2022年04月09日

「頼れるドクター(三河・知多)」でご紹介いただきました。

頼れるドクター2022三河・知多.jpg

「けやき内科」のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今月発行の「頼れるドクター(三河・知多)」にて「けやき内科」をご紹介いただきました。
今回の「頼れるドクター」では「検査・検診に力を入れているクリニック」の特集がされ、けやき内科の通院患者数でもっとも多い「気管支喘息」の診療において呼吸機能検査・呼気NO検査・呼吸抵抗測定などの検査を積極的に実施していることもあり、当院も特集ページにて紹介いただいています。また「頼れるドクター(名古屋・尾張)」同様に「検査・治療レポート」のページでも「けやき内科」受診時の喘息の診断から治療までの大まかな流れを紹介いただきました。けやき内科では「気管支喘息」の治療について常に積極的に取り組んでおり、診断・病状評価に有用な「呼吸機能検査」「呼気NO測定」「呼吸抵抗測定」等を用いて、患者様それぞれの病状等に応じた適切な治療計画がたてられるよう心がけております。また治療の主体となる「吸入薬」については「吸入指導依頼書」を用いて調剤薬局と連携をとり、より適正な治療が実践できるよう取り組んでいます。

機会がありましたら是非一度ご覧ください。
これからも「けやき内科」をよろしくお願い致します。

posted by けやき内科 at 17:00| マスコミ掲載など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月03日

今年も桜はきれいです。

香流川桜2022春.jpg

けやき内科の近くを流れる香流川の桜が、今年もきれいに咲いています。
三年前と比べると随分人が少ないですが、昨年よりは多くの人が花見を楽しんでみえます。

これから天気が崩れてきそうですので、今年の桜は早く散ってしまうかもしれませんね。

季節が必ずうつりかわり毎年春が来るように、コロナが終息して日常がいつか必ず戻ってくると思います。
引き続き感染対策を継続して、がんばっていきたいですね。




posted by けやき内科 at 09:00| クリニックの風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月01日

今月から窓口での一部負担金が変更となります。

診療報酬改定2022blog.jpg「けやき内科」のブログをごらんいただきありがとうございます。

早いものでもう4月、新年度になりました。
2年ごとにおこなわれている「診療報酬改定」により、4月から全ての医療機関において医療費が変更されます。患者様により自己負担額がことなりますので一概に何円変更とは言えませんが、診療の内容により自己負担額が増える方もみえれば減る方もおられます。したがって「気管支喘息」「高血圧」「糖尿病」といった定期的に通院されている慢性疾患の患者様で、検査や処方薬などを含め診療内容が先月と全く同じであったとしても自己負担額は変更されますので、予めご了承いただきますようお願い申しあげます。(薬価改定により同じ薬であっても薬代が変更されている場合もあります。したがって薬局で処方薬をもらわれる際の自己負担額もかわる場合があります。)

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします。

posted by けやき内科 at 05:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月28日

「地域連携」の講演会に参加いたしました。

陶生病院地域連携パートセミナー2022blog.jpgけやき内科のブログをご覧いただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

3月23日に開催されました「地域連携パートナーセミナー」に参加いたしました。
この会は瀬戸市にある公立陶生病院で開催され、陶生病院と病診連携(「病院」と「診療所」の連携)を行う診療所の医師が参加いたしました。コロナ禍でもあり講演は陶生病院からWeb配信される形で開催されましたが、私は診療所の医師としてコメンテーターとして参加させていただきましたため、陶生病院までお伺いいたしました。私はけやき内科を開業する前は陶生病院に勤務しておりましたが、10年以上たっていることもあり病院は新築されてすっかり様変わりしていましたが、今回座長をつとめられた副院長の近藤先生は私の元上司であり、血液内科部長の梶口先生や呼吸器内科部長の木村先生も私が勤務医時代から陶生病院で継続して勤務してみえた先生で、大変お世話になった先生ばかりの中で有意義な時間を過ごさせていただきました。
血液内科の梶口先生からは「血小板減少」についてご講演いただきましたが、診療所の医師でも比較的遭遇する頻度の高い疾患であり、鑑別診断から紹介するタイミングまで詳細にご講演いただき大変勉強になりました。木村先生には診療所の医師が診療する呼吸器疾患の中でもっとも頻度の高いと思われる「気管支喘息」についてご講演いただきましたが、最新のガイドラインの内容もふまえて現在の喘息の診断と治療の考え方や、診療所と病院の連携をいかにとっていくかということまでお話いただき大変勉強になりました。
地域において充実した医療サービスを行っていく上では、診療所の立場としては陶生病院のような地域の基幹病院との連携は不可欠なものです。今後も陶生病院の先生方には大変お世話になると思いますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

陶生病院講演会2022.jpg

左から木村先生、私、梶口先生、近藤先生。講演会後に会場にて。
posted by けやき内科 at 05:00| 院長より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月26日

「ショッパー」でご紹介いただきました。

ショッパー2022春.jpg

「けやき内科」のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

本日発行の「ショッパー」で「けやき内科」をご紹介いただきました。
新年度を迎えるにあたって、入学や転勤で転居される方が多いかと思います。この時期は転居に伴って、他院から「けやき内科」へ転院される方も多いのです。そのような場合、これまでの診療内容がわかる「紹介状(診療情報提供書)」を持参いただけると助かります。「紹介状」がない場合は「くすり手帳」や「血圧手帳」「喘息日誌」「糖尿病手帳」あるいは「検査結果」など、診療情報がわかるものであればなんでもかまいません。ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
 またこの時期に健康診断を希望される方も大変多くなります。「けやき内科」では原則診断書の即日発行をおこなっております。(検査項目により一部日数がかかる場合はあります。)ご希望のかたは診療時間内にお電話にてご予約ください。

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします。


posted by けやき内科 at 05:00| マスコミ掲載など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする