2021年06月13日

けやき内科での「新型コロナウイルスワクチン」の接種について(第五報)

コロナウイルスワクチンblog.jpg「けやき内科」のブログをご覧いただき、ありがとうございます。院長の加藤景介です。

現在「新型コロナワクチン」の接種の予約再開に向け準備をしております。
現在の予定では今週中には再開する見込みです。詳細は当ブログか、けやき内科のホームページ、厚生労働省の「コロナワクチンナビ」に掲載いたしますので、もうしばらくお待ちください。

先日、大手新聞社の記者の方から「コロナワクチンをダブルブッキングした人が、そちらの予約をキャンセルしようとしたらキャンセル料を請求されたと聞いた。国の事業として行なっているワクチン接種に対してキャンセル料を請求するのはおかしいのではないか。どういうつもりなのか取材させてほしい。」と突然申し入れがありました。

けやき内科では、以前ニュースでも報道されましたように、予約手続きは電話やネットではなく全て対面で行なっております。
その一番の目的は、ワクチン接種当日にできる限り多くの方にスムーズに接種ができるようにするためです。
ワクチンの接種のために一番大事な「予診票」がありますが、ご高齢の方はご自身でなかなか全ての項目を記載できない場合があります。
そもそもけやき内科で予約を希望される方は、スマホでの予約ができない(スマホを持っていない、あるいは使用方法がわからない)といった方も多く、そのような方の中には紙面の記載もなかなかできないと言った方もたくさんおられるのです。
集団接種会場では、予診票の内容を確認したりする担当者や、問診を担当する医師もおりますため、当日に記載が不十分であったとしても人員配置により対応できるものと考えられます。しかしながらけやき内科のように医師が私一人でスタッフの数も限られている診療所ではそのようなわけにはいきません。
したがって、けやき内科では「予防接種に必要な書類」を予約申し込みの時点で全て持ってきていただき、スタッフが必要な書類の作成をお手伝いし、場合によっては薬手帳などから現在の治療内容を確認させていただいたり、主治医の医師に予防接種当日までの確認してきていただく内容をメモしたりと、「接種当日は当日の体温測定のみ」という状況にまで準備させていただいています。
その上で「ワクチン予約はキャンセル不可」という点も記載した「同意書」にサインいただいた上で、予約を取らせていただいておりました。

現実的には、ワクチン接種日に体調を崩されたり、急病で入院されたりする方もお見えになり、これまでに数名の方がキャンセルされました。
このような場合は「不測の事態」であり、予約キャンセルをされた方に責任は全くありませんので、「キャンセル料の請求」はしておりません。
空いてしまった「予約枠」については、「キャンセル待ち登録」をしている方に連絡をしたり、別日の予約の方を繰り上げられたりして、他の方の接種に当てるように対応いたしました。したがって貴重なワクチンを余らせたり廃棄するような事態には幸い陥っておりません。
キャンセルされた方についても、別の日程で接種させていただいたり、「キャンセル待ち登録」をさせていただいて待機していただいたりと、けやき内科としてできる限りワクチン接種希望者の方が早く接種できるように対応しています。

しかしながら、こちらが精一杯やっている中で「こちらとしては納得できない理由」でキャンセルを申し入れされても、なかなか受け入れることはできません。確かに今回該当の方に対して「キャンセル希望であればキャンセル料を請求させていただきますがよろしいですか。」と私が発言したのは事実です。
「キャンセル料」が発生する根拠は、「ワクチンの代金」ではなく、こちらが手間と時間、人員を使って行なっている様々な「準備」に対する手数料です。

世の中には色々な考え方の方がいることは事実です。
「新型コロナウイルスワクチン」の予約についても、複数の医療機関を掛け持ち予約して、一番早い日程になったところのワクチン接種を受けるというやり方をしている方がおられるようです。
先日名古屋市のワクチン担当の方ともお話をしましたが、集団接種会場にも当日会場に来られず連絡もとれないという状況となり、余ったワクチンを会場のスタッフに接種したりして対応されているとおうかがいしました。
ダブルブッキングしたり、当日ドタキャンするような方を、私は非難するつもりはありません。
今回該当の方を個人攻撃するようなつもりもありません。
ただ「けやき内科」の院長である私の考え方とは明らかにあいません。物事に対する考え方としてあいいれないものがあります。
集団接種をドタキャンしたような方にも何らかのペナルティを課してもいいくらいだと、私個人としては考えております。
今後「けやき内科」で予約受付を再開する際にも「キャンセル不可」と記載した同意書にサインをしていただく事に変わりはありません。

新聞社の方からは「キャンセル料金の記載もないのに、キャンセルを希望したら料金を請求するのはおかしいのではないか。」と言われましたが、私自身は「ここまでお膳立てをしたのだからキャンセル不可である事に理解いただきたい」とう気持ちと、「人間なのだから急病でキャンセルはありうる、その場合は仕方がない」という気持ちがあり、これまで「キャンセル不可」という記載にとどめ、キャンセル料金までは明記せずにやってまいりました。
今回、新聞社から取材申し入れがあった後に、該当のキャンセル希望者の方(お一人しかみえませんので特定できております)にも連絡をしましたが「キャンセル料金の請求に現時点で納得がいかない」というお返事でした。

今後「けやき内科」では65歳以上の高齢者の方に加え、接種券の配布に伴って65歳未満の方の予防接種も行なっていく予定ですが、私自身の予防接種の予約に対するスタンスを変更する予定はありません。
私の考え方と異なる考え方の方は、「けやき内科」での予防接種の予約はしないようにお願いいたします。

今後とも「けやき内科」をよろしくお願いいたします。




posted by けやき内科 at 17:53| 新型コロナウイルス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月01日

令和3年度の「特定健康診査」を実施いたします。

メタボリっくま.jpg「けやき内科」のブログをごらんいただき、ありがとうございます。

6月から令和3年度の「特定健康診査」を実施いたします。
この「特定健康診査」は平成20年度から開始された「メタボ検診」ともいわれるもので、「高血圧」「糖尿病」「高コレステロール血症」「高尿酸血症(痛風)」などの「食べ過ぎ」「運動不足」といった生活習慣の問題からおきる「生活習慣病」の早期発見・予防を目的としています。血液検査・尿検査・血圧測定・診察・身体計測を行い、4月1日時点で40・45・50・55・60・65・70歳の方は心電図検査と貧血検査も実施します。
対象となるのは名古屋市在住の40才以上のかたです。ご希望のかたは、「国民健康保険」の方は名古屋市から配布された「受診券」を、「被用者保険(協会けんぽ・健保組合・共済組合・国保連合)」の方は協会あるいは組合から配布された「受診券」をご準備のうえご予約ください。(けやき内科では健康診断はすべて予約制で実施しております。なお通常の診療と同時には実施できません。)また健康保険証の確認も必要ですので、ご来院の際は忘れずにあわせて持参いただきますよう、よろしくお願いいたします。
75才以上のかたは「特定健康診査」とほぼ同じ内容の「後期高齢者医療健康診査」が受けられます。「特定健康診査」同様に名古屋市から配布された「受診券」をご持参ください。なお5年以上後期高齢者健診を受けてみえない場合は昨年から受診券は送付されておりません。受診勧奨のお手紙を持参くださいますようお願いいたします。
健診の結果は3〜4週後に「けやき内科」に届きますので、通常の診療と同様の形式で説明させていただきます。結果説明のみの場合は無料となりますが、治療や精密検査の必要な病状と判断された場合は再診あつかいでの保険診療となります。

一年に一度の健診をうける機会ですので、健康管理のため是非ご検討ください。
これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします。

posted by けやき内科 at 05:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月31日

今日は「World No Tobacco Day (世界禁煙デー)」です!

世界禁煙デー2021blog.jpg「けやき内科」のブログをごらんいただき、ありがとうございます!今日5月31日は「World No Tobacco Day (世界禁煙デー)」、そして今日から6月6日までの一週間は「禁煙週間」です!

この「世界禁煙デー」はWHOが定めたもので、今年のテーマは「Commit to quit(禁煙を約束しよう)」です。日本では現在流行している新型コロナウイルス感染症に関して、喫煙者は非喫煙者と比較して重症となる可能性が高いことが明らかになっている事に注目し、厚生労働省が「たばこの健康影響を知ろう!〜新型コロナウイルス感染症とたばこの関係〜」をテーマとして掲げています。
タバコはすっている人のみならず、周囲の人にも「受動喫煙」をおこし健康被害をもたらします。これまでに「自分は吸っていなくとも家族に喫煙者がいると肺癌になりやすい」「親が喫煙している子供は喘息になりやすい」など、さまざまな「受動喫煙」による健康被害が報告されています。現在流行している「新型コロナウイルス」による肺炎の死亡率においては、喫煙者は非喫煙者の10倍以上のリスクとなることが報告されています。喫煙者のかたはタバコの害をきちんと理解して、自分も家族も健康的な生活がおくれるよう「禁煙」にとりくむことをおすすめいたします。
「けやき内科」は「禁煙施設」の認定を受けており、基準をみたしている方は保険適用での「禁煙治療」がうけられます。「けやき内科」の「禁煙外来」はすべて予約制でおこなっておりますので、ご興味があられる方は一度スタッフまでお声かけください。

これからも「けやき内科」をよろしくお願いいたします!


posted by けやき内科 at 05:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月28日

Q「70歳の父親が間質性肺炎の中の「特発性肺線維症」と言われました・・・」

教えてドクター2.jpgQ) 70歳の父親が間質性肺炎の中の「特発性肺線維症(IPF)」と言われました。どのような病気でしょうか。

A) まず「間質性肺炎」ですが、これは肺の「間質」と言う部位に炎症をきたす肺炎の総称で、細菌やウイルスによる感染症である「肺炎」とは全く異なるものであり、関節リウマチや皮膚筋炎などの膠原病に伴うものや、薬剤の副作用として起きるもの、原因の特定できないもの等が挙げられます。原因の特定できない間質性肺炎は「特発性間質性肺炎」と呼ばれ、初期には無症状であることが多いですが病状の進行に伴い「息切れ」や「咳」等の症状を自覚するようになり、確立された治療法がない事から国の定める「指定難病」の一つとなっています。
現在「特発性間質性肺炎」は主要な6つの病型、稀な2つの病型および分類不能型に分類されていますが、頻度としては「特発性肺線維症(IPF)」が最も多く80〜90%を占めています。現在「IPF」を完治させる治療法はなく、ある程度進行した段階では「抗線維化薬」により病状の進行を緩やかにできる場合がありますが、効果には個人差があります。病状の進行に伴って呼吸不全が進行し、自宅で酸素吸入を行う「在宅酸素療法」が必要となる場合もあります。また時に急激に呼吸困難が出現する「急性増悪」がみられることもあります。診断されてからの平均生存期間は5年程度と言われていますが、人によって経過は様々であり一概には言えません。担当の医師にお父様の病状を詳細に確認することをお勧めいたします。


(2021年5月28日 中日新聞なごや東版「教えて!ドクター Q&A」掲載)


posted by けやき内科 at 05:00| 教えて ドクターQ & A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月20日

けやき内科での「新型コロナウイルスワクチン」の接種について(第四報)

コロナウイルスワクチンblog.jpg「けやき内科」のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

5月10日より実施していた「新型コロナウイルスワクチン」の予約ですが、「けやき内科」では当面の間予約受付を中止することといたしました。再開時期は現時点で未定です。

そもそも電話での問い合わせが非常に多い中で、ワクチン接種に必要な書類の書き方もわからない高齢者が予想以上に多いという問題もあり、書類の不備がないかを確認しつつ予約受付するため「対面のみ」という形にさせていただきました。できる限りたくさんの方がスムーズに接種日に接種できるようにと考えていましたが、結果として予想以上に多くの人が殺到することになってしまいました。けやき内科での受付の様子がテレビでも報道されましたが駐車場に人があふれ「密」な状況となり、「緊急事態宣言」が出されている最中ではとても好ましいと言えない状況となってしまいました。徐々に解消されると考えていましたが、現実的にはなかなか事態は改善しませんでした。

「けやき内科」は本来内科クリニックであり、地域の方に「医療」を提供するのが役割です。「ワクチンセンター」ではありません。そのため診療に支障が出ないよう、午前の診療受付が終わってから、ワクチンの予約受付をするようにルールを決めました。しかしながら現実的には朝早くから駐車場で待機する方もおられ、日によっては診療時間中に「ワクチン予約」を待つ車が駐車場に複数止められているために、診察に来院された患者様が駐車場に駐車できないという事態にも陥りました。診療の支障となるため「ワクチン予約受付時間」にあらためて出直していただくようにお願いしても応じない方もおられ、中には近隣のコンビニエンスストアの駐車場に長時間駐車するような方も出てきました。違法駐車をされる方もいたのか、近隣の方々から「交通の妨げになっている」という連絡もいただきました。
周辺にお住いの方々やコンビニエンスストアや郵便局などの近隣の施設に迷惑をかける形にまで発展している状況は極めて問題です。

またこのような状況の中でスタッフ一同、「ワクチン予約」と「診療」が両立できるよう頑張って対応してまいりましたが、「けやき内科」のルールに納得していただけない方、ワクチン予約が思うようにできないことに対しスタッフに怒りをぶつける方、大声で怒鳴りつける方などが何人もおられました。午前診療と午後診療の間の休憩時間も削って対応している中、そのような方が少人数であれおみえになるのは大変なストレスです。

以上のような状況を鑑み「けやき内科」としては「新型コロナウイルスワクチン」の予約受付を続行するのは不可能と判断いたしました。
ワクチンの予約が現時点でとれていない方には大変申し訳ありませんが、厚生労働省の「コロナワクチンナビ」などを参照して接種予約をすすめていただきますようお願いいたします。

現時点で予約を頂いている方のワクチン接種は予定通り実施する予定ですが、ワクチンの供給状況により接種日の変更をお願いする場合があります。
こちらからお電話などで連絡させていただき、接種日変更手続きをすすめさせていただきますので、ご対応のほどよろしくお願い申し上げます。

今後とも「けやき内科」をよろしくお願いいたします。


posted by けやき内科 at 05:00| 新型コロナウイルス関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする