2021年11月14日

今日は「World Diabetes Day (世界糖尿病デー)」です。

世界糖尿病デーblog.jpg「けやき内科」のブログをごらんいただき、ありがとうございます。
今日11月14日は「World Diabetes Day (世界糖尿病デー)」です。

IDF(International Diabetes Federation: 国際糖尿病連合)の発表によると、現在の世界の成人における糖尿病患者数は4億6300万人、年間500万人以上の方が糖尿病の引き起こす合併症などが原因で死亡しています。このまま増え続ければ2045年には世界の糖尿病患者数は約7億人に達成すると予想されています。

「世界糖尿病デー」は2006年に国連でIDFからの「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」が採択されさだめられました。糖尿病の脅威に対して「糖尿病との闘いのために団結しよう(Unite for Diabetes)」をキャッチフレーズに、「ブルーサークル」をシンボルマークとして全国で糖尿病抑制にむけたキャンペーンが展開されます。今年も各地の名所の「ブルーライトアップ」を中心に「糖尿病デー」にちなんだイベントが開催される予定です。

糖尿病は初期には症状がないことがほとんどであり、発症にきづかないまま進行している事も珍しくありません。糖尿病を早期発見するためには、健康診断を積極的にうけることが一番です。現在各地方自治体が実施している「特定健康診査」においても糖尿病かどうかを判断する検査項目がふくまれており、積極的にうけられることをおすすめいたします。「けやき内科」も委託医療機関として実施可能(予約制)ですので、ご希望の方は是非お申し出下さい。
また「けやき内科」では糖尿病の病状判断に有用な「HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)」の測定に、採血後すぐに結果がでる「DCAバンテージ」を導入しておりますので、受診当日に結果を確認して治療方針を相談することが可能です。「採血の結果はまた次回、といつも言われてるけど大丈夫かな?」とご不安な方は、ぜひ一度ご来院ください。

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします。

posted by けやき内科 at 05:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月12日

今日は「World Pneumonia Day (世界肺炎の日)」です。

World Pneumonia Day 2017.jpg「けやき内科」のブログをごらんいただき、ありがとうございます。
今日11月12日は「World Pneumonia Day (世界肺炎の日)」です。世界は今まさにコロナウイルスによる「新型肺炎」のパンデミックに直面していますが、以前から特に途上国においては小児の「肺炎」による死亡が大きな問題となっていました。「Stop Pneumonia」 のホームページでは、2020年に地球上で200万人以上の方が「新型肺炎」で亡くなったという事実に直面し、途上国では大気汚染などの環境問題が存在することや、小児を中心に未だに多くの方がワクチン接種などの十分な対策が行われていないことを掲げ、地球規模での対策を打ち立てていくべきであることを提唱しています。
日本においては2020年の人口動態統計にによると、「新型肺炎」による死亡者数は3,466人、コロナウイルス以外の細菌性肺炎も含めた肺炎死亡者数は78,445人と、感染対策が功を奏したのか肺炎全体の死亡者数は2019年に比べて1万人以上の減少となっていますが、それでも日本における死因の第5位となっています。特に高齢者における「肺炎」の死亡率の高さは問題となっており、いかに「肺炎」を予防するか、いかに早期診断し、いかに治癒につなげるかということが課題になっています。「新型肺炎」も肺疾患などの基礎疾患がある事以外に「高齢者」が危険因子である事はみなさんご存知の通りです。
細菌性の「肺炎」やコロナウイルスによる「新型肺炎」の予防のためには「手洗い」がもっとも重要です。特に外出から帰宅した際には必ず行う事をおすすめします。また「肺炎」を起こす細菌のうち「肺炎球菌」については「予防接種」を受けることが可能です。定期接種である「成人用肺炎球菌予防接種」は名古屋市では65才以上の方はお一人一回に限り自己負担4,000円で接種することができます(接種後5年間有効、再接種については全額自費)。「けやき内科」でも予約制で実施しております(キャンセル不可)ので、ご希望の方は是非お問い合わせください。

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします。
posted by けやき内科 at 05:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月11日

Q「毎年秋頃に風邪をひくのをきっかけに春頃まで咳が・・・」

教えてドクター2.jpgQ) 毎年秋頃(10月、11月)に風邪をひくのをきっかけに、春頃(2月、3月)まで咳が続きます。昨年12月は特にひどく、マイコプラズマとアレルギーが原因と言われました。どう対策をするのが良いのでしょうか。

A) マイコプラズマ感染症は気道感染症において珍しいものではなく、長く咳が続くのを特徴としますが、毎年半年近く同じ時期に咳が続くというのは「マイコプラズマ」ではなく「アレルギー」の問題が主であると考えます。
このように「季節性のある咳」というのはアレルギー疾患の特徴ですが、病名としては「気管支喘息」が最も疑わしいと考えられます。「気管支喘息」というと「いつも咳き込んでいる」「いつもゼイゼイいっている」というイメージされる方も多いですが、「風邪をひくと咳が長引く」「季節の変わり目に咳が出る」といった一時的な症状である場合も少なくありません。
今回の場合はきちんとした診断をされているわけではないようなので、専門医に受診されたわけではなく治療も「症状が出たら受診しておさまったら治療をやめる」といった対処をされているのではないかと予想いたします。「気管支喘息」の場合、最も良い対処は「症状が治まっても治療を継続すること」です。症状がなくなっても病気として治っているわけではないので、毎年同じ時期に症状が出てしまうのです。一度呼吸器専門医を受診して、きちんとした診断のもとに治療を受けることをお勧めいたします。


(2021年11月11日 中日新聞市民版「教えて!ドクター Q&A」掲載)
posted by けやき内科 at 05:00| 教えて ドクターQ & A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月07日

ずいぶん肌寒くなってきましたね。

2021秋けやき内科blog.jpg「けやき内科」のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

早いもので11月に入ってもう1週間が経過しました。
少し前まで暑い日もあったように思っていましたが、もう肌寒く感じるようになり冬がすぐやってくるのを感じます。今年は秋がすごく短かったような・・・
コロナ禍になってから学校や仕事はリモートが多くなり、夏休みやゴールデンウィークの旅行などにいく機会もすごく減り、忘年会や新年会などの集まりも無くなって、日々が単調に過ぎていくような感覚がありいつの間にか月日が経過しているというのを感じているのは私だけでしょうか。
今は新型コロナウイルスも第5波がおさまってきたところで、いずれ第6波がくるとは言われていますが小康状態が続いているような現状となっています。できればこのまま終息して日常を取り戻せるとすごくいいのですが。

これからの寒い時期、インフルエンザを中心とした感染症が流行する時期ではあります。現在「けやき内科」ではインフルエンザの予防接種を予約制で実施中です。すでに多くの問い合わせをいただきたくさんのご予約を頂いておりますが、今年はワクチンの生産数が昨年より少なくなると言われています。ご希望の方はできる限り早めのご予約をよろしくお願いいたします。

また新型コロナウイルスの予防接種ですが、今週でいったん接種終了となります。最近「3回目のワクチンをいつうってもらえるのか」という問い合わせをいただきますが、現時点で具体的にいつから開始となるかは未定です。(3回目の接種医療機関としての登録申請はしておりますのでご安心ください。)行政からの通知があり次第、ホームページやこのブログなどでアナウンスいたしますので、よろしくお願いいたします。

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします。
posted by けやき内科 at 05:00| クリニックの風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月28日

「呼吸器セミナー」に参加いたしました。

開業医のための呼吸器セミナーblog.jpgけやき内科のブログをご覧いただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

昨日開催されましたWebセミナー「開業医のための呼吸器セミナー」に参加いたしました。
今回は清須市にある「はなさきクリニック」の加藤先生と、川崎市にある「いきいきクリニック」の武知先生にご講演いただきました。
加藤先生は東海地域において専門的な呼吸器診療を実践している開業医の一人で、今回は生活習慣病患者様を対象とした「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」の早期診断の取り組みについてご講演いただきました。武知先生は呼吸器内科医で知らない人はいないと思われるくらい有名な先生で、私もこれまでに何回もご講演を拝聴したことがありますが、いつもその講演内容から先生の熱意とパワフルさが強く伝わってきて圧倒されます。今回も先生が日頃から取り組む日常診療・在宅診療についてリハビリテーションを中心にご講演いただき、また実際ご経験された患者様の具体的な診療状況も提示いただき、いつもながら大変勉強となるとともに大きな刺激となりました。
講演後には参加者も含めてディスカッションが行われましたが、コロナ禍での診療状況なども含め様々な情報交換をすることもでき、大変有意義な時間を過ごすことができました。
加藤先生や武知先生の熱心に診療にとりくむ姿勢を強く感じることができるセミナーでしたが、私自身もお二人に負けないよう今後も頑張っていこうと強く感じました。

これからもけやき内科をよろしくお願いいたします。

posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする