

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします。

posted by けやき内科 at 05:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする