2019年10月04日

けやき内科が参加した気管支喘息の臨床研究の結果が発表されました。

2019ERS.jpg

けやき内科のブログをごらんいただきありがとうございます。院長の加藤景介です。

9月28日から10月2日までスペインのマドリッドでEuropean Respiratory Society (ヨーロッパ呼吸器学会)が開催されました。この学会において日本でおこなわれた臨床研究「気管支喘息患者のコントロール状態評価に関する臨床研究:MARGIN Survey」の結果が発表されました。

この臨床研究は気管支喘息患者様を対象におこなわれたもので、気管支喘息の増悪の頻度と通常の病状コントロールレベルの関連性等を検査値やアンケート調査によって長期間にわたり調査したもので、日本全国の喘息専門医がいる病院・診療所で実施されました。けやき内科におきましてもご同意いただけた患者様を対象に、今回の臨床研究に参加させていただきました。今回の臨床研究の結果は慢性疾患である喘息の長期的な治療方針をたてる上で非常に有用な結果が得られたと考えております。

このような臨床研究は医学・医療の進歩にはかかせないものですが、なによりも参加にご同意いただける患者様あってのものだと思います。ご参加いただいた患者様にはこの場をかりて御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

こういった臨床研究への参加経験から得られた知見を日常の診療にいかし、今後も医療レベルの維持・向上につとめていきたいと思います。
今後ともけやき内科をよろしくお願い申し上げます。
posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

令和元年度(2019年度)のインフルエンザ予防接種について

インフルエンザ予防接種2018.jpg

「けやき内科」のブログをごらんいただき、ありがとうございます!

今年もインフルエンザ予防接種の時期になりました!
毎年12月〜1月にかけてインフルエンザが流行します。予防接種はインフルエンザの発症を予防するとともに、インフルエンザ流行に伴っておきる社会的損失(病欠による経済的損失など)をおさえる意味でも重要です!今年はすでにインフルエンザで学級閉鎖となっている小学校もあり、流行入りが早まる可能性があります!積極的に予防接種をおこない、みんなで今年の冬をのりきりましょう!

「けやき内科」では例年通り完全予約制にて予防接種をおこないます。

予防接種実施期間:
 2019年10月15日〜2020年1月31日
 (予約は2019年10月1日より開始します。)
接種回数:
 13才未満は2回、13才以上は1回
費用(自己負担額):
 65才以上(身体障害者1級相当のかたは60才以上)は1,500円
 65才未満は4,000円
 13才未満は1回目 4,000円、2回目 3,500円
  (2回目の料金は1回目を「けやき内科」で接種された方に限ります)

「けやき内科」ではストックをおいておらず、ご予約いただいた方の分のみ発注とさせていただきます。
直接ご来院いただくか、お電話でご予約いただきますようお願いいたします。

また今年も昨年同様に、混雑緩和のため土曜日に院長以外の医師が予防接種のみ担当することといたします。予防接種期間中は「診察室1」で院長が通常診療を、「診察室2」で予防接種担当医がワクチン接種をおこないます。

ご予約にあたっての注意点は下記のとおりです。予約前に必ずお読みください。

1. キャンセルはできません。(体調不良などの場合は日程変更の手続きをいたしますのでご連絡ください。)
2. 日程が不確実なご予約はうけかねます。かならず予防接種に来院される日を確定された上でご予約ください。
3. 予防接種実施日は原則土曜日といたします。(当院通院中のかたで65歳以上の方に限り、通常の診察時に同時にご予約いただく事も可能ですが日程によりお受けできない場合もあります。予約時に受付でご相談ください。)
4. ワクチン納入までの期間を考慮して、ご予約は余裕をもって二診療日以上前にされますよう(例えば土曜接種希望であれば同一週の水曜以前、月曜接種希望であれば前の週の木曜以前に)お願いいたします。
5. 健保連愛知連合会の予防接種補助金制度を利用される場合は、予防接種当日にかならず受診券を持参くださいますようお願いいたします。
6. 60才以上で身体障害者1級相当のかたは、身体障害者手帳の写しか医師の診断書が必要です。
7. 名古屋市外在住の65才以上のかたで「広域予防接種事業」による公費負担をご利用になられる場合、お住いの市町村で手続き後、必要書類をご準備いただいた上でご予約いただきますようお願いします。

以上、ご了解のうえご予約いただきますようお願いいたします!
これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!



posted by けやき内科 at 05:00| 予防接種情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月29日

「呼吸器専門医」の講演会に参加してまいりました。

2019秋呼吸器専門医講演会.jpgけやき内科のブログをご覧いただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

名古屋で開催されました呼吸器専門医の講演会「Respiratory Expert Meeting」に参加してまいりました。
今回は一般講演として清須市のはなさきクリニックの加藤栄志先生から、清須市の集団検診における慢性閉塞性肺疾患(COPD)の啓発の取り組みをご発表いただき、続いて特別講演としてこの分野における第一人者の一人である愛知医科大学呼吸器内科准教授の伊藤理先生より「ACO: Asthma-COPD Overlap: 喘息COPD合併症」についてのご講演をいただきました。伊藤先生の講演につきましては、ふつつかながら私が司会進行をつとめさせていただきました。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)は主に喫煙によって生じる咳・痰・息切れといった症状を主体とした、慢性的に進行する呼吸器疾患です。一定期間喫煙されていると仮に禁煙されたとしてもある程度の年齢になると発症する可能性のある疾患で、慢性的に進行することから患者様本人は症状に気づかず経過している場合もあり、現在日本における未診断の潜在性COPD患者数は650万人以上とも言われています。今回加藤先生からは過去5年間の清須市集団検診受検者約2,000人を対象とした啓発活動のデータを教示いただきました。一般の方への啓発活動というのは非常に重要ではありますが、一診療所の医師としてはなかなか取り組むことが難しい課題です。そういう意味では加藤先生の取り組みは大変素晴らしく、その姿勢を見習わなければいけないと強く感じました。
また伊藤先生からは、今一つのトピックスである「ACO」について日本や国際ガイドラインのお話から、先生ご自身の診療経験、臨床試験データから薬理学的データまで、大変幅広くご講演いただき非常に勉強になりました。伊藤先生の巧みな話術もあり大変楽しい時間を過ごすことができ、講演後のディスカッションも活発にされ有意義な時間を過ごすことができました。
今回の講演会に参加して、勉強になったことはもちろんですが今後の診療に取り組むにあたっての大きな刺激ともなりました。

これからもけやき内科をよろしくお願いいたします。
posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

「ショッパー」でご紹介いただきました!

2019秋ショッパー.jpg

「けやき内科」のブログをご覧いただき、ありがとうございます!

本日発行の「ショッパー」で「けやき内科」をご紹介いただきました!
夏も終わり、気温が下がってくるこれからの季節は「ぜんそく」の病状が悪化しがちです。
症状が悪化しないようにするには、普段の治療がいかに適切にできているかが重要なポイントとなります。そのためには、症状のみならず「呼気中NO測定」「呼吸抵抗測定」「呼吸機能検査」等で、きちんと病状がコントロールできているか客観的に判断する事が有用となります。ご不安な方は是非一度「けやき内科」にご来院ください。

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!


posted by けやき内科 at 05:00| マスコミ掲載など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月26日

ポトス秋の増刊号で「けやき内科」を紹介いただきました!

2019ポトス秋の増刊号.jpg「けやき内科」のブログをごらんいただき、ありがとうございます!
ポトス秋の増刊号で「けやき内科」をご紹介いただきました!

記事でもご紹介をいただきましたが、院長が専門医ということもあってか「けやき内科」には「気管支喘息」や「慢性閉塞性肺疾患」といった呼吸器疾患の患者様にたくさんご来院いただき、現在も約2,000名以上の方にご通院いただいています。「けやき内科」では「気管支喘息」については「呼吸機能検査」「呼気NO測定」「総合呼吸抵抗測定装置Mostgraph」を使用し、より的確な診断や詳細な病状判断を実施しております。また治療導入後も定期的な検査実施はもちろんですが「ピークフローメーター」の推移による病状経過判断もふくめ適切な治療選択に取り組んでいます。マルチスライスCTを用いた専用ソフトウェアでの「肺気腫解析」により、呼吸機能検査と合わせて「慢性閉塞性肺疾患(COPD)」の早期診断・治療にもつとめています。マルチスライスCTの読影にあたっては放射線科専門医によるインターネットを介しての遠隔読影を依頼し、より的確な画像診断が実施できるように配慮しています。
また「高血圧」「糖尿病」「高コレステロール血症」などの「生活習慣病」の患者様にもたくさんご来院いただいています。「けやき内科」では血圧測定値や血液検査結果のみをみて薬の処方をするようなことはせず、「動脈硬化(血管年齢)測定」などの検査も行いながら、患者様それぞれに応じた食事・運動などの生活習慣指導をふくめ治療薬の選択をおこなっております。ご希望のかたには保険適用外ですが被曝の心配の少ないマルチスライスCTによる「内臓脂肪測定」も行います。「薬をのんでいるだけで大丈夫かな」と思われている方は、ぜひ一度「けやき内科」におこしください。

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!


posted by けやき内科 at 05:00| マスコミ掲載など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする